暮らし歳時記

10月は神無月(かんなづき)

投稿日:2022年1月24日 更新日:

●10月の別名・異称・愛称

10月の別名は「神無月(かんなづき)」または「神去月(かみさりづき)」です。

全国各地にいらっしゃる八百萬の神が、年に一度、出雲の地で開催される大集会へお出かけになり、お留守になるから、とされています。


神々が集まる出雲の地においては、「神在月」(かみありづき)となります。

そのほかにも、10月は神様に縁のある異称がいろいろとあります。

雷無月(かむなしづき)

鎮祭月(ちんさいげつ)

鏡祭月(きょうさいげつ)

さらに──

陽月(ようげつ)

良月(りょうげつ)

大月(たいげつ)

吉月(きちげつ)

など、縁起の良い呼び名が多数あります。

そしてさらに──

上冬(じょうとう)

開冬(かいとう)

立冬(りっとう)

小春(しょうしゅん)

というのもあります。

旧暦では、10月から冬が始まるとされていますが、冬が始まったばかりなのに、もう春の字を用いるところが面白いですね。
日本人は案外、気が短くてせっかちな性分なのかもしれません。

関連記事→11月は霜月(しもつき)

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

細雪、牡丹雪、春の雪、雪の華、と雪の呼称いろいろ

日本は雪の多い国です。 沖縄やその周辺の島々は別として、雪が積もったことなど一度もないという地域はまったくといっていいほどないでしょう。 1年の半分を雪にとざされる地域もあり、雪が降り積もれば屋根の雪 …

快晴・晴れ・曇り・薄曇り。天気は雲によって決まる。雲のことをもっと知りたい。

雲がまったくない青空ならば「快晴」。 雲の量が、10点満点で1程度のときも「快晴」に分類される。 雲の量が2〜8ならば「晴れ」。 9〜10になると「曇り」。 同じ曇りでも、雲の大部分が上空5〜13キロ …

三寒四温、身体を内側から温めて乗り切ろう

暦の上では「3月いっぱいで春が終わる」とされています。 しかし実際の暮らしにおいては、春が終わるどころか、3月も終わりに近づいてようやく春の訪れが感じられます。 ●寒い日が3日続いた後に、暖かい日が4 …

6月は水無月(みなづき)

●6月の別名・異称・愛称 6月のことを別名「水無月(みなづき)」といい、水の月という意味です。水月(みなづき)と書いてもよいそうです。 ↑水があってもなくても「みなづき」と読み、「水の月」であるとして …

12月は師走(しわす)

●12月の別名・異称・愛称 12月の別名は「師走(しわす)」です。禅師のような落ち着いた人物も走り出すほど忙しい時季、という意味です。 極月(ごくげつ)と呼ぶこともあり、これは1年の最後の月という意味 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly