暮らし歳時記

9月は長月(ながつき)

投稿日:2022年1月24日 更新日:

●9月の別名・異称・愛称

「長月(ながつき)」
9月の異称として、最もポピュラーなのはこれでしょう。
秋の夜長をあらわしているのですね。

そのほか─

玄月(くろづき)

祝月(いわいづき)

詠月(ながめづき)

も9月の呼び名です。

そして季節柄、8月の異称には菊にまつわるものがいくつかあります。

菊月(きくづき)

菊開月(きくさきづき)

その昔、菊は不老長寿の霊薬とされていて、菊や月を愛でながら歌を詠むことが人々の喜びだったようです。

さらに──

竹酔月(ちくすいげつ)

寝覚月(ねざめづき)

青女月(せいじょげつ)

色取月(いろとりづき)

など、9月には洒落た異称がいろいろとあります。

紅葉月(もみじづき)
というのも素敵です。ちょっと気が早いようですが、1ヶ月後には紅葉の季節となることから、こう呼ばれます。

そしてさらに──

晩秋(ばんしゅう)

季秋(きしゅう)

窮秋(きゅうしゅう)

残秋(ざんしゅう)

高秋(こうしゅう)

暮秋(ぼしゅう)

という呼び名もあり、移ろいゆく季節の名残が感じられます。

関連記事→10月は神無月(かんなづき)

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

三寒四温、身体を内側から温めて乗り切ろう

暦の上では「3月いっぱいで春が終わる」とされています。 しかし実際の暮らしにおいては、春が終わるどころか、3月も終わりに近づいてようやく春の訪れが感じられます。 ●寒い日が3日続いた後に、暖かい日が4 …

秋は衣替えと洗濯、魚の干物づくりに絶好

年間を通じて最も雨量が多いのは何月? 答えは、なんと9月です。 続いて雨が多いのは10月、なのだそうです。 「梅雨時よりも9月〜10月のほうが、よく雨が降る」 と言われても、信じない人もいるかもしれま …

10月31日ハロウィーン、幸せを呼ぶ魔法の呪文を唱えたい

10月のことを別名「神無月」(かんなづき)といいます。 10月は年に一度の神様大集会が出雲の地で開催され、八百萬の神がお集まりになるため、全国各地で神々が不在となる。だから神無月というわけですね。 ( …

カレーは薬膳。スパイスが胃腸を癒やして活力増進。

夏はカレーがおいしい季節。 うまい!! 辛い!! アツい!! 滝のように流れ出る汗!! でもおいしいからやめられない!! 食後はなぜかすっきり爽快〜〜たくさん汗をかいたからですね。 汗をかくと、汗が蒸 …

四季折々の季語の世界

世界で一番短い文学。 それは俳句です。 俳句(はいく)とは、五・七・五の十七音でつくられる定型詩で、 十七文字(じゅうしちもじ) 十七音(じゅうしちおん) 十七語(じゅうしちもご) とも呼ばれます。 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly