暮らし歳時記

12月は師走(しわす)

投稿日:

Sponsored Links

●12月の別名・異称・愛称

12月の別名は「師走(しわす)」。
禅師のような落ち着いた人物も走り出すほど忙しい時季、という意味です。

極月(ごくげつ)
と呼ぶこともあり、これは1年の最後の月という意味です。

同じく、1年の最後の月という意味で次のように呼ばれることもあります。

窮月(きゅうげつ)

臘月(ろうげつ)

臈月(ろうげつ)

除月(じょげつ)

そしてさらに──

小歳(しょうさい)

暮歳(ぼさい)

暮節(ぼせつ)

凋年(ちょうねん)

窮紀(きゅうき)

窮稔(きゅうじん)

と呼ぶこともあり、これは「年末」という意味です。

氷月(ひげつ)
というのは、冬の最後の月という意味です。

そのほか──

残冬(ざんとう)

暮冬(ぼとう)

抄冬(しょうとう)

晩冬(ばんとう)

窮冬(きゅうとう)

冬索(とうさく)

梅初月(ばいしょげつ)

春待月(はるまちつき)


なども12月の別名で、やがて訪れる春への期待がこめられています。

ちょっとかわったところで「親子月」(おやこづき)という呼び方もあります。

関連記事→日本の降水量は世界平均の約2倍、雨にまつわる言葉も世界有数の多彩ぶり

Sponsored Links

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏バテ予防のカギは自律神経・睡眠・汗・水・ビタミンB1

Sponsored Links 日本の夏は高温多湿。 そのため、 体がだるい 食欲がない よく眠れない といった不快な症状に悩まされることがあります。 しかし、暑さで体がだるくなるのは、 「あまり動き …

春雨・梅雨・秋雨・氷雨・夕立。雨にまつわる言葉は多彩。日本の降水量は世界平均の約2倍。

Sponsored Links 日本では、四季を通じて雨が降ります。 そこから、雨にまつわる言葉が数多く生み出されました。 春雨、梅雨、秋雨、氷雨、夕立などは、よく知られていますね。 ●春に降るから春 …

9月は長月(ながつき)

Sponsored Links ●9月の別名・異称・愛称 「長月(ながつき)」。9月の異称として、最もポピュラーなのはこれでしょう。秋の夜長をあらわしているのですね。 そのほか─ 玄月(くろづき) 祝 …

ひな祭り、お雛様をいつまでも飾っておくと婚期を逃すって本当?

Sponsored Links 3月3日は桃の節句、女の子のお祭りの日ですね。 男子の祭りである端午の節句よりも、桃の節句のほうが、世の中全般が盛り上がるように感じますが、気のせいでしょうか? いえ、 …

エイプリルフール、上手な嘘のつき方

Sponsored Links エイプリルフール(April Fools’ Day)とは、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のことである。 4月1日の正午までに限るとも言い伝えられ …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly