恋愛かくれんぼ

恋愛かくれんぼ2009

投稿日:2021年6月27日 更新日:

彼女はT子、彼はK君。
ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。
T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。

それから2年後、K君が一足先に卒業した。
大学浪人生となったK君は、前ほどT子に構わなくなった。
ひとりでいるのがつらかったT子は、K君以外の男の子ともずいぶん仲良くした。
K君もまた、T子以外の女の子と仲良くすることがよくあった。

そんなふうにして45年の月日があった。
K君が61歳で病死するまで、ふたりの仲は途切れ途切れに続いた。

その45年のうち、最後の12年間に、ふたりはメールのやりとりをした。
それが膨大な交信記録となって、T子の手元に残っている。

交信のはじまりは2004年。
T子の名刺にメルアドが記載されており、それを捨てずに持っていたK君がアクセスしたのだった。
ふたりが言葉を交わすのは、数年ぶりだった。

そして5年がたち、今は2009年──。

【2009 March】

●K君──ご無沙汰しています。
早稲田のインドネシア人の先生が、また「本」をつくりたいと連絡あり、会いました。
内容は、「同じ」です。
そこで、T子さんの存在途啻播簒涼壮田以下省略 ***

…………………………

●T子──いただいたメール、途中までは読めました。
私の旧アドレスに送信したの?
(新アドはこちら)
あなたのアドレスも古いみたい。
(どっちが本当?)

ご用件、気になるから一応は伺うつもり。
(再送信してよ)

でも私、5月一杯は忙しいよ。
6月から書くということでOKなら受けます。
(と各社に言ってる)

早稲田の先生は今回も○○書房さん?
あそこの仕事はつい最近、日程が合わなくて断っちゃったばかりだよ。

ところであなたはどうしているの?
このお仕事、ぜひ書かせてもらえばいいじゃないの。

なにはともあれ、お元気で。

…………………………

●K君──冠省
要件は「そういうことです」。
出版社は○○書房ではありません。
決まっていません。

先生が、「書きたい、出したい。どこか出版社ありませんか」状態です。

ただ、○○ビジネスが先生を相変わらず追いかけていて連載中です。
○○ビジネスが○○書房から版権を買ったらしいとも。

先生の講演会等で問い合わせはあるようだ。
アマゾンでは定価を上回っているとか。
でも○○書房の再版も文庫化もないとのこと。

内容だが、結局は同じ。
この同じことが書けない。
「やる気」のある奴はこんなもの読まないし、買わないはずだ。

そこで、少し違う視点を、となったわけ。
先生の日本語は多少聞きづらかったりするが、ご本人読むこと書くことは全く支障なし。
ゆえに電話よりメールの方がよい。

よかったら連絡してみたら?
また素材を捕まえた(先生)ということで、企画として売り込めるのでは?
著者本人はその気なのだから。
ただ、こっちにはその伝手がない。

とりあえず
K拝

…………………………

●T子──
>先生が、「書きたい、出したい。どこか出版社ありませんか」状態です。
↑売れる著者なら引く手あまた、のはず。

☆☆

>○○書房の再版も文庫化もないとのこと。
↑それは残念。
印税少ない仕事を紹介しちゃってごめん。

☆☆

>内容だが、結局は同じ。この同じことが書けない。「やる気」のある奴はこんなもの読まないし、買わないはずだ。
↑ライターがそんなふうに思っていたら、いいもの書けないよ。

☆☆

>そこで、少し違う視点を、となったわけ。
↑で、私の連絡先を教えたの?
先生が何か言ってきたらどうすればいいの?

☆☆

>日本語聞きづらかったりするが、読むこと書くことは全く支障なし。ゆえに電話よりメールの方がよい。
↑フランス人の本を書いたとき、けっこうかったるかった。

☆☆

>よかったら連絡してみたら?また素材を捕まえた(先生)ということで、企画として売り込めるのでは?著者本人はその気なのだから。ただ、こっちにはその伝手がない。
↑私から出版社に他人の企画を持ち込むことはしていない。
いずれ自分の本を書くのだし、今は受注仕事をこなすので手一杯。

☆☆

先生に対して恩義を感じているなら、私を紹介するよりも、○○○○の○○さんを紹介したほうが喜ばれるでしょう。
あそこは売り込むことが仕事だから。

ただし、自分で企画書を書くことを求めるから、そのお手伝いをあなたがしてあげて、その分のギャラを請求すれば?

原稿執筆はまた別の人にということにして、○○さんに誰かライターを紹介してもらえるよう頼めばいいじゃん。

【2009 July】

●T子──無事ですか?
さっきは電話にて失礼。
無事におうちに着きましたか?

私のマンション、いずれ見においでよ。
手料理に感動すると思うな、きっと。

ところで先日、車で三崎へ行ったの。
フィシャリーナ・ワーフも見てきた。
館内に繰返し流れていた音楽がヨコスカのこと歌ってたけど、あれはあなたが○○君にリクエストしてああなったの?

関連記事→恋愛かくれんぼ・デートノート2010①

-恋愛かくれんぼ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

恋愛かくれんぼ2004⑥

【2004 August】 ●K君──T子さま 『反ブラ』再校正、月曜日に持っていったら、「索引」まとめることになり、今朝送った。 終わりましたよ。 今日は、これから鹿児島まで走ります。 特攻隊の映画 …

恋愛かくれんぼ・デートノート2011①

彼女はT子、彼はK君。 ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。 T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。 それから2年後、K君が一足先に卒業した。 大学浪人生となっ …

恋愛かくれんぼ2005⑪

【2005 November】 ●K君──ご無沙汰です。 お借りしたままのもの未だ不如意、心苦しく思っています。 今しばらく猶予ください。 「いつでもいいよ」なんていう、豪快な声も聞こえるが。 「言っ …

恋愛かくれんぼ・デートノート2011㉖

【2011 December】 2011.12.5 ●T子──あなたが書こうとしているのはクロニクル私小説なのだから、私の文筆業のことはともかくとして、あなた自身の映画業界漂流は書いていいと思う。 実 …

恋愛かくれんぼ・デートノート2012⑦

【2012 January】 ●K君──原子力の森で迷った。 ………………………… ●T子──あなたに「ネット検索してくれ」と頼まれた人物は、原子力研究所の所長なのに、反原子力、反核の活動してた。 … …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly