暮らし歳時記

2月は如月(きさらぎ)

投稿日:2022年1月24日 更新日:

2月は1年のうちで最も寒いので、厚着をした上にさらに重ね着をすることから「衣更着」(きさらぎ)と呼ばれていたようです。

「きさらぎ」を「如月」と書くようになったのは一種の宛て字かなと思いますが、「如月」は中国伝来の「2月」を指す言葉で、元は「じょげつ」と読んだのだそうです。

●2月の別名・異称・愛称


陰暦を使っていた当時の2月は、わたしたち現代人が使っている太陽暦でいうところの3月にあたり、春の訪れがそこかしこに感じられる気候だったと思われます。

そこで──

雪消月(ゆきげつき)

梅見月(うめみづき)

初花月(はつはなづき)

とも呼ばれるようになったのですね。風情があります。

仲春(ちゅうしゅん)という呼び方もあります。
これは1月〜3月を春としていた時代の呼称で、「春の真ん中の月」という意味です。

2月は「美しい月」という意味を強調し、

令月(れいげつ)

麗月(れいげつ)

という呼び方もされます。

そのほか──

酣春(かんしゅん)

仲陽(ちゅうよう)

美景(びけい)

令節(れいせつ)

降入(こうにゅう)

華朝(かちょう)

恵風(けいふう)

星鳥(せいちょう)

という別名・異称・愛称がありますが、次第に漢字のむずかしさが増し、意味を読みとりづらいものになっていったようです。

関連記事→3月は弥生(やよい)

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

7月は文月(ふみづき)

●7月の別名・異称・愛称 7月を別名「文月(ふみづき)」と言います。 七夕月(たなばたづき)と呼ぶこともあり、日本では7月7日に七夕祭りが行われるので、そう呼ばれるようになったのでしょうね。 七夕の夜 …

1月は睦月(むつき)

1月のことを「太郎月」(たろうづき)ということもあるそうです。 「太郎月」というのは人の名前「太郎」からきた月名で、太郎という名はたいてい長男につけるので、「1年の最初の月だから太郎月」というわけです …

春雨・梅雨・秋雨・氷雨・夕立。雨にまつわる言葉は多彩。日本の降水量は世界平均の約2倍。

日本では、四季を通じて雨が降ります。 そうした気象ゆえ、雨にまつわる言葉が数多く生み出されました。 たとえば、春雨、梅雨、秋雨、氷雨、夕立などは、広く知られていますね。 ●春に降るから春雨 春雨(はる …

ひな祭り、お雛様をいつまでも飾っておくと婚期を逃すって本当?

3月3日は桃の節句、女の子のお祭りの日ですね。 男子の祭りである端午の節句よりも、桃の節句のほうが、世の中全般が盛り上がっているように感じますが、気のせいでしょうか? いえ、実際にそうですよね。 小さ …

梅雨どきのジメジメ・だるさ解消

日本の年間雨量は、世界平均の約2倍だそうです。 日本列島が、世界有数の多雨地帯(アジアモンスーン地帯)に位置しているためですね。 同じアジアモンスーン地帯でも、インドや東南アジア諸国は雨季と乾季がはっ …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly