言葉エッセイ

書く仕事人/ライターの日々一喜一憂

投稿日:2020年8月28日 更新日:

Sponsored Links

【文章力の伸び悩みをブレイクスルー】

「メールやSNSを活用しているから、文章を書くことには慣れている」

「書くことは苦手ではないし下手でもないと思うけど、レベルアップできる方法があるなら知りたい」

──内心そうお考えの方は多いようです。

「書けば書くほど上達する」というのは嘘ではありませんが、毎日書き続けてもさしたる進歩の見られない、いわゆる停滞期にはまることって必ずあるんですよね。

でも大丈夫。

伸び悩みをブレイクスルーする良い方法があります。

それは、他人が書いた文章を書き直してみること。

読みにくいと感じる文に接したら、どこをどう直せばより読みやすくなるかを考えてみてください。

紙とペンを用いずに、頭の中で文を組み立て直すだけで良いので、いつでもどこでもできます。

新聞、雑誌、書籍の中にも、読みづらく理解に苦しむ文は散見されます。

理解できないのは自分がばかだから、なんて思わずに、「こういうわかりづらい文を書く人のほうこそ頭が悪いんだ」と強気の姿勢でリライトに臨んでください。

リライトという作業は、さほどむずかしいものではありません。

自分の欠点には気づかなくても、他人の欠点はやたらと目につきます。

そこをいじって、ちょっと手当てをしてやるといいのです。

他人の文をリライトすることを繰り返していると、いつしか驚くほど筆力向上し、一読でスッと伝わる明晰な文が書けるようになっています。

他人のふり見て我がふり直せ、という言葉どおりの好結果を素早く得られるわけです。

【リライト仕事に潜む意外な可能性】

書籍原稿の校正やリライトをさせていただくと、紙面(PCの場合は画面)が真っ赤になります。

朱入れ箇所が多いからです。

それを著者さんに見ていただき、ご了承を願うのですが、そのまますんなりOKを頂戴できることもあれば、著者さんがあれこれ加筆修正をなさることもあります。

そうなると、とりまとめ役の編集者さんは大変です。

「なんで最初からそう書いてくれなかったのよ~」と言いたくなるでしょうね(言えないけど)。

リライト担当の私としては、ちょっと嬉しい。

リライト文を読んだ著者さんの頭の中で、言いたいことの言語化がより進んだ、と感じるからです。

ライターが著者に会って取材インタビューをしなくても、読者に伝えるべきメッセージを引き出すことはできるのだと、新たな発見をしたようでウキウキ気分になります。

【書評サイト「BOOK WALKER」「honto」に、ほんとにありがとう】

拙著『言いたいことが伝わる上手な文章の書き方』に寄せられた読者レビューをあらためて拝読しています。

甘口もあれば辛口もあり、いずれも真摯に受け止めます。

意外だったのは、アマゾンだけでなく「BOOK WALKER」や「honto」というサイトにも多数のレビューが掲載されていることです。

私ぜんぜん知らずにいました。

今はじめて気づいて感謝感謝。ありがとうございます。

https://bookwalker.jp/ded32726d9-b40c-4717-83e6-bcd9af105811/

https://honto.jp/netstore/pd-book_27557706.html

【Amazon読者レビューに反論したい】

拙著『言いたいことが伝わる上手な文章の書き方』はAmazonレビュー16本を頂戴し、うち13本は星5つという好成績です。

ところが最近、なんと星2つの辛口コメントをいただいちゃいました。

そのレビュアーさんの主張は筆者にもよく理解できます。

要するに、初歩的なことばかり説かずに、もっと高度な文章術を教えられるもんなら教えてみろよ~ということだと思うのです。

高度な文章術については、またの機会にたっぷりさせていただくとして、このレビュアーさんがお書きになった文の一部がとーっても気にかかりました。

【レビュー原文】

(『言いたいことが伝わる上手な文章の書き方』という本が)1500円とは言え、帰り道のローソンでデザートいくつ選べたよ、ってお話でございます。

こういう悪文は放っておけません。

Amazonレビュー欄は著者がレスポンスできる仕組みになっていないため、当ブログで反論を述べさせていただきます。

【リライトしましたよ】

たかが1500円とはいえ、これを買わなければ帰り道のローソンでデザートいくつも選べたよ、って話でございます。

「いくつ」と「いくつも」──たった一文字の違いで意味は大きく変化するのです。

文章術の基本を忘れてはいけませんよね。

基本をしっかりとおさえ、自由に使いこなせるようになってこそ、くずす、遊ぶなどの応用をすることができます。

拙著はそのあたりのことを詳しく解説しておりますので、できればどうぞ再読なさって、今後にお役立ていただきたいと思います。

追記

「帰り道のローソンでデザートいくつ選べたよ?」とするなら、意味するところが伝わります。

どーだ、わかったか!!

関連記事→祖父母・父母・私・子供・孫──世代が変われば言葉も変わる

Sponsored Links

-言葉エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

活字文化の水準とクォリティを保つために心がけたい2、3のこと

Sponsored Links 電子書籍は、出版社を通さなくても出版することができます。 個人、ことに無名の個人が電子書籍を出す場合は、出版社の編集者が介在することはほとんどありません。 電子書籍の著 …

落語×小説家=言文一致体(現在の書き言葉の起源)

Sponsored Links 今の気分にフィットする文を書きたい。 時代の空気にあわせて、新しい表現を生み出したい。 ──と私は思っています。 思い切っていろんな書き方をしたいなあ。 文章だってバリ …

クリエイティブな推敲をしよう

Sponsored Links 文章を書く際に、文法的なミスやマナー違反をおかしてしまうことはよくあります。 100%完璧な文章を書こうとしても、無理があります。 100%完璧な人などいない、というの …

祖父母・父母・私・子・孫──世代が変われば言葉も変わる

Sponsored Links 私は昭和30年代の生まれで、昭和ひとけた生まれの両親と明治生まれの祖父母が口にする言葉を耳にして育ちました。 思い返すに、祖父母の会話はいつもこんな調子でした。 (祖母 …

電子書籍と紙の書籍、それぞれのメリット・デメリットを著者の立場で考えてみました

Sponsored Links 電子書籍の市場には、プロの作家やイラストレーターや写真家のみならず、出版に関してはまったくの素人も参入しています。 誰もが自分の作品を世に出すチャンスを与えられているの …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly