コロケーション

お茶を濁す?言葉を濁す? この2つはどう違うの!?

投稿日:2018年10月23日 更新日:

Sponsored Links

皆さん、「コロケーション」という言葉を耳にしたことがおありですか?

それは「連語」のこと。

たとえば、「お預けを→食う」「奥の手を→使う」というように、前の語と後ろの語が結びついて1セットになった言葉をコロケーションというんですね。

コロケーションを扱うときのルールはただ1つ。
「昔から言い習わしてきたとおりに従う」ということだけです。

これはもう、耳で覚え、目で覚えるしかありません。

このブログでは、日常よく使われるコロケーションを紹介しています。
これまで知らずにいた言い回しが見つかるでしょう。
読めば読むほど、「そうか、こういうときはこう言えばよかったのか〜」と発見が増すと思います。

コロケーションに親しみ、言葉の世界を広げて、表現力を高めましょう。

●「オ」で始まる言葉のコロケーション


尾を→引く
後を引く、とも言います

尾を→振る
しっぽを振る、とも言います

お預けを→食う

追い討ちを→かける

追い込みに→はいる

追い込みを→かける

往生際が→悪い

王手を→かける(もう少しで勝利を収める段階になること)

大口を→たたく

大台に→乗る
大台を超える、とも言います

大台を→割る

大立ち回りを→演じる(大げんかをすること)

大鉈(おおなた)を→振るう(思い切った大規模な整理をはかること)

大見得(おおみえ)を→切る

大目玉を→食う

奥の手を→使う

おくびにも→出さない
そぶりにも見せない、とも言います

遅れが→出る

遅れを→とる(相手に抜かれる、相手より遅くなること)

おこぼれに→あずかる
おこぼれをいただく、とも言います

お先棒を→かつぐ(軽々しく、人の手先となって働くこと)

お座敷が→かかる(出席するように誘われること)

お里が→知れる

押しが→利く

押しが→強い

お節介を→焼く

遅きに→失した

怖気(おぞけ)を→震う

お題目を→唱える(口先だけで実質の伴わないことを、さもありがたそうに言うこと)
お題目を並べる、とも言います

お高く→留まる

お茶を→いれる
お茶を汲む、とも言います

お茶に→する(仕事の合間に休憩すること)

お茶を→濁す(いい加減なことを言って、その場を適当にごまかすこと)

男が→廃(すた)る(男としての面目がつぶれること)
男を下げる、とも言います

男が→立つ(男としての面目が保たれること)

男を→上げる(何かを成し遂げて、男としての価値や評価を高めること)

落とし前を→つける

お引き立てを→いただく

お百度を→踏む(頼み事を聞き入れてもらうために、同じ人を何度も訪ねること)

尾鰭(おひれ)が→つく(事実以外のことが加わって、話が大袈裟になること)

お迎えが→来る(死ぬこと、あの世へ行くこと)

お目に→かかる

お目に→かける

お目に→留まる

汚名を→雪(すす)ぐ
汚名をそそぐ、とも言います

汚名を→返上する
汚名を挽回する、とは言いません

お眼鏡に→適う

お目玉を→食う
お目玉を頂戴する、とも言います

思いが→叶う

思いが→募る

思いに→沈む

思いに→ふける

思いを→いだく

思いを→いたす(特にあることを取り上げて考えること)

思いを→凝らす(あることを一生懸命考えること)

思いを→託す

思いを→遂げる

思いを→馳せる

思いを→秘める

思いを→巡らす

思いを→寄せる

思う壺に→嵌(は)まる

重きを→置く(重視すること)

重きを→成す(重要な地位や役職にあること)

面(おもて)も→振らず(脇見もせず一心に、ということ)

面(おもて)を→上げる(下を向いていた顔を上げること)

面(おもて)を→冒す(相手の機嫌を損ねること)

折に→ふれて

折を→見て

折り合いが→いい・悪い

折り合いが→つく(お互いに譲り合って妥協すること)

折り紙を→つける(価値や品質などを保証すること)

折り目→正しい(礼儀や行儀作法がきちんとしていること)

終わりを→告げる

終わりを→全うする(最後まできちんとやり遂げること)

恩に→着る
恩に受ける、とも言います

恩を→仇で返す

恩を→売る

恩を→返す

恩を→施す
恩恵を施す、とも言います

恩恵に→浴する

音頭を→とる

Sponsored Links

●まとめの一言

「お茶を濁す」とは、「その場を適当にごまかすために、いい加減なことを言って逃れること」ですね。

「言葉を濁す」というのは、「はっきりと言わずに、あいまいなままにする」という意味です。

「お茶を濁す」と「言葉を濁す」、この2つは似ているようでも同じではありません。
こういうのを「似て非なるもの」と言うんですね。

あなたにとって、「これ初めて知った!! 覚えておきたい!!」と思うコロケーションはいくつありましたか?

関連記事→隠れもない?隠れもしない? 事実はどっちだ!?

Sponsored Links

-コロケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

輪をかける、輪をかけて、輪をかけた

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? たとえば、「輪をかけて」というのもコロケーションで、これは「さらに程度を激しくする」という意味です。 「俺もワ …

身を持って?身を以て 右へ習え?右へ倣え

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありません。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が自 …

心臓に毛が生えている?尻の毛まで抜かれる? あなたの毛はどっちのタイプ!?

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

虫が知らせる?虫が好かない?虫の居所が悪い? 「虫」って霊的な力を持つ存在なの?

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が自然につながり、結びついていることです。 たとえば、「虫の …

「手の平を返すよう」という言葉には、良い意味と悪い意味がある

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly