書き方・話し方のマナー

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

投稿日:2018年2月16日 更新日:

Sponsored Links
〜しています。

という言い方から「い」を抜くと、

〜してます。

となり、これを通称「い抜き言葉」といいます。

親しい人へのメールやSNSなどで、あまり堅苦しい雰囲気にしたくないときは、「い抜き言葉」を使っていることが多いと思います。

ぐっとくだけた感じになって親しみを覚えてもらえそう、と期待できるからなんですね。

 

今、友達と電話(を)してます。
 
さっき(は)テレビ(を)見てました。
 
食事の支度(を)してる。
 
最近(は)食べ過ぎなので太ってきてる。
 
ジムで運動(を)してます。
 
明日(は)スーツ(を)着てきます。

というように、助詞の「を」や「は」が省かれていると、よりいっそうくだけた雰囲気になります。

なぜかといえば、それはふだんの「話し言葉」に近いから、なのですね。

しかし、正しくは、

今、友達と電話してます。
 
さっきテレビ見てました。
 
食事の支度している
 
最近食べ過ぎなので太ってきてる。
 
ジムで運動してます。
 
明日はスーツを着てきます。

となりますね。

●「話し言葉」はどこまで通用するか?


メールもSNSもそうですが、人に読んでもらう文を書くときは、

「間違ったことを書いたりして恥をかきたくない」

という思いから、

「できるだけきちんと書こう」

と身構えてしまうことがありませんか。

ガチガチに身構えていると、思うように書けません。

そこで、

もっと気楽に、ふだん話しているように書くといい。

とアドバイスするのは間違いではないと思います。

頭に浮かんだことをそのまま、日頃の言葉遣いのとおりに書き出していけば、わりとすんなり文章を紡ぐことができます。
これはいいことですね。

あえてくだけた調子にするのもいいと思います。

私もよくこんな書き方をします。

原稿の締切目前なので、焦ってまーす。

 

早く仕上げるために頑張ってます〜。

なかなか終わらないので困ってるんですっ。

しかし、たとえば仕事相手に送るメールに次のように書いたとしたら、先方はどうお感じになるでしょう。

いつもお世話になってます。

 

先日ミーティングでもいろいろ教えていただき、感謝してます。

これからもよきアドバイス賜りたいと願ってます。

いつも頼ってばかりで、すいません。

私も後輩に対して懇切丁寧に指導できるよう、頑張りたいと思ってます。

↑なんじゃ、これは!!

と怒られてしまうでしょうね。

メール文の内容そのものは一見、礼儀をわきまえているように見えても、「い抜き言葉」や「助詞の省略」を連発しているせいで、場にふさわしくない失礼な文になっています。

「すみません」と書くべきところを「すいません」としているのも、なんとなく失礼な印象を与えます。

となると、

仕事などの公の場面では、話すように書いてはいけない。

ということなのです。

「話し言葉」が通用するのは、日常的かつプライベートな場面でだけです。

話し言葉=カジュアル

 

書き言葉=フォーマル

という違いがあることを、しっかりと認識しておきましょう。

文章を書く際は、それを読んでくれる相手への礼儀が必要なのです。

●「基本はフォーマル、でも少しカジュアル」な書き方・話し方


前掲の「い抜き言葉」満載の文を、適切な文に改めると、次のようになるでしょう。

いつもお世話になっています

 

先日ミーティングでもいろいろ教えていただき、感謝しています

これからもよきアドバイス賜りたいと願っています

いつも頼ってばかりで、すません。

私も後輩に対して懇切丁寧に指導できるよう、頑張りたいと思っています

↑面と向かって話すときも「い抜き」ではなく、「います」と、きちんとした話し方をするとよいですね。

●「できるかぎりフォーマル」な書き方・話し方


礼をつくすべき仕事相手とはいえ、もう何度もお目にかかってそれなりに親しくなった間柄なら、

「基本はフォーマル、でも少しカジュアルに」

という感覚で接してよいと思います。

まだそれほど親しくない相手に対しては、できるだけ丁寧な伝え方をする必要があります。

いつもお世話になっております

 

先日ミーティングでもいろいろとご教示を賜り、心より感謝しております

いつも頼ってばかりで恐縮に存じますが、これからもよろしくお願い申し上げます。

私も微力ながら後輩に対して懇切丁寧に指導できるよう、頑張っているところでございます

メール文はもとより、相手の方に会ってお話しするときも、このくらい丁寧な伝え方をしないと、敬意を感じ取ってもらえないでしょう。

「話すように書く」のもいいけれど、
「書くように話す」ことを心がけるとよいですね。

そうすればきっと、対面コミュニケーションも文章を通じてのコミュニケーションも、よりいっそう円滑になっていくと思います。

Sponsored Links

●まとめの一言


日常的かつプライベートな場面では、「い抜き言葉」を使って問題ない、と私は思っています。

「い」を省略し、また、時には助詞を省略することがあってもよいでしょう。

↑あえてくだけた調子にすることで、読んでくれる方は親しみを感じてくれる可能性が大です。

ただし、仕事などの公の場面では、「い抜き言葉」や「助詞の省略」はNGです。

話し言葉=カジュアル

 

書き言葉=フォーマル

という違いがあることを、しっかりと認識しておきましょう。

関連記事→好かれる書き方・話し方/否定文はやめて、できるだけ肯定文を使う

【まぐまぐ有料メルマガ始めました】

こちらもどうぞよろしく!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ミドル&シニアの「官能デート」を楽しむ方法~中高年の恋愛性愛はこんなにもエロティック~

Sponsored Links

-書き方・話し方のマナー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「語尾上げ」と「か抜き言葉」

Sponsored Links 語尾上げしゃべり 文章術の本? 少なくとも1冊は読んどいたほうがいいと思うけど? でもやっぱちょっと面倒?みたいな? わかりきったことクドクド言われるのも嫌って感じ?退 …

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

Sponsored Links 私の職業はライターで、書籍原稿の執筆および代筆、そして校正・リライトに携わっています。 私が関わる書籍はたいてい1冊につき200頁前後で、文字数は8万字から10万字です …

TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』に出演しました。

Sponsored Links TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』番組制作の方から、ご連絡をいただきました。 その方はこのブログおよび拙著をお読みくださったようで、これに関連する内容のVTRを作成 …

「れ足す言葉」は、くどい、しつこい

Sponsored Links 言葉の世界には、本来入れるべき「ら」を抜くいっぽうで、必要もないのに「れ」を足すという複雑怪奇な現象が見られます。 これを「ら抜き・れ足す現象」といいます。 ●「ら抜き …

好かれる書き方・話し方/否定文はやめて、できるだけ肯定文を使う

Sponsored Links 「〜です」「〜します」「〜できます」は肯定文。   「〜ではありません」「〜しません」「〜できません」は否定文。 「〜ではない」「〜しない」「〜できない」とはっきり伝え …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly