リテラシー向上

大和言葉(やまとことば)を使えば、やわらかくやさしい印象に

投稿日:2019年11月26日 更新日:

Sponsored Links

日本語は、話し言葉においても書き言葉においても、漢字・ひらがな・カタカナの3種が入り交じっています。

漢字が多くなると、どうしても硬くギスギスした印象になってしまいます。

ビジネスメールや文書の場合は、それでよいかもしれませんが、プライベートな私信や会話においては、少しでも柔らかく優しい印象にするために、日本古来の大和言葉(やまとことば)を使うとよいかもしれません。

漢字でしか書けない言葉、つまり「漢語」をできるだけ使わないようにして、ひらがなで書いても意味の通じる言葉に置き換えていくと、なんとなく丸みが感じられ、気持ちが伝わりやすくなります。

たとえばこんなふうにするとよいですよ、という例を挙げてみましょう。

漢語から大和言葉に変換

「ご愛顧」→「お引き立て」

「ご指導ご鞭撻」→「お教えお導き」

「ご住所」→「お住まい」

「ご年齢」→「お年」

「ご氏名」→「お名前」

「開始」→「はじまり」

「期待しています」→「心待ちにしています」

「待望の」→「心待ちにしていた」

「ご遠慮なく」→「お心おきなく」

「僭越ながら」→「差し出がましくはありますが」

「歓待」→「おもてなし」

「反省」→「恥じ入る」

「継続的に」→「追々(おいおい)」

「将来的には」→「行く行くは」

「納得しました」→「胸のつかえがおりました」

「恐縮ですが」→「恐れ入りますが」「心苦しいのですが」

「残念ですが」→「心残りではありますが」

「予想に反し」→「思いのほか」

「仄聞するところ」→「小耳にはさんだのですが」

「課題が山積している」→「やらなければならないことが山積み」

「私には不可能です」→「私には荷が重すぎます」

「ご自愛ください」→「御身おいたわりください」

「感動しました」→「胸にしみました」

「妥協」→「折り合い」

「配慮」→「心くばり」

「援助・ご協力」→「お力添え」

「仲介」→「とりなし」

「余裕があるときに」→「お手すきのときに」

「些少ですが」→「ほんのしるしですが」「心ばかりですが」

「結構です」→「お構いなく」

「魅力的」→「奥ゆかしい」

「鷹揚」→「おおらか」

「清浄」→「きよらか」

「柔軟」→「たおやか」

「心構え」→「心映え」

「包容力」→「懐が深い」

「共感」→「心を同じくする」

「恋の始まり」→「なれそめ」

「超」→「このうえない」

関連記事→カタカナ語の乱用防止に、この日本語を!!

Sponsored Links

-リテラシー向上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「理想」の反対語は□□、「流行」の反対語は□□。

Sponsored Links 赤字の反対は黒字。 安全の反対は危険。 というように、多くの語に反対語(対義語)があります。 ある言葉とその反対の意味を持つ言葉をふたつセットにして覚えると、ボキャブラ …

教えて! Goo 質問に回答してみました

Sponsored Links 「教えて! Goo」というサイトは便利ですね。 わからないことがあるとき、このサイトに質問投稿をすると、有志の方々が答えてくれます。 私も時々利用させてもらっていますが …

主語がなくても通じる、日本語の不思議

Sponsored Links 日本語には不思議なところがあり、「誰がそれをしたのか」をはっきり言わなくても、ちゃんと意味が通じてしまうことがあるんですね。 主語を省略しても通じる場合が多いのです。 …

「うすっぺらい」ではなく「うすっぺらだ」

Sponsored Links 形容詞なのか、形容動詞なのか 形容詞の末尾は「い」、形容動詞の末尾は「な・だ」 というのが原則です。 ですから、「キモい」「エロい」「グロい」という新語(珍語?)は一応 …

カタカナ語の乱用防止に、この日本語を!!

Sponsored Links 日本語は、話し言葉においても書き言葉においても、漢字・ひらがな・カタカナの3種が入り交じっています。 また、同じ意味を持つ言葉でも、たとえば「規則」「決まり」「ルール」 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly