「 書き方・話し方のマナー 」 一覧

好かれる書き方・話し方/否定文はやめて、できるだけ肯定文を使う

Sponsored Links 「〜です」「〜します」「〜できます」は肯定文。 「〜ではありません」「〜しません」「〜できません」は否定文。 「〜ではない」「〜しない」「〜できない」とはっきり伝えるた …

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

〜しています。 という言い方から「い」を抜くと、 〜してます。 となります。 今、友達と電話してます。 さっきテレビ見てました。 見てられなかった。 食事の支度してたから。 最近食べ過ぎなので太ってき …

会話と文章の違いを意識して、はやり表現に注意しよう

「ブログとかメルマガとか書いたりしてると、なんか文章うまいみたく思われたりするけど、ほんとは全然だめだし〜なにげに職人系だったりして〜オタク的な人じゃないと続かないって感じ〜」 ↑というように、日常会 …

「れ足す言葉」は、くどいよ、しつこいよ

言葉の世界には、本来入れるべき「ら」を抜くいっぽうで、必要もないのに「れ」を足すという複雑怪奇な現象が見られます。 その名を「ら抜き・れ足す現象」といいます。 ●「ら抜き・れ足す」の言葉たち 「食べら …

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

「させていただきます」という、へりくだった言い方が増えていますね。 へりくだる必要のない相手にへりくだっていることもよくあります。 たとえば、 「駅の改札で、SUICAを使わせていただきました」 なん …

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

「自分の部屋にいるときが一番リラックスしてられる」 と、ある人が言ったのです。 別の人は、 「リラックスできていられる」 と言います。 私は首を傾げました。 リラックスしてられる? リラックスできてい …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly