文章力アップ

悪文リライトにチャレンジしてみませんか

投稿日:2017年5月5日 更新日:

みなさん、こんにちは。

今日は「悪文のリライト」というものについて、お話ししてみたいと思います。

ここで言う「悪文」とは、わかりにくい文、難解な文のことです。

ふだん目にするブログやSNS、雑誌、書籍、新聞にも、意味がよくわからない「難解な文」が散見されるでしょう。

むずかしい内容だから理解できないのではなく、言葉の使い方が適切でないために、理解に苦しむ文になっているのです。

そういう「悪文」こそ、筆力向上をはかる良い教材となります。

●文章修業にうってつけなのは、他人の文章をリライトすること

私の仕事は原稿を書くことですが、人の原稿を手直しすることもよくあります。

たとえば、同業のライターが執筆した第一稿に加筆修正を施すよう、編集者から求められるのです。

要するに、未完成原稿をリライトして完成させていくわけですが、
こうした作業がまた、文章修業にうってつけです。

読みやすい文章と読みにくい文章

わかりやすい文章とわかりにくい文章

その違いがどこにあるのか、はっきりとわかるようになったのは、他人の書いた文章を修正する機会に恵まれたからです。

●読みやすくわかりやすい文章を書く試み

他人の言葉を整理することによって、自分の考えがまとまり、理路整然と論を展開できるようになります。

そのようにして考えを組み立て、論理的な文章が書けるようになると、話し方も理路整然としてきます。

つまり、説明上手になっていくのです。

物事をわかりやすく説明できる人は、他者とのコミュニケーションが円滑にいきますね。

「頭の良い人」という印象を与えることもできます。

事実、頭が良い状態になっているのだと思います。

↑言葉の力を使って混乱状態から抜け出し、合理的にものを考えられるようになったということです。

文章を読むのと書くのでは、頭の使い方がまったくと言っていいほど異なりますが、「自分だったらこう書く」と考えながら読むことで、
「読む」と「書く」の二つを同時に脳内で行うことができます。

脳に新たな神経回路がつくられ、言葉を自由自在に操れるようになっていくという気がします。

頭をクリアにしたい、自分の思いや考えをスラスラと書けるようになりたいと願うなら、自分以外の誰かが書いた文章(それもできるだけまずい文章)をリライトしてみるに限ります。

「これを書いた人、何を言おうとしているのか、さっぱりわかんないよ」

というような難物に遭遇したときこそ絶好のチャンスです。

その難解な文章を、一読ですっと理解できる文に書き換えることができたら、筆力は確実に向上しています。

●まとめ

ライティングスキルをアップする秘策は、
他人の文章をリライトすることです。

自分の書いたものをプロに添削してもらっても、その効果は薄いようです。

病は必ずぶり返す、と思って間違いないでしょう。

現に、私が毎度リライトしているある方は、間違いを何度指摘してもいっこうに改まりません。

自分の欠点は気づきにくいのです。

いっぽう、他人の欠点ならば、はっきりとわかります。

だからこそ、人のふり見て我がふり直せ、なのです。

他人のあら探しをしながら、「自分だったらこう書く」という意識を持って読むようにしていくといいですね。

どんな文章も、ただ読んで終わりにしてしまうのはもったいない。

どこかに引っかかるものを覚えたら、「どうすれば引っかからずスッと読める文章になるか、リライトしてみたら?」と促されているのだ、と私はとらえています。

関連記事→文章を書いた後は必ず「推敲」を

-文章力アップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章力/「〜が」「〜ですが」の「が」について

「誰々が、何々だが、何々が、何々したが」というように「が」を繰り返し使うと、会話であれ文章であれ、相手はきっと、聞きづらい(読みづらい)と感じるでしょう。 「が」は助詞のひとつです。 適切な使い方をマ …

文章力/読みにくい文を読みやすくするコツ

書けば書くほど、うまくなる。 人の書いた文章を修正させてもらうと、さらにうまくなる。 ↑これは私がライターの仕事を通じて掴んだ実感です。 ライター歴たかだか20年の私が文章術を語るのはおこがましいので …

「てにをは」を間違えると意味不明の文になる

私たちはふつう、特に意識することなく、さまざまな種類の助詞を使い分けています。 子供の頃から自然に耳で覚え、目で文字を見て学び、すっかり馴染んでいるのですね。 ですから、助詞の使い方が適切でないと、聞 …

必要な「てにをは」を省いてはいけない

「て・に・を・は」という、わずか一文字の助詞が、文全体を支配することがあります。 助詞はそれほど重要な存在であるにもかかわらず、しかもたった一文字か二文字であるにもかかわらず、いとも安易に省略されてし …

文章力/「で」という助詞

助詞「で」の正しい使い方をご存じですか? 知っているといないとでは、会話力にも文章力にも大きな差がつきます。 今回は徹底的に「で」にこだわってみましょう。 聞いてよし読んでよしの素敵な日本語をマスター …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly