リテラシー向上

ことわざ・故事成句 これだけは知っておきたい PART3

投稿日:2024年3月4日 更新日:

「ことわざ」というものは日常の会話や文章の中でもよく使われますね。
それは遠い昔から今に伝わる由緒ある事柄で、特に中国の古典に記された逸話から選りすぐって「故事成語」または「故事成句」としたものが語り継がれているようです。
聞いたことはあるけど、意味はよくわからない。ということはありませんでしたか? わざわざ辞書を引くほどではないし……と、そのままにしていませんか?
だとしたら、よい機会ですから、この先を読んでみてください。
これだけは知っておきたい、基本的と思われる「ことわざ」をリストアップします。

ことわざ・故事成句 これだけは知っておきたい・PART3

●泥中の蓮(でいちゅうのはちす)
=汚れた世の中にあっても、悪いものに染まらず清らかで美しい心、また、清廉で潔い人物のたとえ。(蓮は汚い泥の中で清らかな花を開くところから)

●出る杭(くい)は打たれる
=才知に長けた人が頭角をあらわすのは自然の成り行きだが、とかく妬まれがちであること。また、出過ぎた振る舞いをする者は人の憎しみを買い、往々にして制裁を受けることをいう。

●灯台下(もと)暗し
=身近な事柄は、かえって分かりにくいこと。

●豆腐に鎹(かすがい)
=何を言ってもしても、まるで手応えがなく、効き目のないこと。

●年寄りの冷や水(ひやみず)
=自分の歳もわきまえずに若い人の真似をすると碌なことがない、ということ。身に余ることを、あえてする愚かしさをいう。

●鳶(とび)が鷹(たか)を生む
=平凡な親からすぐれた子が生まれることをいう。

●捕(と)らぬ狸(たぬき)の皮算用(かわざんよう)
=どうなるか分からないことに期待をかけすぎること。

●泥縄(どろなわ)
=「泥棒を見て縄を綯(な)う」の略で、事が起こってから慌てること。

●団栗(どんぐり)の背競べ(せいくらべ)
=いずれも平凡で、特にすぐれた者がいない状態。

●虎の威を借る狐(とらのいをかるきつね)
=力のない者が、強い者の権勢を頼みにして威張ること。

●長いものには巻かれろ
=権力のある者に対しては、おとなしく従っていたほうが得策である、という意味。

●泣き面(つら)に蜂(はち)
=不運に見舞われた人に、さらに不幸や苦痛が重なること。

●情けは人のためならず
=人に情をかけておけば(親切にしておけば)、その良い行ないが巡り巡って自分に返ってくること。

●七転び八起き(ななころびやおき)
=七回転んで八回起きるというように、度重なる失敗にも屈せずに奮起すること。人生とは失敗と成功の連続であることを指す。

●二兎(にと)を追う者は一兎(いっと)をも得ず
=二つのことを同時にしようとすれば、両方とも成功しない、という意味。

●二度あることは三度ある
=物事や出来事は繰り返す傾向がある、ということ。

●濡れ手で粟(あわ)
=労せずして幸運をつかむこと。濡れた手で粟をつかめば粟粒がたくさんついてくるように、たいして苦労もせずに多くの利益を得ること。易々と金儲けをすること。(濡れ手に「泡」とするのは間違い)

●猫に鰹節(かつおぶし)
=猫のそばに、その好物の鰹節を置けば、たちまち取って食われてしまうことから、油断できないこと、危険であることのたとえ。

●猫に小判(こばん)
=猫に小判(金銭)を持たせても遣いようがないように、価値のある物でも持つ人によってはその値打ちが分からず、何の役にも立たないこと。

●寝た子を起こす
=不必要なことをすること。静かにおさまっている物事によけいな手出しをして、問題を起こすことのたとえ。

●寝耳(ねみみ)に水
=不意の出来事や知らせに驚くこと。

●能(のう)ある鷹(たか)は爪(つめ)を隠す
=実力のある者ほど、自らそれを外に示そうとしない、ということ。

●手前味噌(てまえみそ)
=自家製の味噌を独特の味があると自慢する意から、自分で自分のことを誉めること。自慢。うぬぼれ。自画自賛。

●馬脚(ばきゃく)を露(あらわ)す
=誤魔化しがばれてしまうこと。

●花より団子(だんご)
=風流よりも実利のほうを優先すること。外見よりも実質を尊ぶこと。

●庇(ひさし)を貸して母屋(おもや)をとられる
=自分の所有物の一部を貸しただけなのに、しまいには全部とられてしまうこと。保護してやった相手から、恩を仇で返されること。

●人と屏風(びょうぶ)は直(すぐ)には立たぬ
=人も屏風と同じで、自分を曲げて屈するようにしないと世渡りは難しい、ということ。

●人の褌(ふんどし)で相撲(すもう)をとる
=他人を利用して自分の目的を果たすこと。

●人を呪わば穴二つ
=人に害を与えれば、自分もまた害を受けることになる、という意味。

●瓢箪(ひょうたん)から駒(こま)が出る
=意外なことから意外な効果が生まれること。ふざけて言ったことが実現することのたとえ。

●覆水(ふくすい)盆(ぼん)に返らず
=一度してしまったことは、もはや元には戻せない、取り返しがつかない、ということ。

●刎頸(ふんけい)の交わり
=生死をともにし、首をはねられても心を変えないほどの親しい交わりをいう。

●墨守(ぼくしゅ)
=頑固に自説を持ち続けること。

●仏(ほとけ)の顔も三度
=仏のように温和な人も、道理にはずれたことをたびたびされるとついには怒る、ということ。

●先ず隗(かい)より始めよ
=事を起こすには、先ず自分自身が始めなさい。人に言いつける前に自分が積極的に着手せよ、という意味。

●木乃伊(みいら)とりが木乃伊になる
=ミイラを取りに行った者が、目的を果たせずに命を失い、自分がミイラになってしまう。人を連れ戻しに行った者が先方に留まったまま戻らない。意見しようとした者が反対に説得されてしまう。というように、相手に働きかけようとした者が、逆に相手に取りこまれてしまうことのたとえ。

●三日天下(みっかてんか)
=成功や栄華が、ごく短い間しか続かないこと。

●六日(むいか)の菖蒲(あやめ)十日(とおか)の菊
=時機に遅れてしまい、いまさら役に立たないこと。
五月五日は端午(たんご)の節句で菖蒲を、九月九日は重陽(ちょうよう)の節句で菊を、家に飾ったり、薬玉にして酒に浸したものを飲んだり、風呂の湯に浸して入浴したりすることが風習であることから。

●餅は餅屋
=お餅はお餅屋さんで搗いたものがいちばん美味しいのだから、その分野のことはその道の専門家に任せたほうがうまくいく、という意味。

●焼け石に水
=焼け石に水を少しばかりかけてもすぐ蒸発してしまうように、わずかな努力や援助では何の役にも立たない、という意味。

●柳に雪折れなし
=柳の枝は雪が積もっても、しなって振り落とすために折れることがない。このように、柔軟なものは堅剛なものよりも、よく事に耐えるということ。

●藪(やぶ)から棒
=藪の中からいきなり棒を突き出されたら、ぎょっとして立ちすくむように、唐突で思いがけぬことをいう。

●類は友を呼ぶ
=気の合う者同士は自然と寄り集まる、ということ。

●渡る世間に鬼はない
=世の中には無情な人ばかりがいるのではなく、困ったときには助けてくれる情け深い人もいるものだ、ということ。

●割れ鍋(われなべ)に綴じ蓋(とじぶた)
=似たもの同士のこと。
欠けた鍋、ひびが入った鍋にも、相応の修理した蓋がある。どんな人にもその人にふさわしい相手がいる、ということ。また、男女それぞれに欠点があるという点で似通った二人が所帯をもって共に暮らしていることのたとえ。

関連記事→カタカナ語を日本語に変換してみよう

-リテラシー向上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ものの数え方・73選

1つ・2つ・3つ…… 1個・2個・3個…… 上記のように「つ」や「個」は、ものを数えるときに使える便利な語で、これを「助数詞」と言います。 そのほかにも、日本語には実に多くの助数詞があります。 たとえ …

読解力を高める「神戸まとめの達人」

「神戸まとめの達人運動」というものがあることをご存じでしょうか。 「まとめの達人」とは、文章を要約する力をつけるための先駆的な取り組みで、神戸市の全市立小中学校(250校)で推進されているそうです。( …

四字熟語&故事成語の読み方(と意味)PART2

四字熟語&故事成語の読み方(と意味)PART2 ●ア行 暗中模索(あんちゅうもさく)(暗中摸索とも書く)→手掛かりのないまま、いろいろなことを試みること。 唯々諾々(いいだくだく)→事のよしあしにかか …

ことわざ・故事成句 これだけは知っておきたい PART2

「ことわざ」というものは日常の会話や文章の中でもよく使われますね。それは遠い昔から今に伝わる由緒ある事柄で、特に中国の古典に記された逸話から選りすぐって「故事成語」または「故事成句」としたものが語り継 …

「うすっぺらい」ではなく「うすっぺらだ」

形容詞なのか、形容動詞なのか 形容詞の末尾は「い」、形容動詞の末尾は「な・だ」 というのが原則です。 ですから、「キモい」「エロい」「グロい」という新語(珍語?)は、語尾が「い」なので、一応は形容詞な …

2023/06/29

「を抜き」「は抜き」を改善しよう

2023/06/23

「か抜き」言葉を改善しよう

2022/12/01

「お申し付けください」よりも「仰せ付けください」のほうが良いなあ

2022/08/15

男と女の日常茶飯劇

2022/04/01

ライターが習得した速読法

2022/03/30

「十分」と「充分」に違いはある?

2021/12/26

Kindleペーパーバック出版、私もやってみました。

2021/01/19

「XX時からXX時に行きます」という言い方は、変じゃない?

2020/09/07

主語がなくても通じる、日本語の不思議

2020/08/27

チーママ・オーママ/小ママ・大ママ

2020/02/27

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

2020/02/26

「語尾上げ」しゃべりが癖になっていない?

2020/02/06

TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』に出演しました。

2019/11/29

ものの数え方・73選

2019/11/28

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

2019/11/27

カタカナ語の乱用防止に、この日本語を!!

2019/11/16

「理想」の対義語は□□、「流行」の対義語は□□。

2018/10/18

頭から離れる?離れない? 正しい言い方はどっち!?

2018/09/18

横浜に代々伝わる「ハマ言葉」

2018/09/03

文章構成術/基本フォーマット12種類

2018/03/10

なぞなぞ傑作選・必笑78題

2018/03/09

テープ起こしをすると文章力が高まる!!

2018/03/02

ネガティブなことをポジティブに言い換えるレッスン

2018/02/16

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

2017/10/03

月の呼称/睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走

2017/06/02

読点の打ち方を完全マスター!! ①

2017/05/20

文章力/接続詞の乱用禁止!! 大事な場面で効果的に使おう

2017/05/16

文章力/説明がうまい人は「修飾語」(形容詞・形容動詞・副詞の3点セット)に強い

2017/05/05

悪文リライトにチャレンジしてみませんか

2017/05/04

文章力を高める10の行動。すべて試してみる価値あり!

2017/04/30

混じる?交じる? 漢字の書き分けは、頭をやわらかくする知的なゲーム

2017/04/23

先入感?異和感?それって漢字変換ミス? 同音異義語・同訓異字の落とし穴

2017/04/22

「れ足す言葉」は、くどい、しつこい

2017/04/21

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

2017/04/20

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

2017/04/16

アブない隠語も、正しく覚えれば失敗しない

2017/04/04

ビジネスマナー/尊敬語と謙譲語の使い分け

2017/03/24

日本語の乱れ/あざーす・やばくね? 変な言葉や言い間違いが増えていますね?

2024/04/17

「値上がる」という表現は不適切。名詞を動詞のように使うときは、できるだけ助詞を付けてほしい。

2024/04/15

主語と述語のつながりが微妙にねじれているように感じられる文って、気持ち悪いよ

2024/04/12

「見せる」と「見させる」の違い・「見せて」と「見させて」の違い

2024/04/10

「ご覧になって」の「なって」は省略可

2024/04/09

「万一○○の時は、いつでも力になるよ」、この文はどこか変だと思いませんか?

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly