暮らし歳時記

8月は葉月(はづき)

投稿日:

Sponsored Links

●8月の別名・異称・愛称

8月を別名「葉月(はづき)」と言い、これは「桂の葉の月」という意味です。


そこで8月には「桂月(けいげつ)」という別名もあります。

8月は桂の木の葉が紅葉し、そのため月光が明るくなると信じられていたという伝説から、この異称が生まれたそうです。

そこからまた、「月見月(つきみづき)」「観月(かんげつ)」とも呼ばれるようになりました。
明るい光を放つ月を観賞する月、という意味です。

そのほか──

壮月(そうげつ)

素月(そげつ)

仲秋(ちゅうしゅう)

紅染月(べにそめづき)

秋半(しゅうはん)

という呼び名もあり、いずれも旧暦の8月の季節感をあらわしています。

さらには──

雁来月(がんきづき)

燕去月(えんきょづき)

というのもあります。

渡り鳥の雁が飛来し、燕が去って行くという意味ですが、それは旧暦でいう8月には実際にあり得た事象です。

しかし、新暦の今とはひと月以上ずれています。

ずれているといえば、8月なのにもう「迎寒」(げいかん)「寒旦」(かんたん)「白露」(はくろ)などという呼び方をすることもあります。

そう言われても実感が湧きませんね。

でもまあ、8月の暑いさかりに「迎寒」なんて言ってみるのも面白いと思います。
急に涼しくなったような気分を一瞬でも味わえると良いですね。

関連記事→9月は長月(ながつき)

Sponsored Links

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

9月は長月(ながつき)

Sponsored Links ●9月の別名・異称・愛称 「長月(ながつき)」。9月の異称として、最もポピュラーなのはこれでしょう。秋の夜長をあらわしているのですね。 そのほか─ 玄月(くろづき) 祝 …

9月9日重陽の節句/菊のパワーで邪気退散・長寿祈願

Sponsored Links 「十日の菊、六日の菖蒲」 (とおかのきく・むいかのあやめ) という故事ことわざがあります。 この一対の語を二つに分けて、 「十日の菊」(とおかのきく) または、 「六日 …

まずいお米をおいしく炊く方法

Sponsored Links 秋はご飯がおいしい季節です。 採れたての新米が出回るからです。 しかし翌年の4〜5月にもなると、新米といえども味が落ちるようです。 精米後20日間くらいは鮮度を保てると …

海水浴よりもオシャレでネクスト感あるのは海気浴&砂浴

Sponsored Links 8月も半ばを過ぎると海に高波が立ちはじめ、次第に海水浴もむずかしくなるようです。 夏期休暇(お盆休み)は海辺で過ごそうと計画している人も多いと思いますが、高波、うねりな …

秋は衣替えと洗濯、魚の干物づくりに絶好

Sponsored Links 年間を通じて最も雨量が多いのは何月? 答えは、なんと9月で、続いて10月なのだそうです。 「梅雨時よりも9月〜10月のほうが、よく雨が降る」 と言われても、信じない人も …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly