書き方・話し方のマナー

好かれる書き方・話し方/否定文はやめて、できるだけ肯定文を使う

投稿日:2018年8月5日 更新日:

Sponsored Links
「〜です」「〜します」「〜できます」は肯定文。

「〜ではありません」「〜しません」「〜できません」は否定文。

「〜ではない」「〜しない」「〜できない」とはっきり伝えるために、また、安全を考慮して「〜してはいけない」と伝える必要があるときに、否定文を用いるのは当然のことです。

しかし、その内容の如何にかかわらず、読み手(聞き手)はなんだか責められているような、自分のことを否定されているようなイヤな気分になってしまうことがあるようです。

そこで、ものは言いようです。

否定を避け、肯定的に言い換えることが可能です。

●否定文を肯定文に変換しよう


否定文を肯定文に変換する試みをしていきましょう。

肯定文を読んで(聞いて)気分を害することはほとんどないと思います。

よって、相手に悪い印象を与えてしまうリスクがぐっと軽減されるのです。

「あの人はいつもポジティブで前向きだ」

「人への配慮と思いやりが感じられる」

と、よい印象を与えることもできます。

たとえば──

×「それはいいアイデアではない」

○「それよりももっといいアイデアがありそうです」

×「彼は出社していません」

○「彼は病気で会社を休んでいます」

×「今日はまだ準備できていません」

○「明日には準備が整います」

×「慌てて事故など起こさないでくださいよ」

○「どうぞ落ち着いて、安全に事を運んでください」

●誤解を招く恐れを軽減


否定文を肯定文に変換すると、誤解を招く恐れもぐっと軽減されます。
たとえば──

×「参加できません」

○「欠席します」

「文章術セミナーにお誘いいただき、ありがとうございます。いい機会ですので私もぜひ伺いたいと思っていますが、その日は参加できません」

とするよりも、

「文章術セミナーにお誘いいただき、ありがとうございます。いい機会ですので私もぜひ参加したいと思っていますが、その日はあいにく都合がつかないため、欠席とさせてください」

とすれば、相手の気分を害する恐れはまずないでしょう。

ひとつ、注意点があります。

日本語は文の末尾に述語が配置されることが多いので、最後まで読まないと(聞かないと)、肯定しているのか否定しているのかわからないことがよくあるのです。

文末へ来て「参加できません」とするならば、その直前に、

「残念ながら」

「あいにく」

「仕事の都合により」

「申し訳ないのですが」

といった言葉を付け加えると、読み手(聞き手)の理解を助けることができます。

●二重否定は極力避けよう


日本語を勉強している外国人と話をして、よく聞かされるのが、

「〜でないこともない、などと言われると、一体どっちなんだと理解に苦しむ」

ということです。

私たち日本人にとっても、二重否定の言い回しは回りくどく感じられますし、取り扱いが厄介ですね。

「二重否定」とは、否定の言葉を二度重ねて肯定の意味を強める語法、また、婉曲的に肯定を表す語法です。

しかし、否定の否定は肯定ですから、もったいぶらずに、すぱっと肯定してしまえばいいのだ、と思います。

×「少なくない」
○「多い」
×「と言えないこともない」
○「と言える」
×「知らないわけではない」
○「知っている」
×「わからないでもない」
○「わかる」
×「〜しないはずがない」
○「〜することは確実だ」
×「どんなに抑えていても〜せずにはいられない」
○「抑えきれずに〜してしまう」
×「〜しないとも限らない」
○「〜する可能性がある」
Sponsored Links

●まとめの一言

否定的に言うか、肯定的に言うか、それはあなたの選択次第です。
同じ言うなら、肯定的に言ったほうが何かと得だ、と私は思っています。

「〜しません」「〜できません」と言いたいときも、ちょっと頭を働かせて、肯定文に変換する試みを続けています。
それがいつしか癖になり、どんな場面においても否定文など一切使わずに、肯定文だけでコミュニケーションをはかれるようになりました。

関連記事→「ら抜き言葉」はOKかNGか?

Sponsored Links

-書き方・話し方のマナー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

Sponsored Links 「自分のベッドで寝るときが一番よく寝れる」 と、ある人が言ったのです。 私は首を傾げました。 寝れる? 「寝られる」の間違いじゃないの? 「自分のベッドなら、よだれ垂ら …

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

Sponsored Links 〜しています。 という言い方から「い」を抜くと、 〜してます。 となります。 今、友達と電話してます。 さっきテレビ見てました。 見てられなかった。 食事の支度してたか …

「れ足す言葉」は、くどいよ、しつこいよ

Sponsored Links 言葉の世界には、本来入れるべき「ら」を抜くいっぽうで、必要もないのに「れ」を足すという複雑怪奇な現象が見られます。 その名を「ら抜き・れ足す現象」といいます。 ●「ら抜 …

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

Sponsored Links 「させていただきます」という、へりくだった言い方が増えていますね。 へりくだる必要のない相手にへりくだっていることもよくあります。 たとえば、 「駅の改札で、SUICA …

会話と文章の違いを意識して、はやり表現に注意しよう

Sponsored Links 「ブログとかメルマガとか書いたりしてると、なんか文章うまいみたく思われたりするけど、ほんとは全然だめだし〜書いてるっつっても、なにげに職人系だったりして〜オタク的な人じ …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly