コロケーション

お茶を濁す?言葉を濁す? この2つはどう違うの!?

投稿日:2018年10月23日 更新日:

皆さんは「コロケーション」という言葉を耳にしたことがおありですか?

それは「連語」のこと。

前の語と後ろの語が結びついて1セットになったものをコロケーションというんですね。

たとえば、「お茶を濁す」

「お茶を濁す」とは、「その場を適当にごまかすために、いい加減なことを言って逃れること」ですね。

「言葉を濁す」というのは、「はっきりと言わずに、あいまいなままにする」という意味です。

「お茶を濁す」と「言葉を濁す」、この2つは似ているようでも同じではありません。

 

「お預けを食う」

「奥の手を使う」

というのもコロケーションです。

コロケーションに親しんで言葉の世界を広げ、表現力を高めましょう。

コロケーションを扱うときのルールはただ1つ。
「昔から言い習わしてきたとおりに従う」ということだけです。

これはもう、耳で覚え、目で覚えるしかありません。

このブログでは、日常よく使われるコロケーションを紹介しています。

これまで知らずにいた言い回しが見つかるでしょう。

読めば読むほど、「そうか、こういうときはこう言えばよかったのか〜」と発見が増すと思います。

●「オ」で始まるコロケーション

尾を→引く
後(あと)を引く、とも言います

尾を→振る
しっぽを振る、とも言います

お預けを→食う

追い討ちを→かける

追い込みに→はいる

追い込みを→かける

往生際が→悪い

王手を→かける(もう少しで勝利を収める段階になること)

大口を→たたく

大台に→乗る
大台を超える、とも言います

大台を→割る

大立ち回りを→演じる(大げんかをすること)

大鉈(おおなた)を→振るう(思い切った大規模な整理をはかること)

大見得(おおみえ)を→切る

大目玉を→食う

奥の手を→使う

おくびにも→出さない
そぶりにも見せない、とも言います

遅れが→出る

遅れを→とる(相手に抜かれる、相手より遅くなること)

おこぼれに→あずかる
おこぼれをいただく、とも言います

お先棒を→かつぐ(軽々しく、人の手先となって働くこと)

お座敷が→かかる(出席するように誘われること)

お里が→知れる

押しが→利く

押しが→強い

お節介を→焼く

遅きに→失した

怖気(おぞけ)を→震う

お題目を→唱える(口先だけで実質の伴わないことを、さもありがたそうに言うこと)
お題目を並べる、とも言います

お高く→留まる

お茶を→いれる
お茶を汲む、とも言います

お茶に→する(仕事の合間に休憩すること)

お茶を→濁す(いい加減なことを言って、その場を適当にごまかすこと)

男が→廃(すた)る(男としての面目がつぶれること)
男を下げる、とも言います

男が→立つ(男としての面目が保たれること)

男を→上げる(何かを成し遂げて、男としての価値や評価を高めること)

落とし前を→つける

お引き立てを→いただく

お百度を→踏む(頼み事を聞き入れてもらうために、同じ人を何度も訪ねること)

尾鰭(おひれ)が→つく(事実以外のことが加わって、話が大袈裟になること)

お迎えが→来る(死ぬこと、あの世へ行くこと)

お目に→かかる

お目に→かける

お目に→留まる

汚名を→雪(すす)ぐ
汚名をそそぐ、とも言います

汚名を→返上する
汚名を挽回する、とは言いません

お眼鏡に→適う

お目玉を→食う
お目玉を頂戴する、とも言います

思いが→叶う

思いが→募る

思いに→沈む

思いに→ふける

思いを→いだく

思いを→いたす(特にあることを取り上げて考えること)

思いを→凝らす(あることを一生懸命考えること)

思いを→託す

思いを→遂げる

思いを→馳せる

思いを→秘める

思いを→巡らす

思いを→寄せる

思う壺に→嵌(は)まる

重きを→置く(重視すること)

重きを→成す(重要な地位や役職にあること)

面(おもて)も→振らず(脇見もせず一心に、ということ)

面(おもて)を→上げる(下を向いていた顔を上げること)

面(おもて)を→冒す(相手の機嫌を損ねること)

折に→ふれて

折を→見て

折り合いが→いい・悪い

折り合いが→つく(お互いに譲り合って妥協すること)

折り紙を→つける(価値や品質などを保証すること)

折り目→正しい(礼儀や行儀作法がきちんとしていること)

終わりを→告げる

終わりを→全うする(最後まできちんとやり遂げること)

恩に→着る
恩に受ける、とも言います

恩を→仇で返す

恩を→売る

恩を→返す

恩を→施す
恩恵を施す、とも言います

恩恵に→浴する

音頭を→とる

●まとめの一言

「お茶を濁す」とは、「その場を適当にごまかすために、いい加減なことを言って逃れること」ですね。

「言葉を濁す」というのは、「はっきりと言わずに、あいまいなままにする」という意味です。

「お茶を濁す」と「言葉を濁す」、この2つは似ているようでも同じではありません。
こういうのを「似て非なるもの」と言うんですね。

あなたにとって、「これ初めて知った!! 覚えておきたい!!」と思うコロケーションはいくつありましたか?

関連記事→隠れもない?隠れもしない? 事実はどっちだ!?

-コロケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「理屈に合う」=「理に適う」ですが、「理屈に適う」とは言いません

皆さんは「コロケーション」って何のことかご存じですか? たとえば、「理屈に合う」「理に適う」というのもコロケーションで、これは「物事の正しい筋道に合致している。論理的にいって正しい。正論である」という …

「流れに棹(さお)差す」って、時流に逆らうこと? それとも時流に乗ること?

皆さんは「コロケーション」って何のことかご存じですか? コロケーションとは「連語」のこと。語と語を結びつけて作られた、ひと続きの言葉です。 たとえば、「流れに棹(さお)差す」というのもコロケーションで …

「埒があかない」と「埒もない」の微妙な違い

皆さんは「コロケーション」って何のことかご存じですか? コロケーションというのはたとえば、「埒(らち)があかない」というのもそのひとつで、これは「物事の決着がつかない」という意味ですね。 「決着がつか …

役不足、役者不足、力不足

皆さんは「コロケーション」って何のことかご存じですか? コロケーションとは「連語」のこと。 語と語を結びつけて作られた、ひと続きの言葉です。 たとえば、「役者が揃う」というのもコロケーションです。 「 …

隠れもない?隠れもしない? 事実はどっちだ!?

皆さんは「コロケーション」って何のことかご存じですか? それは「連語」のこと。 語と語を結びつけて作られた、ひと続きの言葉です。 たとえば、隠れもない。 意味は「よく知られていること」。「あの人が天才 …

2023/06/29

「を抜き」「は抜き」を改善しよう

2023/06/23

「か抜き」言葉を改善しよう

2022/12/01

「お申し付けください」よりも「仰せ付けください」のほうが良いなあ

2022/08/15

男と女の日常茶飯劇

2022/04/01

ライターが習得した速読法

2022/03/30

「十分」と「充分」に違いはある?

2021/12/26

Kindleペーパーバック出版、私もやってみました。

2021/01/19

「XX時からXX時に行きます」という言い方は、変じゃない?

2020/09/07

主語がなくても通じる、日本語の不思議

2020/08/27

チーママ・オーママ/小ママ・大ママ

2020/02/27

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

2020/02/26

「語尾上げ」しゃべりが癖になっていない?

2020/02/06

TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』に出演しました。

2019/11/29

ものの数え方・73選

2019/11/28

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

2019/11/27

カタカナ語の乱用防止に、この日本語を!!

2019/11/16

「理想」の対義語は□□、「流行」の対義語は□□。

2018/10/18

頭から離れる?離れない? 正しい言い方はどっち!?

2018/09/18

横浜に代々伝わる「ハマ言葉」

2018/09/03

文章構成術/基本フォーマット12種類

2018/03/10

なぞなぞ傑作選・必笑78題

2018/03/09

テープ起こしをすると文章力が高まる!!

2018/03/02

ネガティブなことをポジティブに言い換えるレッスン

2018/02/16

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

2017/10/03

月の呼称/睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走

2017/06/02

読点の打ち方を完全マスター!! ①

2017/05/20

文章力/接続詞の乱用禁止!! 大事な場面で効果的に使おう

2017/05/16

文章力/説明がうまい人は「修飾語」(形容詞・形容動詞・副詞の3点セット)に強い

2017/05/05

悪文リライトにチャレンジしてみませんか

2017/05/04

文章力を高める10の行動。すべて試してみる価値あり!

2017/04/30

混じる?交じる? 漢字の書き分けは、頭をやわらかくする知的なゲーム

2017/04/23

先入感?異和感?それって漢字変換ミス? 同音異義語・同訓異字の落とし穴

2017/04/22

「れ足す言葉」は、くどい、しつこい

2017/04/21

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

2017/04/20

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

2017/04/16

アブない隠語も、正しく覚えれば失敗しない

2017/04/04

ビジネスマナー/尊敬語と謙譲語の使い分け

2017/03/24

日本語の乱れ/あざーす・やばくね? 変な言葉や言い間違いが増えていますね?

2024/04/17

「値上がる」という表現は不適切。名詞を動詞のように使うときは、できるだけ助詞を付けてほしい。

2024/04/15

主語と述語のつながりが微妙にねじれているように感じられる文って、気持ち悪いよ

2024/04/12

「見せる」と「見させる」の違い・「見せて」と「見させて」の違い

2024/04/10

「ご覧になって」の「なって」は省略可

2024/04/09

「万一○○の時は、いつでも力になるよ」、この文はどこか変だと思いませんか?

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly