暮らし歳時記

1月は睦月(むつき)

投稿日:

Sponsored Links

1月のことを「太郎月」(たろうづき)ということもあるそうです。


「太郎月」というのは人の名前「太郎」からきた月名で、太郎という名はたいてい長男につけるので、「1年の最初の月だから太郎月」というわけですね。

●1月の別名・異称・愛称

睦月(むつき)は、家中が仲良く親しみ合うという意味。

正月(しょうがつ)は、改まった月という意味。

嘉月(かげつ)は、よい月という意味。

睦月、正月、嘉月など、漢字からおおよその意味が伝わるものは親しみが感じられますね。

そのほかにも──

正陽月(しょうようがつ)

年初月(ねんしょげつ)

初陽(しょよう)

芳歳(ほうさい)

発歳(はっさい)

月正(げっしょう)

開歳(かいさい)

甫年(ほねん)

なども1月の別名・異称・愛称です。

関連記事→2月は如月(きさらぎ)

Sponsored Links

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

4月は卯月(うづき)

Sponsored Links ●4月の別名・異称・愛称 4月のことを「卯月(うづき)」とも呼びます。「空木(うつぎ)」=「卯の花」が咲く月という意味です。 そのほか── 余月(よげつ) 陰月(いんげ …

9月9日重陽の節句/菊のパワーで邪気退散・長寿祈願

Sponsored Links 「十日の菊、六日の菖蒲」 (とおかのきく・むいかのあやめ) という故事ことわざがあります。 この一対の語を二つに分けて、 「十日の菊」(とおかのきく) または、 「六日 …

「冬至」と「冬至日」はどう違う?

Sponsored Links 「冬至」と「冬至日」は、似ているけれど別物です。 その違いをご存じでしょうか。 冬至とは、1年で最も昼が短く、最も夜が長くなる日のこと。 冬至日とは、冬至の日の前後約1 …

12月は師走(しわす)

Sponsored Links ●12月の別名・異称・愛称 12月の別名は「師走(しわす)」。禅師のような落ち着いた人物も走り出すほど忙しい時季、という意味です。 極月(ごくげつ)と呼ぶこともあり、こ …

春雨・梅雨・秋雨・氷雨・夕立。雨にまつわる言葉は多彩。日本の降水量は世界平均の約2倍。

Sponsored Links 日本では、四季を通じて雨が降ります。 そこから、雨にまつわる言葉が数多く生み出されました。 春雨、梅雨、秋雨、氷雨、夕立などは、よく知られていますね。 ●春に降るから春 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly