恋愛かくれんぼ

恋愛かくれんぼ2008

投稿日:2021年6月26日 更新日:

Sponsored Links

彼女はT子、彼はK君。
ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。
T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。

それから2年後、K君が一足先に卒業した。
大学浪人生となったK君は、前ほどT子に構わなくなった。
ひとりでいるのがつらかったT子は、K君以外の男の子ともずいぶん仲良くした。
K君もまた、T子以外の女の子と仲良くすることがよくあった。

そんなふうにして45年の月日があった。
K君が61歳で病死するまで、ふたりの仲は途切れ途切れに続いた。

その45年のうち、最後の12年間に、ふたりはメールのやりとりをした。
それが膨大な交信記録となって、T子の手元に残っている。

交信のはじまりは2004年。
T子の名刺にメルアドが記載されており、それを捨てずに持っていたK君がアクセスしたのだった。
ふたりが言葉を交わすのは、数年ぶりだった。

そして4年がたち、今は2008年──。

【2008 January】

●K君──あけましておめでとう。

タイの仕事は終わりました。
2月9日公開の『L』という作品になります。
失敗作です。
「下手なシナリオからいい映画は出来ない」ということですから、このことは撮る前からわかっていました。

『デスノート』大ヒットの成功報酬代わりに貰った仕事でした。
80億円売り上げた映画のプロデユーサーなのだが、実入りはない。
「ローリングストーンしてください」で終わったわけだ。
で、いまそのローリングが停まっている。

☆☆

タイ経験はよかった。
タイという地理的視点からモノごとを見る。
頭の上に中国が横たわっていた。
バンコクのホテルの前の道をとぼとぼと東に歩けば、カンボジアに行ける。
ロケした村の山の峰を越えればそこはビルマだった。

☆☆

帰国後『(仮)漢字で感じる北京五輪』という企画を考えていた。
ノートにはまとめた。
日本人だから判る漢字(中国語)。


ということは中国人も漢字(日本語)がわかるということだ。
中国人の考える「中国」とは、「漢字」で意思疎通が可能な所である。
朝鮮半島、ベトナムでは漢字を廃止したので、日本が中国のほか唯一の「漢字」国である。

そのことは、北京五輪観戦にしろ「上海万博詣で」にしろ、日本人にとって「理解」のアドヴァンテージを与えるし、また独特のニュアンス「面白み」を味わえることになる。
全てが「漢字」で書き表される。
例外は「[上に下]拉OK]カラオケと「阿Q世伝」を知るのみ

☆☆

問題:中国語で「薩摩」とはどこの国?
答:「サモア」

問題:「足球」はサッカー、「手球」はどんな競技?
答:「ハンドボール」

問題:「南天群星」って何のこと?
答:「サザンオールスターズ」

問題:「布拉徳皮徳」って誰?
答:「ブラッドピット」

問題:「羅森」、「優衣庫」は?
答:「ローソン」「ユニクロ」

問題:「超人」はスーパーマン、では「面包超人」は?
答:「アンパンマン」

問題:「唐老鴨」「米老鼠」は?
答:「ドナルドダック」「ミッキーマウス」

問題:「愛馬仕」「紀梵希」「古姿」?
答:「エルメス」「ジヴァンシー」「グッチ」

問題:「普拉達」「華倫天奴」?
答:「プラダ」「バレンテイノ」

問題:「植村秀」は?「万字醤油」は?
答:「シュウウエムラ」「キッコーマン」

問題:「麦当労」はマクドナルド、「星巴克珈琲」は?
答:「スターバックス」

などなど…。

良妻賢母は中国では「賢妻良母」となる。
「便利店」はコンビニ。
「超市」はスーバーマーケット。
「百貨店中心」は「デパートメントセンター」。
「建材超市」でホームセンターとなる。
「保齢球」とはボーリング。
「馬球」でブランド名ポロ。
「黒球」は八百長のこと。

☆☆

国名地名人名企業名商品名ブランド名などを網羅。
勘のいい人は、これだけで中国語(標準語)の「音」と、使用文字の傾向がわかる。
即ち中国語がわかる。
中国語表記のほうが「原音」に近いものがある。

☆☆

タイでは、中国語で書かれたタイの地図を買った。
タイ語は読めないし、日本語英語では「意味」がわからない。

☆☆

しかし、これでは単に「中国語の外国語表記」というカタログになってしまう。

昨年末福田首相は中国の大学で『温故創新』と揮毫したが、これはブッシュにもプーチンにも真似のできないことだ。
同時に理解できるのも中国人と日本人しかいない。

☆☆

『デスノート』は中国では『死亡筆記』或いは『死亡筆記本』と訳された。
ところが、「死亡筆記ごっこ」が子供たちの間に流行し、発禁回収となった。
文字というものが重たい言霊(文字霊)の国だということを実感させる現象であった。
が、因みに『デスノート』集英社は中国の出版社とは契約していないという。
発禁回収は、海賊版であった。

☆☆

中国の五輪参加史を辿る。
中国現代史そのままに、『二つの中国』問題が浮かび上がる。
台湾は『チャイニーズタイペイ』として参加するのだが、この中国語訳(漢字訳)を巡って大論争となった。

すなわち『中国台北』と訳すか『中華台北』と訳すかである。
この論争にはIOCブランデージ会長もさじを投げた。
この論争の意味を理解していたのは、ほかに日本の委員しかいない。

☆☆

これも「漢字」を巡る話。
1972年名古屋で国際卓球競技大会が開かれた。
ここで世に言う『ピンポン外交』が繰り広げられ、米中の接近が図られ、国交回復に繋がっていく。
それによって、日本も中国と国交樹立、台湾と断交することになる。

テレサテンは、この頃「ニセパスポート事件(ということになっている)」によって日本に入国できず国外退去処分になった。

☆☆

やがて『北京の春』を迎え、文革を終えた。
中国人はこの頃千昌夫の『北国の春』を盛んに愛唱した。
これはあきらかに『北京の春』という意趣を隠喩していた。

☆☆

テレサテン麗君の『何日君再来』が大陸でヒットする。
台湾国民党から大陸に統一を呼びかける歌であるとして、北京政府は発禁放送禁止とした。
この歌、実は戦後台湾でも放送禁止となっている。
それはこの時と逆の意味で、大陸から「帰ってこいよ」と呼びかけていると解釈されたのだ。

☆☆

さらに戦中日本でも抗日歌として排斥された。
「君」の音と「軍」の音が同じであるため。
蒋介石軍に「戻って来い」と呼びかけていると解釈したのだ。

☆☆

大陸の人々は禁止されてもテレサの歌声を支持した。
『昼は老が、夜は小が支配している』言われたのはこの頃である。
即ち昼は小平が、夜は麗君テレサテンという。

テレサに『香港』という名曲がある。
香港返還を見ることなく、ふたりはそれぞれ逝った。

☆☆

因みに「ホンコン」と発音するのは広東語であり、北京語(標準語)では「シャンガン」という。

☆☆

北京五輪公式記録映画の監督は張芸謀ではなく、テレビ局の女性デイレクターとなった。
レニ・リーフェンシュタールのベルリン以来。

北京五輪は「大ピンポン外交」の舞台になる。
いわんや、ベルリンを凌ぐ空前のプロパガンダ五輪となる。
そのプロパガンダ戦略の解説など織り込みながら、「北京の歩き方」にもなるよう配慮する。

☆☆

『靖国』
字義解釈すれば「青い国が立つ」。
「清国復興」になるではないか。
発音は『靖国』も「清国」も「チングォ」。
折角辛亥革命で倒した異民族王朝大清帝国の復活では、中国は納得できないはずだ。

実はこれを言いたい。

どこか出版に乗ってくれるとこないかな。
あなたと共著でもいいよ。ゴーストでなければ。
○○書房には、一昨年の段階で「うちはやりません」と言われたけれど。

●T子──新年おめでとうございます。
出版企画、がんばりましたね。
ノンフィクションが苦手なわたしには真似のできない発想です。
「企画の○○○○さん」を通じて各社に回してもらうといいよ。
何百人もの編集者が見ているそうだから、名乗りを挙げるところがあるかもしれない。

企画書の書き方、その後のフォロー、印税の配分など、詳細を確かめてからにしなさいね。
ウワサによると、フォローがてんでなってないくせに、商談成立すると印税だけはバッチリ○%もっていく、とのことです。
それでも、企画を売り込みたい個人のための合理的システムと言えますから、利用価値はあるでしょう。

☆☆

純然たる北京五輪ガイドブックではなく、変わりゆく中国の首都観光案内でもなく、「漢字文化都市の日中サブカルチャー本」という位置づけでいいのですよね。

いま一番知りたい都市・Peking/Beijing(?)を一足先に模擬体験、五輪開催を契機に街はこんなことになってるよ、資本主義世界をすっぽり飲み込む当て字文化が面白いよ、日本人だから解読できるディープな裏事情がいっぱいあるよ、という感じかな。

☆☆

写真も仰山入るのかな。
だとしたら、近々に取材に飛ばなくてはね。

☆☆

そこんとこ、もっとはっきり打ち出して、一瞬でコンセプトが伝わる企画書(特に目次が大事かな)に仕上げてください。
そうすれば、きっとうまくいく。

…………………………

●K君──意見ありがとう。
あてのないものを、ひとりでやってると、飽きたりダレタリする。
人の意見は聞いてみるもんだ。

しかし、「書ける」のと「書く」のはちがう。
頭の中はまとまっていても、書く労働意欲は、対価が見えないと「いかない」。

…………………………

●T子──企画書の件、急を要するわけだよね。
ざっと目を通しただけだし、わたしも理解が浅いとは思うけど、いくつか感じたままを述べさせてもらいます。

☆☆

読者対象を明確にイメージして、その人々に語りかけるような企画書にしたほうがいいと思う。
〜は実は〜だった、
かつて〜は〜しちゃった、
だからあなたも〜しちゃおう、
〜は〜で〜になっちゃうぞ、
〜は〜だから〜だ、とか。

わあ面白そう、読んでみたいと思わせる見出しをたくさんつくってみて。

☆☆

今のまま、1955年生まれのK君っぽいのもいいけれど、評論集みたいになる気配がある。
そうではなくて、サブカルチャー本という個性を強調して「売り」をはっきりさせると、編集者の食いつきがよくなるでしょう。

【2008 May】

●T子──<童話の原型は親殺しの物語>
昨晩はお電話をありがとう。
考えてみると私、去年の今頃は「絵本をつくりたい」という気分になって、2本ばかり書いてみたのだった。
肝心の絵が用意できず、どこにもプレゼンしていないけど。

かなり恥ずかしいが、思い切って送信してみる。
読んでみてくだされ。

関連記事→恋愛かくれんぼ2009

Sponsored Links

-恋愛かくれんぼ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

恋愛かくれんぼ・デートノート2012⑨

Sponsored Links 【デートノート⑩ 2012.1.31〜2.2 43時間】(後編) (T子記す) 昼過ぎに起きて、はちみつレモンのドリンクをつくって飲む。 頭痛いのは治った? 頭痛いのは …

恋愛かくれんぼ・デートノート2012⑳

Sponsored Links 【デートノート⑬ 2012.3.20〜3.23 68時間】 (T子記す) 井土ヶ谷駅近くの「はぎまる」にて和食と日本酒。 燗酒をふたりで飲むとおいしい。 Kはお昼を食べ …

恋愛かくれんぼ2005③

Sponsored Links 【2005 March】 ●T子──<アンニョンハセヨ〜> 私が○○書房で書かせてもらう仕事は、○○○子さんのに決まりました。 オモオモ、○○さんといえば○○先生の亡夫 …

恋愛かくれんぼ・デートノート2012⑲

Sponsored Links 【2012 March】 2012.3.14 (交信なし) (私は読書に気をとられているので、Kから連絡がなくても平気) (森瑶子デビュー作にして「すばる」新人賞受賞の …

恋愛かくれんぼ・デートノート2011⑪

Sponsored Links 【2011 September】 ●T子──やっと返信くれたと思ったら、無言メール? 相変わらずこれじゃ駄目だよ、面白くない、ピンとこない、全然成立してねぇ、そう簡単に …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly