漢字の誤読・言い間違い

聞き違いをするから、言い間違いをしてしまう

投稿日:2017年4月15日 更新日:

私はそそっかしいので、しょっちゅう聞き違いをしています。

言い間違いをすることもしょっちゅうです。

↑「決死の覚悟で」と言うべきところを、「必死の覚悟で臨みます」などと、長年にわたって言い間違いをしてきたのは私です。

いつ、どこで、なぜ間違えて覚えてしまったのでしょうか。

他人のせいにするのはよくないとわかっていますが、誰かが「必死の覚悟で」と言うのを耳にして、そのまま記憶してしまったような気がします。

あるいは、単なる聞き違いだったとも考えられます。

↑人は「決死の覚悟で」と言っているのに、私が勝手に「必死の覚悟で」と聞き違えた可能性は高いのです。

言葉を生半可に覚えて使っていた私が悪い。


●山本部長の奥様は金井さん?

昔、私が会社勤めをしていたある日のこと、山本部長宛に電話がかかり、相手の方は

「カナイですが」

とおっしゃいました。

私はてっきり

「金井さん」

だと思って部長に取り次ぎました。

が、あとで聞いたら、部長の奥さんだったのです。

「家内です」

というわけだったのね。

●リミットとメリット

知り合いのデザイナーに名刺のデザインを依頼したところ、

「メリットはいつ?」

と訊かれました。

「メリット(利点)は特にないと思うけど、リミット(期限)なら10日でどう?」

と答えました。

●横車

道理(物事の正しい筋道)に合わないことを無理に押し通そうとすることを「横車を押す」と言います。

たまに、「横車を入れる」と言う人がいますが、これはたぶん、「横車を押す」と「茶々を入れる」を混同しているのでしょう。

車を縦方向に動かすならまだしも、横に動かすのは無理があります。

↑だから「横車を押す」と言うんですね。

●端と緒


物事に着手すること、着手した物事の見通しがついて軌道に乗りだすことを「緒に就く」(ちょにつく)と言います。

端緒に就く(たんちょにつく)

と言い間違える人は、「緒に就く」と「端を発する」を混同していますね。

ついでに「端」と「端緒」をごっちゃ混ぜにして覚えてしまったのでしょう。

ちなみに、「端を発する」とは、それがきっかけになって物事が始まること。

「端緒」(たんちょ)とは、物事の始まり、いとぐち、手かがりのこと。

問題解決の端緒となる。
端緒が開ける。

というように遣います。

●醸す、醸し出す


大臣の失言が「物議を醸す」ということはあっても、「物議を醸し出す」という言い方はしません。

険悪な雰囲気を醸す
楽しいムードを醸し出す

という表現なら間違いではありません。

●濡れ手で泡?

濡れた手で粟に触れると粟粒がたくさんついてくることから、多くの利益を容易く得ることを「濡れ手で粟」と表現します。

バブルの頃は簡単に儲かって笑いが止まらなかった。

でも長くは続かなかったなあ。

バブルって、つまりは泡のことなんだよね。

泡だから、すぐに消えちゃう。

ほら、日本では昔から、濡れ手で泡っていうでしょ?

などと物知り顔に語っていた人がいるのですが、濡れ手に「泡」じゃなくて「粟」ですから、お間違えのないように。

●まとめ

聞き違いと言い間違いは密接につながっている。

という気がします。

私の例のように、「決死の覚悟」を「必死の覚悟」などと間違って聞き覚えてしまうと、その後はずっと言い間違いを繰り返すことになってしまいます。

ちょっと気の利いた言葉を自分も使ってみようと、やたらと人真似をするのは危険な行為。

といったら大げさでしょうか。

しかしリスクを伴うことは確かなのです。

真似をするなら、日頃きちんとした言葉使いをしている人を真似るようにすれば、比較的安全だと言えるでしょう。

自ら辞書などで確かめ、

これでいいのだ!!

と確信をもって言葉を使っていくことがベストですね。

関連記事→ちょっとアブない隠語も、正しく覚えれば失敗しない

-漢字の誤読・言い間違い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アブない隠語も、正しく覚えれば失敗しない

「やばい」という言葉がどこから来たのか、「語源由来辞典」で調べてみました。 ↓ 「やばい」という語は、元は盗人などが使っていた隠語で、「具合の悪いさま」「不都合」を意味する形容動詞「やば」を形容詞とし …

読めないから書けない、難しくて簡単な漢字

私は大概の漢字を読むことができるのですが、書くとなると途端にあやしくなるので困っています。 ↑ワープロやパソコンを使うようになってから、この傾向に拍車がかかったようです。 かつては「檸檬」「憂鬱」「朦 …

恥をかいても気にしない? ちょっと笑える言い間違い

言い間違いをすると恥をかく。 というのは本当のことです。 でも、いくら恥をかいても気にしない人もいます。 なぜ気にしないのか? 私の場合でいうと、取り巻きの仲間が実に気のいい人物ばかりで、何事も笑い飛 …

漢字の読み方、みんなで間違えれば正解になる?

漢字の読み方は、時代によって変化します。 いろいろ調べていくと、 今の読み方と昔の読み方ではこんなにも違うのか!! と驚くばかりです。 たとえば「睡眠」という漢字を昔は「すいめん」と読んでいたなんて、 …

漢字の読み間違い、恥ずかしいよ〜でも笑えます

人前で漢字を誤読すると笑われる。恥をかく。 というのは本当のことです。 私が見聞きした実例を挙げてみます。 笑われた当人はさぞ恥ずかしかったでしょうが、そんなのは知ったこっちゃないのです。 よくぞ笑い …

2023/06/29

「を抜き」「は抜き」を改善しよう

2023/06/23

「か抜き」言葉を改善しよう

2022/12/01

「お申し付けください」よりも「仰せ付けください」のほうが良いなあ

2022/08/15

男と女の日常茶飯劇

2022/04/01

ライターが習得した速読法

2022/03/30

「十分」と「充分」に違いはある?

2021/12/26

Kindleペーパーバック出版、私もやってみました。

2021/01/19

「XX時からXX時に行きます」という言い方は、変じゃない?

2020/09/07

主語がなくても通じる、日本語の不思議

2020/08/27

チーママ・オーママ/小ママ・大ママ

2020/02/27

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

2020/02/26

「語尾上げ」しゃべりが癖になっていない?

2020/02/06

TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』に出演しました。

2019/11/29

ものの数え方・73選

2019/11/28

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

2019/11/27

カタカナ語の乱用防止に、この日本語を!!

2019/11/16

「理想」の対義語は□□、「流行」の対義語は□□。

2018/10/18

頭から離れる?離れない? 正しい言い方はどっち!?

2018/09/18

横浜に代々伝わる「ハマ言葉」

2018/09/03

文章構成術/基本フォーマット12種類

2018/03/10

なぞなぞ傑作選・必笑78題

2018/03/09

テープ起こしをすると文章力が高まる!!

2018/03/02

ネガティブなことをポジティブに言い換えるレッスン

2018/02/16

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

2017/10/03

月の呼称/睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走

2017/06/02

読点の打ち方を完全マスター!! ①

2017/05/20

文章力/接続詞の乱用禁止!! 大事な場面で効果的に使おう

2017/05/16

文章力/説明がうまい人は「修飾語」(形容詞・形容動詞・副詞の3点セット)に強い

2017/05/05

悪文リライトにチャレンジしてみませんか

2017/05/04

文章力を高める10の行動。すべて試してみる価値あり!

2017/04/30

混じる?交じる? 漢字の書き分けは、頭をやわらかくする知的なゲーム

2017/04/23

先入感?異和感?それって漢字変換ミス? 同音異義語・同訓異字の落とし穴

2017/04/22

「れ足す言葉」は、くどい、しつこい

2017/04/21

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

2017/04/20

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

2017/04/16

アブない隠語も、正しく覚えれば失敗しない

2017/04/04

ビジネスマナー/尊敬語と謙譲語の使い分け

2017/03/24

日本語の乱れ/あざーす・やばくね? 変な言葉や言い間違いが増えていますね?

2024/04/17

「値上がる」という表現は不適切。名詞を動詞のように使うときは、できるだけ助詞を付けてほしい。

2024/04/15

主語と述語のつながりが微妙にねじれているように感じられる文って、気持ち悪いよ

2024/04/12

「見せる」と「見させる」の違い・「見せて」と「見させて」の違い

2024/04/10

「ご覧になって」の「なって」は省略可

2024/04/09

「万一○○の時は、いつでも力になるよ」、この文はどこか変だと思いませんか?

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly