文章構成術

文章構成術/論の組み立て

投稿日:2018年8月6日 更新日:

Sponsored Links

●一筆箋の書き方
贈り物をするとき、または仕事上の書類を送るときなど、ちょっとしたメッセージを添えておくとよいですね。
そんなときに重宝するのが、一筆箋です。

一筆箋の用紙は8センチ×18センチくらいのサイズで、そこに一言書けるようになっています。
封書や葉書では重たく感じられる場合に、活用してみるとよいですね。

田中一郎様

いつも大変お世話になっております。

先日ご用命を賜りました○○○が完成しましたのでお届けいたします。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

山田花子

というように、

「宛名→簡単なあいさつ→本文→結び→署名」

という流れで書くのが一般的です。

↑メール文の場合も同様ですね。

現代人に必要な文章構成術

一筆箋やメールのほか、SNSへの書き込みなど、短文を書く機会は日常的に結構あります。

これが簡単なようでいて、なかなかむずかしいのです。
わずか3〜4行であっても、どのように話を始め、どのように終えるかを決めなければならないからです。

そこで必要となるのが、文章構成術です。

3部構成ならば「序破急」

4部構成ならば「起承転結」

というように、流れを意識しながら書くと、うまくいきますよ。

序破急

導入部

展開や転換が起きる

結末

起承転結

これから述べることの総意を簡潔に伝える

具体例を挙げるなどして、「起」を補足する

話題や視点を変える

「転」で述べたことを踏まえて、結論を述べる

────────────
「序破急」も「起承転結」も、

序論→本論→結論

という基本構造は同じです。

「起・承・結」もOK

「起承転結」の「転」にあたる情報がない場合は、つまり話題の転換をはかる必要がないなら、「起・承・結」でいけばいいのです。

前述の一筆箋にも、「転」はありません。

いつも大変お世話になっております。

先日ご用命を賜りました○○○が完成しましたのでお届けいたします。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

↑これは典型的な「起承結」の構造ですね。

あえて「転」から書き出すのもOK

作文や読書感想文、エッセイなどをより面白いものにするために、あえて「転」を冒頭に持ってくるという方法もあります。

意外なことから書き出して、「えっ、そんなことってあるの?」と読者の興味をひき、そして、冒頭の「転」につながる「起」や「承」を語っていくわけです。

このような「転・起・承・結」という文型もあること、覚えておくとよいですね。

エッセイなどの情緒型文の場合は、「結」はあってもなくてもよい、という感じです。

倒叙法についても知っておこう

現在から過去へ、時間を逆にさかのぼって叙述することを「倒叙法」といいます。

「倒叙ミステリー」というものもあります。
「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」などがそれですね。

まず事件が起こり、犯人が明かされた上で、警察あるいは探偵役が捜査に乗り出し、事件を解決していきます。

犯人とおぼしき人物の行動を分析し、動機を推理するプロセスがたまらなく面白いので、「やったのは、こいつだ」とわかっていても、つい引き込まれて最後まで読んで(見て)しまいますね。

この「倒叙法」というのも、「転」から始める書き方の一種であろうと思います。

「序論→本論→結論」という流れ

ある程度まとまった量の文章を書く場合には、「序論→本論→結論」の3部構成を意識しながら書くと、まとまりがつきます。

学校や会社に提出するレポートの場合も、「序論→本論→結論」の3部構成で論を展開することにより、自分の意見をまとめやすくなります。

ただ、作文やエッセイなどと違い、主観よりも客観性がより重要視されるという点に注意が必要です。

レポート作成における序論→本論→結論。
この3つのパートには、それぞれどのような役割があるのか、見ていきましょう。

【序論/導入部】

・これから述べようとすることの大事な点(論点)を示す。

・その論点に絞った理由、そして、どのような観点から論じていくかを、あらかじめ述べておくことも必要。

【本論/論証部】

・論点に関連する具体例を挙げていく。

・自分が見聞きしたことに加え、重要と思われる資料やデータ、人々の証言を引用するなど、多角的な考察と論証を展開。

・主観的推測と客観的事実を混同しない。

・話に矛盾がなく、論理的に一貫していることが大事。

【結論/主張の要約】

・本論で展開した論証の中でも最も重要な部分を簡潔にまとめ、説得力のある主張(結論)へと導く。

・本論で述べたことの繰り返しに終始するのではなく、一段深めた考察を付加することが望ましい。

・論証により得られたこと(今後の課題、問題解決の方法など)を提案して「結び」とする。

実用文の場合は「結論先行」で

就活や婚活の自己推薦書・志望理由書といった実用文の場合も、「序論→本論→結論」の3部構成が有効です。

ただし、序論はできるだけ簡潔にまとめ、場合によっては省略したほうがよいと思います。

↑実用文においては、「とにかく大事なことから先に述べよ」と求められるからです。

その「大事なこと」というのが、「主張(結論)」です。

結論→その結論を導いた根拠・理由→まとめ

という流れで書いていくとよいですね。

箇条書き+図式化(フローチャート作成)

ビジネスの企画書や報告書は、ざっと目を通しただけで内容を把握できる書き方をすると喜ばれます。

それにはまず、これから述べようとすることをすべて、箇条書きしてみることをおすすめします。

次に、箇条書きした言葉を図式化(フローチャート作成)して、情報をグループ分けしてください。

企画書や報告書の内容により、どのようにグループ分けするかは異なりますが、基本はひとつです。

「現状」

「問題点」

「原因・理由・根拠」

「改善案」

「将来展望」

というように、情報を種類ごとに分け、「同じ種類のものをひとまとめにする」という方法に徹すればいいのです。

このようにして情報を整理することにより、これから述べようとすることの全体像が「見えて」きます。

ロジカルライティングへの第一歩

図式を作り、情報が「見える」ようにすると、いろいろなメリットがあります。

・不足している点がないか、チェックしやすい

・不足している箇所を補い、必要な情報を「もれなく・重複なく」盛り込むことができる

・矛盾点がないか、チェックしやすい

・話の整合性をはかり、論理的な書き方ができる

・説得力がアップする

「箇条書き+図式化」の手法を使って、ロジカルライティングの基礎を固めましょう。

必要な情報を「もれなく・重複なく」盛り込むこと。

矛盾する点がないこと。

この2点は、ロジカルライティング(論理的な書き方)をする上で基本中の基本です。

Sponsored Links

「目理方結」という書き方

図式(フローチャート)の準備が整ったら、それを見ながら文章を書き起こしていきます。
「目理方結」の文型に則して書くと、うまくいきます。

「目」は目的。

「理」は理由。

「方」は方法。

「結」は結論。

この4段構えでいきましょう。

話が行ったり来たりすることのないようにしましょうね。
Aを受けてB、Bを受けてC、Cを受けてDというように、スムーズな流れを作ってください。

そして──

「目理方結」それぞれにおいて、必要な情報が「もれなく・重複なく」盛り込まれている。

「目理方結」それぞれにおいて、矛盾がない。

この2点がクリアされていれば、それはもう立派なロジカルライティングです。

「反論想定」という技法

自分の意見をより説得力のあるものに高める技法のひとつに、「反論想定」というものがあります。

・自分と対立的な立場にある人の意見を紹介する

・そのような意見が生じた理由を明らかにし、批判または否定する

・「以上のことから、自分の意見のほうが正しい」と立証する

小論文や論文などの論述に、この「反論想定」という技法がよく用いられます。

●まとめ

論を展開する流れは自由に作っていくことができます。

基本となるのは「序論→本論→結論」という流れで、「序破急」「起承転結」といったバリエーションがあります。

転から書き出すのもOKですし、結論から先に述べたほうがよい場合もあります。

どんな場合にも決して忘れてはならないことは──

話が行ったり来たりすることなく、流れがスムーズ。

必要な情報が「もれなく・重複なく」盛り込まれている。

矛盾する点がない。

これらに留意して、理路整然とした文を作っていきましょう。

関連記事→文章構成術/雑誌記事の原稿、書籍原稿の場合

Sponsored Links

-文章構成術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロジカルライティング/論理的な文章の書き方

Sponsored Links ビジネスメール、企画書、報告書などを書くなら、相手に伝えたいことが的確に伝わる文にしたいと思いませんか? それができる人は仕事がはかどり、高い評価を得られるでしょう。 …

文章構成術/書く前に考えたい、基本フォーマット12種類

Sponsored Links 文章を作成するうえで欠かせないのが「構成術」です。 どのような流れで話を展開するか、を考えることが必要なんですね。 関連記事→論の組み立て 関連記事→雑誌記事の原稿、書 …

文章構成術/雑誌記事の場合、書籍原稿の場合

Sponsored Links 前項では、「どのような流れで論を展開するとよいか」についてお話ししました。 文章構成術/論の組み立て→ 一筆箋 メール 作文 読書感想文 エッセイ 小説 会社や学校に提 …

文章構成術/パラグラフ(段落)の作り方

Sponsored Links パラグラフ(段落)とは、「あるひとつの話題に絞って述べた文の集まり」のことです。 文章に段落がないと、話の流れを読みづらく、また、内容を把握しづらいので、読者に負担がか …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly