書き方・話し方のマナー

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

投稿日:2020年2月27日 更新日:

Sponsored Links

私はライターとして、書籍原稿の執筆、および校正・リライトに携わっています。

それら書籍の大半は200頁前後で、文字数は8万字から10万字です。

けっこうボリュームがあります。

その全体を通して、漢字や送り仮名の表記統一がなされていないとなりません。

たとえば、「幸せ」「しあわせ」が混在しているようではいけないのです。

「〜して欲しい」と書いたなら、その後もずっとそれで通すべきで、ところにより「〜してほしい」となっているのは、よいことではありません。

表記統一がはかられていないと、めざとい読者は興を削がれ、読む気をなくしてしまう場合もあります。

ですから私は万全を期すために、原稿の校正・リライトをする際には必ず、「表記統一メモ」を作成してから臨みます。

「これは要注意だな」と思う表記については、原稿の中で最初に登場する表記をメモしておき、途中で揺らぎが生じた場合は、初出の表記に統一していくわけです。

初出の表記を「正」とすることにより、著者の意思や意向を尊重しているつもりです。

表記統一メモ

ある著者が執筆した書籍原稿の校正をするために私が作成した「表記統一メモ」をご覧にいれたいと思います。

「要注意」の表記が数多くあるのだということが、おわかりいただけるでしょう。


【表記統一メモ】


○幸せ   ×しあわせ


○ほしい  ×欲しい


○たしかに ×確かに


○途端に  ×とたんに


○一体   ×いったい


○通り   ×とおり


○まるごと ×丸ごと


○余計   ×よけい


○例えば  ×たとえば


○よい   ×良い


○難しい  ×むずかしい


○がんばる ×頑張る


○とき   ×時


○美味しい ×おいしい


○辛い   ×つらい


○全て   ×すべて


○仕方   ×しかた


○仕方ない ×しかたない


○溢れる  ×あふれる


○膨らむ  ×ふくらむ


○ほう   ×方


○既に   ×すでに


○気づく  ×気付く


○いただく ×頂く


○できる  ×出来る


○嬉しい  ×うれしい


○1つ   ×一つ・ひとつ


○うまくいく ×上手くいく


○あきらめる ×諦める


○みなさん ×皆さん


○後    ×あと


○いったん ×一端


○うえで  ×上で


○つきあう ×付き合う

「行う」と「行なう」、どっちが正しい?

表記統一をはかる際に、「おこない」「おこなう」「おこなった」をどう書き表すかは非常に悩ましい問題です。

この難問に関しては、すでにネット上で多くの方が論じていらっしゃいます。

そうした記事を一通り拝見し、一応の結論を以下にまとめてみました。

●1959年〜1972年までは「行なう」が正しいとされていたが、1973年に国語審議会の方針が変わり、「行う」が正しい送り仮名であると明記された。


(「行う」という表記を本則とする旨、内閣訓示が出された)


●そのため、法令・公用文書、新聞・雑誌・放送の文書、論文、ビジネス文書(履歴書や契約書など)においては、「行う」という表記を用いること、とされている。


●「行った」は「いった」とも「おこなった」とも読めてしまう。そうした誤読を防ぐため、「行なった」と表記することが例外的に認められている。


●「行う」は、自分や相手の動作を表す場合に用いられる。


●「行なう」は、何か物事を進める場合に用いられる。


●誤読の恐れがない場合にも、「行なう」として間違いではない、とされている。

↑要するに、「行う」も「行なう」も間違いではないが、公的文書においては「行う」としたほうがよいですよ、ということですね。

ちなみに、国語審議会(こくごしんぎかい)とは、日本の国語政策に関する審議会のことです。

「当用漢字表」「現代かなづかい」「常用漢字表」のほか、改訂「現代仮名遣い」などに関し、多くの建議・答申を行なっています。

1934年に設置され、1949年に改組された後、中央省庁の再編に伴って、2001年に廃止されました。以後は、文化審議会国語分科会が実質的な内容を継承しているそうです。

「行う」と「行なう」の問題について、出版社はどう対応している?

国語審議会(現・文化審議会国語分科会)は「行う」が正しいと定めたけれど、私たちはそれに従わなくてはならないのでしょうか。

プライベートな手紙やメール、ネットへの書き込みなどでは、「行なう」と書いても許されます。

書籍や電子書籍を刊行するときは、どうなのでしょう。

漢字や送り仮名の表記について、通信社や新聞社は各社それぞれに「用字用語の手引き」を作成しているようです。

しかし私の知るかぎり、ほとんどの出版社は、表記統一をはかるうえで拠り所とするルールブックのようなものを作成していません。

よって、個々の編集者や執筆者によって判断基準が異なる、というのが現状です。

共通基準・共通認識と言えるものがあるとすれば、それは、

●評価の定まった読み方や表記に準拠する

●一般の人にわかりやすい表記をする

●書き手の気持ちに沿った表記をする

ということでしょうか。

つまり、世間一般の考えと同じで、「行う」も「行なう」も間違いではないが、できるだけ「行う」としたほうがよい、という姿勢なのですね。

↑私はそこに異議を申し立てたいと思うのです。

合理的なのは良いことだ

「おこなう」は「行う」よりも「行なう」としたほうがいい、合理的だ、と私は思っています。

しかしこの考えは、世の趨勢からして、少数派のようです。

それでも、私と同意見の方を一人、ネット上に見つけました。

「教えて!goo」というサイトに掲載された質問に答えて、その方はこう書いていらっしゃいます。


「おこなう」「行なう」「行う」が混在するのは見っとも無いですよね。


私個人は「行なう」と書きます。
「オコナって」の「行って」が「イって」と誤読されにくくするためにです。

「行なって」と書くなら「オコナう」も「行なう」と書くべきでしょう。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4829400.html

↑このご意見に私は深く共感します。実に合理的なお考えだと思います。

書籍原稿は、その全体を通して、漢字や送り仮名の表記統一がなされていないとなりません。

法令・公用文書、新聞・雑誌・放送の文書、論文、ビジネス文書においても、表記統一をはかるのは大事なことです。

結論/表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい!!

「行なう」と書く人が増えれば、流れは変わる

漢字の読み方は、時代によって変化します。

「睡眠」は「すいみん」と読みますが、昔は「すいめん」が正しい読み方とされていました。

「蛇足」は「だそく」と読みますが、昔は「じゃそく」が正しい読み方とされていました。

「すいめん」が「すいみん」になり、「じゃそく」が「だそく」になったわけですが、それは世の中の多くの人が「読み間違い」をしていたから、いつしかそれが正解になっていった、ということです。

漢字の読み方や送り仮名の表記は、どれが正しくてどれが間違いかなんて、簡単に決められるものではありません。

政府機関によって定められたものを一方的に押しつけられるのもおかしな話だと思います。

私たちの多くが「行う」ではなく「行なう」と表記することをよしとすれば、流れは変わっていくでしょう。

政府機関(文化審議会国語分科会)も見解を改めるかもしれません。

そうなることを期待して、私はこれからも「行なう」と書き続けます。

関連記事→「ら抜き言葉」はOKかNGか?

Sponsored Links

-書き方・話し方のマナー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

Sponsored Links 「させていただきます」という、へりくだった言い方が増えていますね。 へりくだる必要のない相手にへりくだっていることもよくあります。 たとえば、 「デパートで、クレジット …

「語尾上げ」と「か抜き言葉」

Sponsored Links 語尾上げしゃべり 文章術の本って1冊は読んどいたほうがいいと思うけど、やっぱちょっと面倒?みたいな? わかりきったことをクドクド言われるのも嫌って感じ?退屈しちゃう? …

会話と文章の違いを意識して、流行表現に注意しよう

Sponsored Links 「ブログとかメルマガとか書いたりしてると、なんか文章うまいみたく思われたりするけど、ほんとは全然だめだし〜書いてるっつっても、なにげに職人系だったりして〜オタク的な人じ …

TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』に出演しました

Sponsored Links TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』番組制作の方から、ご連絡をいただきました。このブログおよび拙著をお読みくださったようで、関連する内容のVTRを作成したいので取材と …

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

Sponsored Links 「自分のベッドで寝るときが一番よく寝れる」 と、ある人が言ったのです。 私は首を傾げました。 寝れる? 「寝られる」の間違いじゃないの? するとその人は、こう言い換えま …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly