読書感想文

読書感想文/『ジョン万次郎の英会話』

投稿日:2022年3月25日 更新日:

『ジョン万次郎の英会話』

幕末1859年、本邦初の本格的な英会話教本が生まれました。

幕府の命を受けた中浜万次郎(ジョン万次郎)によって編まれた『英米対話捷径』(えいべい・たいわ・しょうけい)です。

なかば歴史に埋もれていた『英米対話捷径』が、語学教養書として現代によみがえりました。

この英学史料には、日常英会話フレーズ213が綴られています。(カタカナ発音表記と訳文付)

その213フレーズの中から選りすぐった、特に印象深い15フレーズをご紹介します。

●元祖ジャパングリッシュ・15フレーズ

(1)「掘った芋いじるな」:「What time is it now」今何時ですか?

(2)「幅、ないっすね!」:「Have a nice day」よい一日を!

(3)「知らんぷり」:「Sit down please」すわってください。

(4)「斎藤寝具」:「Sightseeing」観光

(5)「湯飲み?」:「You know me?」私のことを知ってる?

(6)「藁(わら)」:「Water」水

(7)「ハマチ?」:「How much?」いくらですか?

(8)「わしゃ、変」:「Wash your hand」手を洗ってください。

(9)「めっちゃ強いねえ」:「What your name?」名前を教えてください。

(10)「上は10号」:「Where are you go?」どこへ行くの?

(11)「社長はマウス!」:「Shut your mouth」黙れ!

(12)「辛いです」:「Try this」試してみて。

(13)「揚げ豆腐」:「I get off」(バスなどで)降ります。

(14)「親友はゲン」:「See you again」また会いましょう。

(15)「兄移住」:「I need you」あなたが必要です。

●まとめ

今回は、この1冊をご紹介しました。

『ジョン万次郎の英会話』

著者/乾 隆(イヌイ タカシ)

出版社/ジェイ・リサーチ出版 (2010/2/2)

言語/日本語

単行本/224ページ

第1章では、「英語使い」としての万次郎の生涯を追いながら、「彼はどう英語を習得し、どのように英語を使えたのか」を大胆に考察。

第2章「現代版」では、江戸時代の和文・漢文で書かれた原典の内容を現代の活字と語順で完全翻刻。

英文には現代訳も付け、万次郎が記した発音表記と語法を丁寧に解説。

(本文献のカタカナ発音表記に疑問を呈する声も多くありますが、仔細に分析してみると、特異とも思えるカナ表記は音声学的に正当な根拠を有し、現代の英語学習者にも十分役に立つ実用性を備えているとされます)

巻末の「復刻版」では、原典全ページのカラー写真を収録。

付録/原典の全会話フレーズをCDに収録。

『ジョン万次郎の英会話』は、時空を超えて歴史ロマンと語学教養を堪能できる一冊と言えます。

●ちなみに・・・

『英米対話捷径』は幕府の命を受けて編纂された教本で、咸臨丸(かんりんまる)の乗組員も携行したとされます。

咸臨丸は幕府海軍が保有していた軍艦で、日本人が初めて太平洋を往復する際に使用され、また、日米修好通商条約の批准書を交換するために遣米使節団が派遣された際には、正使一行が乗艦するアメリカ軍艦ポーハタン号の随伴艦として派米されました。

そこに、日本人初の通訳・中浜万次郎(ジョン万次郎)や福澤諭吉らも乗っていたのです。

関連記事→読書感想文/ソムリエ言葉と音楽嗜好症

-読書感想文

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読書感想文/おすすめの「文章術本」212冊

文章を書くことに関心のある方は、文章術の本を読むことがよくあるでしょう。 私もずいぶん読みました。 読後も書棚に大切に収納してある本もあれば、処分してしまったもの、図書館の貸出票(全部とってあります) …

読書感想文/凄まじいまでの官能と憂鬱と暴力

ある人が、こう言っていました。 「本を読むなら、登場人物がみんないい人で、ほのぼのした温かい雰囲気で、平和で愛のあるものがいい。やさしい気持ちになれる小説が好き」 ↑この人と同じように感じている方は大 …

読書感想文/日本語を使って考えることの快楽に溺れています

学生時代はよく本を読んだけれど、卒業して社会人になってからは週刊誌を読む程度で、あとはもっぱらネットかな〜 という方は多いようです。 でも、大人になった今こそ、積極的に本を読み、「感想文」を書くことが …

読書感想文/名文・名作たくさん読みたい!!「中島敦」「谷崎潤一郎」「三田文学」

「この本を読んでよかった。出会えて幸せだ」 と強く感動したとき、私はごく短いものですが読書感想文を書くようにしています。 わずか数行のメモであっても、あるとないとでは大きく違います。 自分はこんな本を …

読書感想文/読んでよかった、出会えて幸せ〜の本たち

●本が好き、図書館が好き 私は図書館のヘビーユーザーです。 「これ読んでみたい」と思う本を好きなだけ手にすることができるのは、図書館のおかげだと思っています。 私は横浜に住んでいるので、横浜市立図書館 …

2023/06/29

「を抜き」「は抜き」を改善しよう

2023/06/23

「か抜き」言葉を改善しよう

2022/12/01

「お申し付けください」よりも「仰せ付けください」のほうが良いなあ

2022/08/15

男と女の日常茶飯劇

2022/04/01

ライターが習得した速読法

2022/03/30

「十分」と「充分」に違いはある?

2021/12/26

Kindleペーパーバック出版、私もやってみました。

2021/01/19

「XX時からXX時に行きます」という言い方は、変じゃない?

2020/09/07

主語がなくても通じる、日本語の不思議

2020/08/27

チーママ・オーママ/小ママ・大ママ

2020/02/27

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

2020/02/26

「語尾上げ」しゃべりが癖になっていない?

2020/02/06

TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』に出演しました。

2019/11/29

ものの数え方・73選

2019/11/28

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

2019/11/27

カタカナ語の乱用防止に、この日本語を!!

2019/11/16

「理想」の対義語は□□、「流行」の対義語は□□。

2018/10/18

頭から離れる?離れない? 正しい言い方はどっち!?

2018/09/18

横浜に代々伝わる「ハマ言葉」

2018/09/03

文章構成術/基本フォーマット12種類

2018/03/10

なぞなぞ傑作選・必笑78題

2018/03/09

テープ起こしをすると文章力が高まる!!

2018/03/02

ネガティブなことをポジティブに言い換えるレッスン

2018/02/16

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

2017/10/03

月の呼称/睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走

2017/06/02

読点の打ち方を完全マスター!! ①

2017/05/20

文章力/接続詞の乱用禁止!! 大事な場面で効果的に使おう

2017/05/16

文章力/説明がうまい人は「修飾語」(形容詞・形容動詞・副詞の3点セット)に強い

2017/05/05

悪文リライトにチャレンジしてみませんか

2017/05/04

文章力を高める10の行動。すべて試してみる価値あり!

2017/04/30

混じる?交じる? 漢字の書き分けは、頭をやわらかくする知的なゲーム

2017/04/23

先入感?異和感?それって漢字変換ミス? 同音異義語・同訓異字の落とし穴

2017/04/22

「れ足す言葉」は、くどい、しつこい

2017/04/21

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

2017/04/20

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

2017/04/16

アブない隠語も、正しく覚えれば失敗しない

2017/04/04

ビジネスマナー/尊敬語と謙譲語の使い分け

2017/03/24

日本語の乱れ/あざーす・やばくね? 変な言葉や言い間違いが増えていますね?

2024/04/17

「値上がる」という表現は不適切。名詞を動詞のように使うときは、できるだけ助詞を付けてほしい。

2024/04/15

主語と述語のつながりが微妙にねじれているように感じられる文って、気持ち悪いよ

2024/04/12

「見せる」と「見させる」の違い・「見せて」と「見させて」の違い

2024/04/10

「ご覧になって」の「なって」は省略可

2024/04/09

「万一○○の時は、いつでも力になるよ」、この文はどこか変だと思いませんか?

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly