恋愛かくれんぼ

恋愛かくれんぼ・デートノート2012㊶

投稿日:2021年9月10日 更新日:

Sponsored Links

【KがT子に預けた日記から、気になる箇所を書き写す】

…………………………

2004 Mar.6(sun)

5時起床。

どうにもとりとめはなく。

「T子に(金の無心)を頼もう」が、朝一番に思ったこと。

借りられるかどうかは、わからない。

しかし、メールだけしてみようか。

T子にメールをしてしまった……。

情けないが。

大家と言い争う、女房と言い争う、徒労はしたくない。

T子への金の無心は断られた。

仕方なく、飲む。

胃かいようが、また、痛み出している。

<日常>がまとまらない。

ひたすらに、不払いの言い訳に嫌悪している。

…………………………

2004 Apr.22(fri)fine

T子と、○○○の○○に、紅茶を送る。

…………………………

2004 Apr.24(wed)fine

○○よりTEL「○○の本、渡す」と……。

明大前スターバックスで『○○○○』貰う。

<タイトル>ほか、アイデアを横領しちまったようだ。

もっとも”オレへの思い”自体がコンテンツなのだが……。

金も借りてる。

未だ返していない。

返す見込みすらなく。

そして約束の<本>すら書いていない。

挙げ句<振った>わけだ。

<女房子供>の場所へ戻ったわけだ……。

しかし<本>としては、面白い。

できはいいんではないだろうか。

T子、○○、○○にメールを入れる。

T子の老婆心に対して。

○○には<マイ・プロフィール>を。

○○には、とりあえず、<本が届いた旨、おめでとう>と。

…………………………

2004 Apr.29(thu)fine

○子誕生日。5万円渡す。

栄新楼で食事\16,000 のちカラオケ\5,000。

プレゼントにパンティTバックもつけて\3,500。

やはり、ひたすら疲労するのである。

…………………………

2004 May.25(tue)fine

T子「○○さんにTELしたよ。紹介した手前、心配で……。大丈夫だって、続けてくれと……。でも、朱筆は○○さんが入れるって。わたしが、リライトする必要ないんじゃないの!」。

駄目だと言われたら助かったのに……。

チャンスは継続中ということだ。

…………………………

2004 May.31(mon)

T子よりTEL、○○氏、他にも頼もうかな、と言っていると……。

うーん、この苦しい作業、またやるのか……。

でも食い扶持だからな……。

とりあえず、最後のバイトに行くことにする。

…………………………

(T子記す/↑この時期、Kは宅配便のバイトをしていたらしい)

…………………………

T子と、○○に送信する。

○○より「とりあえず、ありがとう」と。

T子より「ご苦労、やればできるじゃないか」のメールあり。

○○からは音信なし。

…………………………

2004 Jun.27(sun)

酒浸り。

胃かいようの身体の回復を促しながら、午後「プチブランド」第5章直す。

午後11時、自分なりに、総論として、結語できたと納得できる。

<オチタ>状態となる。

原稿、それぞれにメール送信。

落ち着いて、○○の直し原稿読む。

ほとんど、ネタもそのまま使っている。

朱を入れて、真っ赤に、全面書き直しとなってしまうかと思ったが、そんなことはない。

文章、論旨は、○○氏的にはどうだったのだろう?

5章のヌーブラも、結構、○○ワールドになっている。

編集者○○氏はどうするのだろう。

まあ、これで、とりあえず原稿料とやらは頂きましょうかね。

ホッとする。

自分なりの納得。

これが重要なのだ。

喉元にひっかかった小骨が取れた。

…………………………

2004 Jul.131(thu)fine

○○氏より、アイスクリームお中元で届く。

T子より、<占い>本リライトの詳細来る。

18万円。

10日まで脱稿。

…………………………

(T子記す/この時期、Kは宅配便のバイトを継続している)

…………………………

2004 Jul.5(mon)真夏日

○○○○より初めて返事くる。

『茅ヶ崎色の風に吹かれて』検討してみると……。

さあ今日から、○○○の算命学をやる。

といって、少し、T子の参考書を眺める程度。

…………………………

2004 Aug.8(sun)fine

T子の政治学レポート書き出す。

『ジェンキンスと曽我ひとみの数奇な運命と関わった国家』の政治体制。

…………………………

2004 Aug.28(sat)cloudy小雨

大型台風16号が日本を伺っている。

T子から久し振りにメール。

元気なようで。

彼女にお礼をしないといけないのだ。

金なく、座して、……座して何を待つのか。

…………………………

2004 Sep.2(thu)fine

金がない。振り込まれない。

T子からTEL「ケータイは止まったのか」と。

止まっていた。

「○○書房へ行こう」という話なのだが……。

金の目途がつくまで待て。と返事をし。

後に、メールで、借金を申し込む。

その返事は未だない。

だって、原稿料2ヶ月先にもらって言うんだもの。

T子に断られたらどうしよう。

先月はT子が『占い』分、先に払ってくれて助かったのだが、それから収入はないのだ……。

8月、金のないまま、無為に過ごしてしまった。

…………………………

2004 Sep.3(fri)fine

結局、T子が50万円貸してくれることになった。

○子に20万、家賃15万。支払い関係5万、食費すき焼きほかで3万。

飲む。

T子の政治学レポート、ノートを取る。

…………………………

2004 Sep.21(tue)fine

水道橋でT子と会う。

○○書房へ行く。

○○編集長女史、○○編集次長と会う。

トントン拍子に決まる、次の仕事。

「○○○○・○○○なるインドネシア人教授の教育実践論」、インドネシア人と聞いて、がぜんやる気になる。

ほとんど面接だった。

決まる時はこういうものだ……。

新宿へ出て、T子と「きくや」で飲む。

T子への返却、30万にしてくれの連絡メール入れる。

やれやれ。

…………………………

2004 Oct.19(tue)雨

Dr.○○○○を尋ねる。

○○書房からは、叩き台原稿に関してのリアクションが未だない。

○○○○と中国に関して、大いに盛り上がる。

何とか、この仕事なし遂げなければ……。

絶対にこの仕事、おいしいし、”転機”をもたらすはずだ。

○○○より印税支払確定書届く。

1刷 1400円×0.1×6000部-源泉徴収=75,000円

あれ、稿料は……編集協力費は?

…………………………

2005 Jun.4(mon)

(T子記す/前夜8時過ぎ、「亡くなった」の連絡あった、と書いてある)

仮通夜、自宅安置。

T子より30万借りる。

○子20万。

翌日 通夜 衣笠セレモニーホール

翌々日 告別式 坂本火葬場で荼毘

終了後、子供たちと横須賀線で帰る。

追憶をトレースしながら。

疲労。

…………………………

6月8日

○子の帰りが遅い。

上司というのが怪しくないか。

まあ、ひとつぐらい艶めいたハナシはあってもよいが。

一方で、そんなコトは絶対にしない人間だとも思う。

…………………………

6月13日

○○党県連神奈川の選挙用VTR打合せ(T子より)

お返しに”K一族の研究”

…………………………

2006Jun.20(teu)

○○○と新宿で会う。

カラオケ屋から、神楽坂。

板橋の○○のM/Sへ。

…………………………

(T子記す/この日のほかにも「○○宅へ」の記述あり)

…………………………

6月21日

T子より、『信長キリスト教徒』説、書かぬかという怪しいハナシ、来る。

大体想像はつくのだが、様子を見に行くか。

…………………………

2006Jun.28(wed)

T子からメール。

シナリオライターの女たちと話したそうな。

「シナリオライターになったら…」などと…。

それは違う。

ストーリーテラーであることと、時代観察者、表現者であること、哲学すること…そこに「文学」がある。

やはり、書こう。

何を?!

何を書けるのか…。

五大路子がヨコハマであるならば、オレの場合はヨコスカとなるのか。

…………………………

8月4日

『パパノブ』(信長クリスチャン説)プロット。

仕方なく書き始め、約4000字、午后4時30分終了。

5時より、王子駅前で打合せ。

30分遅れて、王子。

「はなの舞」から、カラオケで『離別』唄う。

T子と新宿。

ゴールデン街、もう、飲めない。

T子にウイスキーを貰う。

T子は、オレの誕生日を覚えていた。

それには感動。

…………………………

8月5日

○子より、ジャケットプレゼントあり。

一夜明け、『パパノブ』我ながらよくできていると思う。

…………………………

8月6日

T子のメールに返事を書いて、朝。

(T子記す/Kはほかにもいろいろ書いているが、省略)

…………………………

8月11日

明け方、目覚め、○子に挑む。

…………………………

9月8日

T子よりメールある。

そうだ、こいつにも借りている。

罰金50万もある。

9月18日

暑い。

不愉快極まりないので、飲むことにする。

○子から2000円、ほおられる。

不愉快。

…………………………

9月20日

T子に近況をメール。

…………………………

11月9日

T子に、不如意のワビと近況報告。

○○と○○に会う。

永福町に一軒家構え、セカンドカーまで有する○○。

双子の子供に囲まれ……「幸せ」である。

○子の欲していたものは、これだな。

飲み、途中、泣き出す○○。

酔う。

…………………………

11月10日

T子のメール、返信確認するが、受信箱消してしまう。

…………………………

2006.Nov.24(fri)

T子に、借金の前振りとしてメール打つも、「50才の誕生日を迎えた」旨、返事あり。

「ヨコスカを書け」ともあり。

どうしよう。

…………………………

2006.Nov.28(tue)rain

もう、死んじゃいたいナ。

○○監督とT子に借金願いのメール。

必死の思いで書いたのだが……ホントにシンドい。

相手にも事情のあるところ……いかばかりか。

借金するのも、借金を頼むのも才能などと豪語し、笑っていられる場合ではない。

現実の○子の前には、文士も、芸術家もない。

ただ金を運んで来る人がいればいいのだ。

胃が痛い。

決死的覚悟でメールを為し、100円のパック酒を買う。

そんな人生なしだ……。

52才。

○○監督から即座に応答あり。

50万円を借りることになった。

ヒトイキ……。

情けない……。

(T子記す/↑Kは子供3人を私学に通わせ、大学までやるのだから、分不相応な暮らしだと思う)

…………………………

2007 May.27(tue)

ゴミ奉行。可燃ゴミ。

希望は、燃える可燃ゴミならず。

絶望こそは不燃ゴミ他。

人生という粗大ゴミを負いて、命という資源ゴミを何時捨てる。

伴侶という有料ゴミもあり。

…………………………

2008 Jun.26(thu)cloudy

立ち呑みは 派遣の憂さを泡盛が 詩人に変える もうひとつ飲む

と、詩人に変身したつもりでも、帰宅後、息子の妹に対しての言説「シネ!」に怒る。

だったら、俺がみんな殺してやろうか!と、また女房ともめる。

仕事が面白くないのだ。

…………………………

2009 feb.1(sun)fine

○子含め家族との関係は最悪だ。

全く口をきかない喋らない。

修復も無理みたいだな。

…………………………

2009 Aug.17(mon)fine

○子と宵の口、飲み屋を巡る。

ガス抜き、か。

…………………………

2009 Dec.7(mon)fine

家に居づらい。

○○が帰ってく。

もういけない。

一緒に居られない。

敵討ちのような飯を喰い、朝1合炊いたものをチャーハンにして、更に大盛りスパゲッティに納豆を混ぜ……る。

…………………………

2009 Dec.10(thu)fine

「もう3ヶ月仕事してないヨ」朝から○子に言われる。

わかるんだが、仕事がない。

…………………………

2010 Mar.14(sun)fine

オフ。しかし家人どもが休みの日は家に居られない。

ほとんど邪魔者、厄介者扱い。

フリーランスとは日雇いなんだ。

昨年の11月から仕事がない。

つまり失業状態だった。

今日も居づらく、早めに家を出る。

…………………………

2010 Mar.27(sat)fine

息子の旅立ちあり。

不定愁訴。

「飯でも喰え」と渡した10,000は置いていった。

永遠の別れかもしれない。

…………………………

2010 Jul.24(sat)fine

「お金とったでしょう?」「それって泥棒だよ!」小銭タバコ代180円でドロボー扱い……。

…………………………

2010 Aug.3

T子さん、3万円だけ貸してくれとメールを入れるが。

T子からはメール返信なく、当然振り込まれもしない。

…………………………

(T子記す/Kは知り合いに○○○○の消息を聞き、○○○○として経堂に住んでいることを知る。そして、NTT電話帳で住所を調べている)

…………………………

2010 Sep.23(tue)rain

家人は休み。

雨ゆえ、横になっていると、家人の堪忍袋が破裂した。

仕事もせず、探さず、ゴロゴロしている!もう出て行ってくれ!

メールが来る。

「早く出て行ってくれ。カギはポストに。もう、一緒に暮らせない」。

ゴロゴロし続けるわけにいかず、豪雨の中、梅ヶ丘図書館へ。

「わかった。その方がよいと思う。新潟に旅もし(○○との関係も)納得した。2、3日待ってくれ」と返信。

仕方がなかろう。

別に暮らした方がよい。

互いに、周囲に、精神衛生のために。

では、どーするか。

金、一銭もない。

…………………………

2010 Oct.5(tue)fine

枕元で「鍵、置いていってくれないかな」と呟く。

「出て行ってくれ」という意味である。

何処へ?どうやって?!

何処かへ!歩いて!

もう限界か!

ともかく、「出よう!」。

旅支度。

といっても「歩く」わけである。

大きな荷物はムリだ。

もう、戻ってくることはないのだ。

もう、戻ってくることは、できないのだ。

野垂れ死ぬかもしれない。

しかし、それは本望か。

少なくとも、精神的不健康は解消する。

ホームレス!となったのか!

いや、人はこうしてホームレスになっていくのだ。

関連記事→恋愛かくれんぼ・デートノート2012㊷

Sponsored Links

-恋愛かくれんぼ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

恋愛かくれんぼ・デートノート2012㉕

Sponsored Links 【2012 April】 2012.4.15 ●K君──用はない たんぽぽが咲いている。 ☆☆ 携帯通話は高い。 メールにしよう。 昨日、2月分、払った。 ☆☆ 今日は …

恋愛かくれんぼ・デートノート2012⑤

Sponsored Links 【2012 January】 2012.1.15 ●T子──私が単行本の世界に入って以降知り合いになったライターは、男女問わず皆、ビジネス書や筆跡鑑定本など、自著を出し …

恋愛かくれんぼ2004⑧

Sponsored Links 【2004 October】 ●K君──著者の○○教授と会う。 中国と日本を含めたアジア現代関係史に大いに盛り上がる。 「何とかこれをクリアー」して「次につなげましょう …

恋愛かくれんぼ・デートノート2011⑨

Sponsored Links 【2011 September】 ●K君──受賞の時は、着物がいい。 絶対的に美人だし、付加価値あり。 冬、夏、君の着物姿をみたい。 その着物「プレゼントしてあげる」こ …

恋愛かくれんぼ2015〜2016

Sponsored Links 彼女はT子、彼はK君。 ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。 T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。 それから2年後、K君が一足 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly