コロケーション

「論を待たない」は誤り、「論を俟たない」が正しい

投稿日:2019年6月4日 更新日:

Sponsored Links

皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか?

たとえば、「論を俟たない」というのもコロケーションで、「あまりに自明のことなので、議論をする必要もない」という意味ですね。

「論を」+「俟たない」

このように前の言葉と後の言葉が自然につながり、結びついているものをコロケーションといいます。

ちなみに、「言を俟たない」というコロケーションもあり、これは「論を俟たない」と同じ意味です。

さらに言うと、「待たない」ではなく「俟たない」と書きます。

「俟つ」には「期待する、任せる」という意味があり、「本人の自覚に俟つ」「今後の研究に俟つ」というように用います。

「待つ」にも「期待する」という意味がありますが、「言を俟たない」「今後に俟つ」とすれば、より適切です。

話を戻すと、コロケーションを数多く知ることにより言葉の世界が広がり、表現の幅も広がります。

その場の状況に応じてタイミングよく使っていけるとよいですね。

コロケーションを口にするなら、もしくは書くなら、「昔から言い習わしてきたとおりに従う」というルールを守ってください。

たとえば、「今後に俟つ」というのはよいのですが、「今後を俟つ」というような言い方はしないほうがよいでしょう。

言うならやはり、「今後に」です。

本来のコロケーションとは微妙にズレた言い方をすると、「あの人は言葉の使い方を知らない。教養がない」と笑われる恐れがあります。

人前で恥をかくことのないようにしなければ!!

このブログでは、日常よく使われるコロケーションを紹介しています。

あなたがこれまで知らずにいた言い回しがきっと見つかるでしょう。

そして、読めば読むほど、「そうか、こういうときはこう言えばいいのか」と新たな発見が増していくと思います。

●「ロ」で始まる言葉のコロケーション

●炉を→切る=囲炉裏を造りつけること

●労に→報いる=そのことに努めた苦労にふさわしいお返しをすること

●労を→多とする=苦労をねぎらい、感謝すること

●労を→執(と)る=他人のために、わざわざあることをする、という意味

●老骨(ろうこつ)に→鞭打つ=老人の身であるにもかかわらず、我が身を励まして事にあたること

●狼藉(ろうぜき)を→働く=秩序を乱すように荒々しく振る舞うこと

●禄(ろく)を→盗む=その役にふさわしい能力などがないのに、高給を受けること

●禄(ろく)を→食(は)む=給金をもらって生活すること

●路頭に→迷う=生活できなくなって困り苦しむこと

●露命(ろめい)を→つなぐ=細々と生活していく、ということ

●呂律(ろれつ)が→回らない=舌がよく動かず、言葉がはっきりしないこと

●論が→分かれる=双方の意見に違いが生じること

●論を→戦わす=互いに激しく意見を述べ合うこと

●論を→展開する=筋道を立てて、自分の考えを言い立てること

●論を→俟(ま)たない=議論の必要がないほど明らかである、ということ

●論陣(ろんじん)を→張る=反論する勢力に対して、弁論を組み立てて展開すること

●論評を→加える=批評すること

●まとめの一言

●労を多とする=苦労をねぎらい、感謝すること

●禄(ろく)を盗む=その役にふさわしい能力などがないのに、高給を受けること

●露命(ろめい)をつなぐ=細々と生活していく、ということ

↑この3つを、私は今回初めて知りました。

言葉の世界は奥が深いので、興味は尽きません。

言葉をたくさん知れば知るほど、話すのも書くのも自由自在になっていきます。

頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。

それに、コロケーションを的確に使えば、くどくど説明しなくても伝わります。

仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

あなたにとって、「これ覚えておこう!!」と思うコロケーションはいくつありましたか?

関連記事→ 輪をかける、輪をかけて、輪をかけた

Sponsored Links

-コロケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

図に当たるのは良いこと、図に乗るのは悪いこと

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

例によって、例に漏れず、ご多分に漏れず

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? たとえば、「例に漏れず」というのもコロケーションで、これは「よくある一般の例と同様に」という意味ですね。 「例 …

黄白は散じるもの?黒白は争うもの? 「読み方もわかんない」という人はこれ読んで

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

二の足を踏む・二の舞を演じる・二の句が継げない、は知っていても、「二の矢が継げない」は知らなかった〜

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

「読みが深い」の反対語は「読みが浅い」ではなく「読みが甘い」

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が自然につながり、結びついていることです。 たとえば、「読み …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly