読点の打ち方

読点の打ち方を完全マスター!! その4

投稿日:2017年6月5日 更新日:

Sponsored Links

信じられる「読点の打ち方」を、あなたにお教えします。

どこで読点を打ったらいいか。

迷ったときは、次の5点に当てはまるかどうか考えてみてください。

1.語句を対等に並べる場合

例/東京、川崎、横浜、横須賀、三浦の暴走族が一堂に会した。

2.長い修飾語が2つ以上ある場合

例/頭の回転が速くてよく気が利く、この店で一番人気の、優秀な販売員に担当してもらいたい。

3.倒置文の場合

例/だから言ったでしょう、ママが、遊んでばかりいないで勉強しなさいって。

4.重文(主語と述語を持つ文が2つ以上含まれる文)における文の切れ目

例/時が経ち、世間知らずだった少女も大人の女になった。

5.助詞を省いたとき

例/コーヒー、いただきます。

この5点に当てはまらない場合は読点を打っても打たなくても良い、と考えて差し支えないでしょう。

というのが私の意見ですが、中村明著『悪文 裏返し文章読本』にはどう書かれているか、見てみましょう。

●『悪文 裏返し文章読本』が掲げる17項目

中村明著『悪文 裏返し文章読本』では、「読点の打ち方、慣用的なルール」が17項目も挙げられています。

「法則」ではなく「慣用的なルール」としているので、必然的に数が多くなるという点は理解できます。

しかし、そのすべてを頭に入れるのは骨が折れます。

本当に必要な読点はどれなのか、考えてみましょう。

↓(黄色の枠で囲んだ箇所は、当ブログ用に私が加筆しました。)

【読点の打ち方、慣用的なルール】

1. 主題を示したあとに打つ

【例】

この本の内容をむやみに信用することは、〜である。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。

主題を示す部分が短く、述語との距離も小さい場合にはふつう打たない。

【例】

それはあのひと特有のおとぼけだ。

↑そのとおりです。

2. 文の中止するところに打つ

【例】

読者は途中で本を投げ出し、〜した。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。

たとえば「投げ出し逃げた」という書き方をすると誤読を招く恐れがあるので望ましくないが、「投げ出して逃げた」とすれば、読点がなくても読みやすい、というのはそのとおりです。

ただし、「投げ出し」は文が中止する箇所ではないので、読点を打つ理由としてここで挙げられている「文の中止するところに打つ」は妥当ではありません。

文が中止する箇所には句点「。」を打ちます。

3. 並列の関係になっている語句の切れめに打つ

【例】

〜、〜、〜、どれも同じだ。

↑そのとおりです。

4. 条件や理由などを説明して意味を限定することばのあとに打つ

【例】

もし〜だったら、〜。

〜の折に、〜。

〜になったので、〜。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。

たとえば────
もし嫌だったら断ってね。

お暇な折りにいらしてください。

転勤になったので引っ越した。

という書き方をして構わないのです。

5. 途中のいくつかのことばを隔てて修飾する語句のあとに打つ

【例】

じろじろ、ひとの恋人をうらやましそうに見る。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。

例文の場合は、読点なしには読みにくいのですが、「じろじろ他人の恋人を」と書けば読みやすくなります。

6. 接続詞やその働きをする述語のあとに打つ

【例】

したがって、〜である。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。

接続詞のあとに読点を打つ、という決まりはありません。
「したがって不正解である」とすることもできるわけです。

そして誰もいなくなった。

だから私はさみしかった。

だけど平気だ。
というように、接続詞のあとに読点を打たずに文を続けることが可能です。

7. 感動詞のあとに打つ

【例】

やあ、ひさしぶりだなあ。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。

例文の場合は読点なしには読みにくいのですが、
やあ久しぶりだなあ。
と書けば読みやすくなります。

8. 提示したことばのあとに打つ

【例】

〜、それは〜だ。

↑そのとおりです。
「〜、それは〜だ」は一種の倒置文であると考えられます。

9. 修飾部分が長く続く場合、大きな切れめに打つ

【例】

去年の夏のヨーロッパ旅行で安く買った、濃いねずみ色をした冬物のツイードの帽子。

↑そのとおりです。

ただし、例文の場合は、修飾語が長いから読点が必要というよりも、重文の要素を含んでいるために読点が必要になったと考えられます。

述部「買った」の主部は「ある人物」

述部「ねずみ色をした(している)」の主部は「帽子」

と読者は捉えやすく、そのため文意を汲みにくいのです。

「去年の夏のヨーロッパ旅行で安く買った冬物で濃いねずみ色のツイードの帽子」と書き換えれば、多少読みにくいけれども、意味は通じます。

10. 文の成分を倒置した場合、その間に打つ

【例】

〜をした、〜をしながら。

↑そのとおりです。
倒置文には読点が必要です。

11. 文の途中に主部を置いた場合、その前に打つ

【例】

〜を、私は〜した。

↑そのとおりです。
この例文も倒置文です。

12. 助詞を省略した箇所に打つ

【例】

楽しい話、聞かせてください。

↑そのとおりです。
「楽しい話聞かせてください」の「を」の代用として読点が用いられています。

13. 読みの間を示すところに打つ

【例】

じゃん、けん、ぽん。

おぎゃあ、おぎゃあ。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。

読点を打つかどうかは書き手の考えに託される、ということを示す例だと思います。

14. リズムを強調したい場合、五音なり七音なりの切れめに打つ

【例】

ちょいと出ました、三角野郎が、四角四面の、櫓の上で。

↑五音なり七音なり、音の切れめに読点を打つとリズムが強調される、というのは正しいと思います。
しかし例文の場合は、リズムを強調するために読点を打ったというだけでなく、倒置文なので読点を打つ必要があるのです。

15. ことばや考えをかぎ括弧をつけないで引用する場合、引用の範囲を明確にするために打つ

【例】

〜と、書かれている。

〜、と書かれている。

↑上記2例とも、読点が「引用の範囲を明確にする」という役割を果たしていません。
読点を打たずに「〜と書かれている」としても、なんら変わらないのです。

引用の範囲を明確にするには、しかるべき方法をとる必要があります。

(引用した箇所を「 」で括る、「以下『○○』より引用」または「以上『○○』より引用」と明記する、引用文は本文の一文字下げとする、などの方法があります。)

・朗読の際に文意を明晰に伝えようとすると、「と」の前後に軽いポーズを置くことが多い。

・「〜、と、書かれている」とすると、↑の意味で理にかなうが、見かけがうるさい感じになる。

↑そのとおりです。

16. 仮名が続きすぎて読みにくい場合、必要に応じて打つ

【例】

みんなができるだけひとまとまりとして、まとまっていけるように気をくばっていきたい。

↑文意が通じるならば、読点を打たなくても良いでしょう。
とはいえ、書き手は読み手の読解能力を考慮しながら、読点を打つ必要があります。
たとえば、幼児向けの文章を書く場合は、
「さいた さいた さくらが さいた」
というように分かち書きをすることがあります。
大人向けの文章に仮名が続く場合は、
あのときあなたがあんなところにいなければよかった。
とするよりも、
あのとき、あなたが、あんなところにいなければよかった。
と書けば、より読みやすくなります。
例文の場合は、仮名が多いので読点を打たないと読みにくいというよりも、文そのものが読みづらいのです。

できるだけみんながまとまっていけるように気をくばりたい。
とリライトすれば、読点がなくても読みやすいでしょう。

17. 意味があいまいな場合、文意を明確にする目的で、それぞれの文章にあわせて打つ

【例】

コーチは、汗をかきながら猛練習に励む選手を指導している。

コーチは汗をかきながら、猛練習に励む選手を指導している。

↑そのとおりです。

例文は主語と述語が2つある重文構造なので、「汗をかくコーチ」について語る文と、「猛練習に励む選手」について語る文とを読点で区切る必要があります。

文末に再び、コーチの述語として「指導している」という語が登場するのですが、「猛練習に励む選手」と区分けをするために読点を打つ必要はありません。

「猛練習に励む選手を」という語は、「指導している」に掛かる修飾語として機能しています。

●まとめ

中村明著『悪文 裏返し文章読本』が掲げる「読点の打ち方、慣用的なルール・17項目」のうち、本当に読点がほしいところは、8項目のみでした。

より正確にいうと、読点を必要とする理由が重複している項目があるため、少し整理をして、5項目に絞って良いのではないかと思います。

どんな場合に読点を打つべきかについて、現時点では明確なルールが定められておらず、各人の考えに委ねられています。

共通認識や規範はなきに等しい状態なのです。

そのため、誤解を招きやすい文章が日常の随所に散見されます。

読点の打ち方について、必要最低限の規範はあったほうが良いと私は考えます。

そこで皆さんに参考にしてほしいのが、当ブログで提案している5つのポイントです。

【読点を打つべきポイント】

●語句を対等に並べる場合

●長い修飾語が2つ以上ある場合

●倒置文の場合

●重文(主語と述語を持つ文が2つ以上含まれる文)における文の切れ目

●助詞を省いたとき

この5点にあてはまらない場合は読点を打っても打たなくても良い、と考えて差し支えないでしょう。

必要最低限の読点をおさえておけば良いのです。
自分の文章には「、」が多いなあと思う場合は、怖がらずにどんどん省略しちゃっていいと思います。

関連記事→読点の打ち方を完全マスター!! その5

Sponsored Links

-読点の打ち方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読点の打ち方を完全マスター!! その5

Sponsored Links 「読点の打ち方」を完全マスターする方法をお教えします。 文のどこで読点を打ったら良いか。 迷ったときに目安としてほしいのはズバリ、次の5点です。 1.語句を対等に並べる …

読点の打ち方を完全マスター!! その3

Sponsored Links 失敗しない「読点の打ち方」について、前記事に引き続き考えていきます。 どこで読点を打つか。 目安にしてほしいのは次の5点です。 1.語句を対等に並べる場合 例/東京、川 …

読点の打ち方を完全マスター!! その2

Sponsored Links 文のどこで読点を打つべきか。 前記事に引き続き、この問題を考えていきましょう。 読点を打つにあたり、目安としてほしいのは次の5点です。 ●語句を対等に並べる場合 ●長い …

読点の打ち方を完全マスター!! その1

Sponsored Links 文のどこに読点を打つべきか。 この問題について考えてみましょう。 学校で習ったことは、いったん忘れてください。 日本語文法の世界では、読点の打ち方に関するルールがまだ確 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly