文章力アップ

文章力/「の」という言葉

投稿日:2018年10月6日 更新日:

Sponsored Links

会話でも文章でも、「の」を連発されると、理解しづらいものです。

「の」と「の」の間が短ければ、まだいいのです。↓

「私の前の彼氏の近所のコンビニの1番目の棚の上の缶コーヒーのラベルの日付の文字が読みにくかった」

↑読みづらいけれど、そのわりに理解しやすい、という気がします。

しかし、「の」と「の」の間が長くなるにつれ、読みづらさが増します。↓

「私の以前つきあっていた彼氏の住んでいるところからわりと近所にあるコンビニの入り口から入って1番目にある棚の上のほうに置かれていた○○という缶コーヒーの製品ラベルみたいなものに書かれている日付の文字が読みにくかった」

読みづらいだけでなく、何を言おうとしているのか理解するのに時間がかかります。

安易に「の」を使ってはいけないということですね。

では、どのように使えばいいのか、一緒に考えてみましょう。

●余計な「の」を削れば、ピントが合う

【例 文】

駅の前のコンビニの横の掲示板のアルバイトの募集のお知らせを見て来ました。

【改善例】

駅前のコンビニの横にある掲示板でアルバイト募集のお知らせを見て来ました。

●ソフトな響き、だけどわかりづらい

「〜が」を「〜の」と言い替えると、響きが柔らかくなることがあります。

ただし、「の」の使用法として適切でない場合もあります。

【例 文】

君の作成した企画書、とても良く出来ていたよ。

【改善例】

君が作成した企画書、とても良く出来ていたよ。

●何なの、その「の」は?

「こと」や「もの」を表す「の」なのか、あるいは、「〜なの」「〜なのよ」「〜なのです」という意味なのか、判別しにくい場合もあります。

【例 文】

彼に指輪を買ってもらったの、唯一のいい思い出よ。

【改善例】

彼に指輪を買ってもらったことが、唯一のいい思い出よ。

●ソフトな響き、だけど判断に苦しむ

「あなたの財布」「私のお金」というように、所有を示すために「の」を用いているのか?
いや、そういうわけではなさそうだが、本当はどうなんだ?
と判断に苦しむ場合もあります。

【例 文】

○○先生の本を書店で探しました。

【改善例】

○○先生がお書きになった本を書店で探しました。
(または、○○先生について書かれた本を書店で探しました。)

<解説>

・安易に「の」を使うと、思わぬ誤解が生じることがあります。

・「所有を示す」「こと・ものなどを表す」「断定・質問を表す」場合は良いとして、それ以外の「の」は、できるだけ他の言葉に書き換えるようにしましょう。誤解を防ぐためです。

<補足>

・「所有」「こと・もの」「断定・質問」に当てはまらなくても、「の」をそのまま活かしたほうが良い場合もあります。

たとえば──


【例文1】あの人の背の高いのがうらやましい。

【例文2】あの人は背が高いからうらやましい。

例文2よりも例文1のほうが、「こなれた」表現といえるでしょう。

関連記事→文章力/「が」という言葉

Sponsored Links

-文章力アップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章力/助詞「てにをは」の上手な使い方

Sponsored Links 舌ったらずの口調で、間延びしたしゃべり方をする人っていますよね。 「私が言いたいのはぁ〜 このまえ会社でぇ〜 部長にぃ〜 仕事のやり方をぉ〜 けなされてぇ〜」 というよ …

文章力/副詞を使うと、表現の立体感と奥行きが倍増

Sponsored Links 明快でわかりやすい文章を書けるようになると、周囲の人があなたの意見に耳を傾け、良い反応を示してくれるようになります。 文章力をつけることにより、仕事も人間関係もうまくい …

文章力/主語と述語の「ねじれ」に注意

Sponsored Links 「メールではうまく伝わらない」 「SNS投稿したら、思わぬ誤解をされた」 という経験をしたことはありませんか。 ちょっとした行き違いからトラブルが生じることもあるので、 …

文章力/「で」という言葉

Sponsored Links 助詞「で」の正しい使い方をご存じですか? これを知っているといないとでは、会話力にも文章力にも大きな差がつきます。 今回は徹底的に「で」にこだわってみましょう。 聞いて …

「てにをは」を間違えると意味不明の文になる

Sponsored Links 私たちはふつう、特に意識することなく、さまざまな助詞を使い分けています。 子供の頃から自然に耳で覚え、目でも学んで、すっかり馴染んでいるのですね。 助詞の使い方が適切で …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly