言葉をめぐる日々雑感

最近ちょっと笑ったこと

投稿日:2022年12月8日 更新日:

「読む・書く・話す・聞く」の日々雑感⑤

●逗子まで乗って折り返すつもり? まさかそんなこと、ないよね?

某駅の横須賀線下りホームで「逗子行き」に乗ろうとしていたとき、私より10くらい高齢の女性に訊かれました。

「これ鎌倉行きます?」

「行きますよ」

「逗子って書いてあるけど」

「逗子は鎌倉の先ですから」

「じゃ途中で乗り換えるんだ?」

「?・・・・・」

私は返答に窮して電車に乗り込みました。

「大丈夫ですよ」の一言を惜しんだ私がばかでした。

●露ルーブルの話ではありません。

よく行く図書館付近のお店でたまーに、たこ焼き300円也を買います。

そこのおじさんはいつも「はい300万円」と言っていましたが、近頃は「3億円」になりました。

ものすごいインフレです。

●言葉ゲームは高齢者のボケ予防に効くかも。

母が通っているデイサービス施設で、ゲームの時間にこんなクイズが出たそうです。

831と書いて何と読む?

用意されていた正解は「やさい」でしたが、母は「やみいち」(闇市)と答えてバカウケだったようです。

●蛙はカエル、カエルは帰る。

カラスが鳴いたらカエルなのだ。

井の中の蛙は海の広さを知らないが、空の高さを知っているのだ。

と、天才バカボンのパパが言っていました。

赤塚不二夫の原作漫画ではなく、テレビアニメ「天才バカボン」を観て、私はそれを知りました。

関連記事→恋する女のダイエット法

-言葉をめぐる日々雑感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自然体と自然態

「読む・書く・話す・聞く」の日々雑感⑨ ●自然体と自然態 雑誌やテレビなどでよく「自然体」という言葉が使われますね。(最近はそうでもない?) 三省堂辞書によると、「しぜんたい[自然体]。柔道で、自然に …

ライターが習得した速読法

「読む・書く・話す・聞く」の日々雑感③ ●私の速読法 私は速読よりも精読、味読のほうが好きですが、必要あってたくさん読まなければならないときや、素早くササッと読了したいときは、以下の要領で読んでいます …

「十分」と「充分」に違いはある?

「読む・書く・話す・聞く」の日々雑感① ●図書館収蔵ならば返本されないから、半永久的に現役です。 2015年11月、拙著『言いたいことが伝わる上手な文章の書き方』を上梓してすぐに、横浜市立図書館に全部 …

聞き逃せない、大事な話

「読む・書く・話す・聞く」の日々雑感⑦ ●オーディオブックに望むこと 私もこれからはオーディオブックを積極的に活用したいと思っています。 家事をしながらとか、「ながら読書」ができるといいなあと。 それ …

モヤモヤを晴らして気分スッキリ、ポジティブに「もののあはれ」

「読む・書く・話す・聞く」の日々雑感⑧ ●無邪気に「もののあはれ」を堪能したい。 人はみな、ポジティブな気持ちもあればネガティブな気持ちもある。それが自然な姿であり、ポジティブ一色に染めようとするのは …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly