コロケーション

虫が知らせる?虫が好かない?虫の居所が悪い? 「虫」って霊的な力を持つ存在なの?

投稿日:2019年3月22日 更新日:

Sponsored Links

皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか?

コロケーションとは「連語」のこと。
つまり、語と語が自然につながり、結びついていることです。

たとえば、「虫の居所が悪い」というのもコロケーションです。
これは「機嫌が悪く、ちょっとしたことにもすぐに怒る」という状態を指す言葉です。

虫が知らせる」というのもコロケーションです。
なんとなく事前に察知する」という意味で、「虫が知らせたのか、その日に限って電車を1本遅らせたら事故を免れた」というように使いますね。

「虫」って、どんな虫? 人間の体の中にいるの? もしかするとスピリチュアルな存在?
なぁんて思ってしまうほど、「虫」はいろいろな働きをします。

このブログでは、日常よく使われるコロケーションを紹介しています。
あなたがこれまで知らずにいた言い回しがきっと見つかるでしょう。
そして、読めば読むほど、「そうか、こういうときはこう言えばいいのか」と新たな発見が増していくと思います。

コロケーションを数多く知っていると、言葉の世界が広がり、表現の幅も広がります。
その場の状況に応じて、タイミングよく使っていけるとよいですね。

●「ム」で始まる言葉のコロケーション


無に→帰(き)する=なくなってしまうこと

無に→なる=無駄になる、無意味になる、ということ

向きが→ある=そのような傾向がある、ということ

向きに→なる=ちょっとしたことに本気になり、腹を立てたりすること

向こうに→回す=相手にすること

向こうを→張る=張り合う、対抗すること

虫が→いい=自分勝手でずうずうしいこと

虫が→起こる=子どもがむずがるなどして疳(かん)の状態になること、または、ある衝動が起こること
虫を起こす、とも言います

虫が→納まらない=怒りを抑えられない、ということ

虫が→囓(かじ)る=腹痛が起こること

虫が→嫌う=なんとなく気にくわないこと
虫が好かない、とも言います

虫が→知らせる=なんとなく事前に察知するようなこと

虫が→付く=娘に男ができること
悪い虫が付く、とも言います

虫の→居所が悪い=機嫌が悪く、ちょっとしたことにもすぐ怒る状態にあること

虫も→殺さない=気質がおとなしそうであることの形容

虫を→殺す=癇癪(かんしゃく)が起こるのを抑えて、我慢すること

無駄足を→運ぶ=せっかく出向いていったのに、留守だったりして、その甲斐がないこと
無駄足を踏む、とも言います

無駄口を→利く=必要でもないことを喋ること
無駄口を叩く、とも言います

無駄骨を→折る=苦労した結果が無駄に終わること
「無駄骨」は「徒骨」とも書きます

鞭(むち)を→入れる=牛馬が速く進むようにと、竹や革製の細長い棒で叩くこと

胸が→熱くなる=感動がこみあげてくること

胸が→痛む=あれこれ悩み、つらく思うこと

胸が→一杯になる

胸が→裂ける
胸が張り裂ける、とも言います

胸が→騒ぐ=不安や心配により、心が安らかでなくなること

胸が→すく=心のつかえがなくなり、気持ちがさっぱりすること

胸が→高鳴る

胸に→つかえる=精神的に胸が苦しくなること

胸が→潰(つぶ)れる=ひどく驚くこと、ひどく悲しむこと

胸が→弾む

胸が→晴れる

胸が→焼ける=胃酸過多などのせいで、胃の辺りが焼けるように苦しく感じること

胸が→悪い=気分が悪い、ということ
胸糞が悪い、とも言います

胸に→一物(いちもつ)ある=心の中に、あるたくらみを持つこと

胸に→刻む

胸に→迫る

胸に→畳む=心に秘めて、人に話さないでおくこと

胸に→手を置く=心をしずめて、よく考えること

胸を→打つ

胸を→躍らせる
胸を弾ませる、とも言います

胸を→借りる=実力のある相手に稽古をつけてもらうこと

胸を→焦がす
身を焦がす、とも言います

胸を→突く

胸を→撫で下ろす

胸を→張る=元気があったり、自信満々だったりすること

胸を→冷やす=危険なことに出会って、驚き恐れること
肝(きも)を冷やす、とも言います

胸を→膨らます

無理が→利く=困難ではあるが、押し切って行うことができる、という意味

無理が→たたる=困難なことなどを押し切って行ったことにより、悪い結果が生じる、ということ

無理を→言う

無理を→通す=道理に反した、筋道の通らないことを押し切って進めること

Sponsored Links

●まとめの一言

●虫がいい=自分勝手でずうずうしいこと

●虫が起こる=子どもがむずがるなどして疳(かん)の状態になること、または、ある衝動が起こること
虫を起こす、とも言います

●虫が納まらない=怒りを抑えられない、ということ

●虫が囓(かじ)る=腹痛が起こること

●虫が嫌う=なんとなく気にくわないこと
虫が好かない、とも言います

●虫が知らせる=なんとなく事前に察知するようなこと

●虫が付く=娘に男ができること
悪い虫が付く、とも言います

●虫の居所が悪い=機嫌が悪く、ちょっとしたことにもすぐ怒る状態にあること

●虫も殺さない=気質がおとなしそうであることの形容

●虫を殺す=癇癪(かんしゃく)が起こるのを抑えて、我慢すること

↑「虫」に関連するコロケーションは10種類以上もあります。
その多くが、人間の体内に棲息する「虫」に霊的な力があるかのように示唆しています。
昔から言い習わされてきたことには、一面の真理があるように思います。

さて、あなたにとって、「これ覚えておこう!!」と思うコロケーションはいくつありましたか?

言葉を知れば知るほど、話すのも書くのも自由自在になっていきます。
頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。
仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

関連記事→目を細める、丸くする、回す、三角にする、白黒させる

Sponsored Links

-コロケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

知恵を絞る・脳みそを絞る・脳漿(のうしょう)を絞る、だんだん怖くなるけど意味はどれも同じ

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

口を尖らす?唇を尖らす? それは表情に出すか、態度にあらわすかの違い

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

「埒があかない」と「埒もない」の微妙な違い

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? たとえば、「埒(らち)があかない」というのもコロケーションで、これは「物事の決着がつかない」という意味ですね。 …

輪をかける、輪をかけて、輪をかけた

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? たとえば、「輪をかけて」というのもコロケーションで、これは「さらに程度を激しくする」という意味です。 「俺もワ …

策を講ずる?策を弄する? 札束を積む?札びらを切る? 似ているけど実は違うって知ってた!?

Sponsored Links 皆さん、「コロケーション」って何のことだかご存じですか? コロッケのことでもなければ、立地のことでもありませんよ。 コロケーションとは「連語」のこと。 つまり、語と語が …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly