読書感想文

年とったからこそ、じんとくる本

投稿日:2019年12月19日 更新日:

Sponsored Links

図書館のリサイクルコーナーにあった本を、母に読ませるために持ち帰りました。

『シルバー川柳』という本で、今年88歳の母にちょうどよいと思ったのです。

狙いは的中し、母はクスクス笑いながらページを繰っていました。

「おかんもシルバー川柳つくってみなよ」

と勧めたら、あっという間に4句できました。

●長生きはしたくないね と飲むビタミン

●探しもの 探し疲れた 手の中に

●またやった と嘆く さみしい ひとりごと

●老後にと 貯えかぞえる 今老後

↑母の日常そのままです。

それを母はただ思いつくまま書いたようなので、私は推敲ということを教えましたよ~!

よりよい川柳にするために手を加えることを、私も母と一緒になってやってみたのです。

母の作はまだまだ精進が必要ですが、皆様に見ていただくことで今後の励みになればと思い、いくつか記しました。

これからも母が続々とひねってくれますように。そして、老いのつらさ、悲しさ、さみしさなど、いろいろあっても、すべて笑い飛ばしてほしい。私はそう願っています。

『シルバー川柳』

『シルバー川柳』という本はシリーズ化されて、関連書を含めると、2019年現在10冊以上出ています。

社団法人全国有料老人ホーム協会が主催した「シルバー川柳」投稿コンテストの入選作が本になったのですね。

そして、その第1巻は発売後、たちまち27万部突破のベストセラーとなったそうです。(2013年時点)

27万部とは、すごいですね、

これだけ売れたのもよくわかります。

だって、本当にいい作がたくさんあるからです。

シルバーの皆さんとてもお上手で、ユーモアの年輪を感じさせます。

皮肉と諧謔が身上の川柳ですから、「おもしろうて やがてかなしき」ですね。

それこそ「もののあはれ」です。素晴らしいことだと思います!

『シルバー川柳1・2』の中から、母と私が特に笑った句を9つ、ここに引用させてください。

●振り返り 犬が気遣う 散歩道

●飲み代が 酒から薬に かわる年

●できました 老人会の 青年部

●老の恋 惚れる惚けるも 同じ文字

●妖精と呼ばれた妻が 妖怪に

●注目を 一身に受け 餅食べる

●杖持つと 真似したくなる 座頭市

●オレオレの 詐欺もお手上げ 遠い耳

●厚化粧 笑う亭主は薄毛症

『神坐す山の物語』浅田次郎著

狐憑き、天狗、神隠し、先祖霊など、作家の浅田次郎氏が幼い頃から何度となく耳にした怖いお話。──それは氏の一族に代々伝承される「体験談」で、そうした「実話」を基に、脚色はほんの少し色づけ程度におさえた怪異物語集、それがこの『神坐す山の物語』です。

浅田氏の母方の曾祖父は、験力の強い神官だったんですね。

浅田氏自身も、ちょっとだけ「見える」そうです。

そして、氏語るところの「八百万の神が遍満せる御嶽山」の頂に、江戸時代から続く広大な宿坊があり、それがこの物語の舞台なのだそうです。

その宿坊は今も「山香荘」という名で営まれているとのこと。

いつか行ってみたいような、みたくないような、微妙な感じですが、この本は間違いなく、読んでよかった!です。

たしかな文章で、漢字の使い方もニクいほど的確です。

浅田次郎は「読ませる」作家だと思います。

尊敬しちゃう!

神のお力添えもあるのかしらん?

巻末に、「ロングインタビュー『物語の生まれる場所』」が掲載されています。

インタビューの聞き手を務めた編集者さんも、そうとう力はいってますね。

この一連の話の舞台背景をさらに詳しく、ご自身の言葉で説明なさっています。

「作家 浅田次郎が小説で描く御嶽山の世界観に浸る会」なんていう素敵なツアーも、その編集者さんが企画なさったようですよ。

それにしても、「見える」方って、けっこういらっしゃるんですね。

私の知り合いにも何人かいます。

知り合いの知り合いにまで広げると、さらにその数が増えます。

神社やお寺さんでは、本当に不思議なことが起こるみたいです。

ある方は、見た後には必ず、「かしこみ、かしこみ」と祝詞を唱えるそうです。

「かしこみ」は「畏み畏み」と書くのですね。

畏れ多いものを敬う言葉です。

文藝春秋社の創業者であり、芥川賞・直木賞の設立者でもあった菊池寛氏も、よく「かしこみ、かしこみ」と口にしていらしたようです。

私も文芸の神様に敬意を表し、原稿を書く前に「かしこみ、かしこみ」と唱えるようにしようかな。

●まとめ

今回は、以下の2冊をご紹介しました。

●『シルバー川柳』1・2

●『神坐す山の物語』浅田次郎著

関連記事→読んで泣きそうになった本

【まぐまぐ有料メルマガ始めました】

こちらもどうぞよろしく!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

ミドル&シニアの「官能デート」を楽しむ方法~中高年の恋愛性愛はこんなにもエロティック~

Sponsored Links

-読書感想文

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読書感想文/読んだら終わり、ではなく、何度も楽しめる仕掛けを

Sponsored Links 銀行口座にお金が貯まっていくのは嬉しいものですね。 通帳を見るのが楽しみになります。 図書館の貸出票がたまっていくのも嬉しいものです。 いっぱいたまった貸出票を見て、 …

活字の世界にin(淫)している私

Sponsored Links 【書物をめぐる雑感その1】 昔々、黙読という行為が一般に行なわれるようになると、「本などというものがあるから人は自分の内的世界に引きこもるのだ」と危険視されることもあっ …

人生を変えるかもしれない本

Sponsored Links 「この本を読んでよかった。出会えて幸せだ」と強く感動したときだけ、私はごく短いものですが読書感想文を書くようにしています。 わずか数行のメモであっても、あるとないとでは …

芥川賞or直木賞受賞の、気になる作家・気になる小説

Sponsored Links 私はどちらかというと古い小説を読むことが多く、最近の若い作家のことはほとんど知りません。 たまに芥川賞受賞作を読む程度で、直木賞まではとても手が回りません。 今回ここに …

読書感想文/読むように味わう写真集&脳内スクリーンに映し出すように読む書籍

Sponsored Links 「この本を読んで、こう感じた」 と思いつくまま書き出していくと、それも読書習慣の一部となります。 どんな本を読み、どんなことを考え、どこに感動したのか。その記録を残すこ …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly