リテラシー向上

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

投稿日:

Sponsored Links

「馬から落馬する」「顔を洗顔する」というように、同じ意味のことを重ねて言うのは、ちょっと変だと思いませんか。

しかしこのような「重ね言葉」は案外、頻繁に使われています。

日常会話においてはそれでよいのでしょうが、ビジネスシーンやあらたまった場でうっかり使ってしまうことのないよう、気をつけたいと思います。

それにはまず、どんなものが重ね言葉なのかを知ることが必要です。

そして、重ねて言わないようにする方法を知ることです。

以下に、重ね言葉の言い換え例を挙げていきます。ご参考になさってください。

重ね言葉の言い換え例

「1月1日元旦」→「元旦」

「元旦の朝」→「元旦」

「あとで後悔する」→「後悔する」「あとで悔やむ」

「あらかじめ予定する」→「予定する」

「一番最初の」→「最初の」

「いにしえの昔」→「いにしえ」「昔」

「いまだに未解決」→「未解決」

「色が変色する」→「変色する」

「後ろから羽交い締めにする」→「羽交い締めにする」

「沿岸沿い」→「沿岸」

「炎天下のもと」→「炎天下で」

「お体ご自愛ください」→「ご自愛ください」

「思いがけないハプニング」→「ハプニング」「思いがけない出来事」

「加工を加える」→「加工する」「手を加える」

「過大評価しすぎる」→「過大評価する」

「挙式をあげる」→「式をあげる」「挙式をする」

「頭(こうべ)をうなだれる」→「うなだれる」「頭(こうべ)を垂れる」

「最後の追い込みに入る」→「追い込みに入る」

「最後の切り札」→「切り札」

「昨夜来の雨」→「夜来の雨」

「辞意の意向を表明する」→「辞意を表明する」

「借金を抱えた債務者」→「債務者」

「射程距離が長い」→「射程が長い」

「古来より」→「古来」

「従来から」→「従来」

「深刻な恐慌」→「恐慌」「深刻な不況」

「慎重に熟慮する」→「熟慮する」

「尽力を尽くす」→「尽力する」「力を尽くす」

「すべて一任する」→「一任する」「すべて任せる」

「製造メーカー」→「製造業者」「メーカー」

「雪辱を晴らす」→「雪辱を果たす」

「そもそもの発端」→「発端」「そもそも」

「第5番目」→「第5番」「5番目」

「大別すると3種類に分けられる」→「大別すると3種類になる」

「断トツの1位」→「断トツ」「1位」

「単に○○なだけ」→「単に○○」「○○なだけ」

「次の後継者」→「後継者」

「伝言を伝える」→「伝言する」

「途中で中断する」→「中断する」「途中で止める」

「突然卒倒する」→「卒倒する」「突然倒れる」

「犯罪を犯す」→「罪を犯す」

「内定が決まる」→「内定する」

「長引く景気の低迷」→「景気の低迷」「長引く不況」

「捺印を押す」→「捺印する」「印を押す」

「〜にしか過ぎない」→「〜に過ぎない」

「初冠雪をいただいた富士山」→「初冠雪の富士山」

「はっきり断言する」→「断言する」「はっきり言う」

「春一番の風」→「春一番」

「被害をこうむる」→「被害を受ける」

「まず第一に」→「第一に」「まず」

「まだ未完成」→「未完成」

「まだ未解決」→「未解決」

「満天の星空」→「満天の星」

「自ら墓穴を掘る」→「墓穴を掘る」

「みぞれまじり」→「みぞれ」

「最もベストな方法」→「ベストな方法」「最もよい方法」

「もっぱら専念する」→「専念する」

「豊かな富裕層」→「富裕層」

「よけいな贅肉」→「贅肉」「よけいな肉」

「○○より以上に」→「○○よりも」「○○以上に」

「列強諸国」→「列強」「強い力を持つ国々」

「約10分ほど」→「約10分」「10分ほど」

「轍(わだち)の跡」→「轍(わだち)」

Sponsored Links

-リテラシー向上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大和言葉(やまとことば)を使えば、やわらかくやさしい印象に

Sponsored Links 日本語は、話し言葉においても書き言葉においても、漢字・ひらがな・カタカナの3種が入り交じっています。 漢字が多くなると、どうしても硬くギスギスした印象になってしまいます …

文章力の勝利!! 国語が「できる」ようになった子は他の科目も成績が伸びる

Sponsored Links 15歳の国際学力調査「読解力」の育成に課題──と題するニュースをお読みになった方は多いでしょう。 以下、2016年12月6日の各紙記事を基に、内容を要約しました。 『世 …

読解力と記述力アップを目指すなら、悪文こそは最高の教師

Sponsored Links 「神戸まとめの達人運動」に興味をもち、実際に使用されている課題文を拝読しました。 そして私は、あることに気づいたのです。 まず一つは、 読解力をつける方法、そして、伝え …

「理想」の反対語は□□、「流行」の反対語は□□。

Sponsored Links 赤字の反対は黒字。 安全の反対は危険。 というように、多くの語が反対語(対義語)を有しています。 ある言葉とその反対の意味を持つ言葉をふたつセットにして覚えると、ボキャ …

読解力を高める「神戸まとめの達人」

Sponsored Links 「神戸まとめの達人運動」というものがあることをご存じでしょうか。 「まとめの達人」とは、文章を要約する力をつけるための先駆的な取り組みで、神戸市の全市立小中学校(250 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly