文章構成術

文章構成術/パラグラフ(段落)の作り方

投稿日:2018年8月12日 更新日:

Sponsored Links

パラグラフ(段落)とは、「あるひとつの話題に絞って述べた文の集まり」のことです。

文章に段落がないと、話の流れを読みづらく、また、内容を把握しづらいので、読者に負担がかかります。

「この話はこれでおしまい。一段落つけて、次に行きますよ」

と読み手にうまく伝えられるようになるといいですね。

今回は、上手な段落の作り方についてご説明したいと思います。

●1つの段落をどれくらいの長さにするのが適切か


段落とは本来、関連性のある文をひとまとめにするために設けるものなので、長短は問いません。

ひとつのことを語りきるまでに、文をいくつも連ねる必要があるならば、そのようにしていいのです。

段落を区切る必要があるのは、話題を転換するときです。

といっても、1つの段落が長々と続くと、読者に飽きられてしまいます。

そこで──

「Aグループの中でも1に関することは1の段落で」

「2に関することは2の段落で」

というように、情報をできるだけ整理して書き、適度なボリュームで段落を改めることをおすすめします。

「情報伝達を目的とする実用文の場合は、1つの段落を3〜5つの文で構成し、全体で200文字前後におさめるのが適切」

といわれています。

5文以内でひとつのことを語り切り、次にまた新たな段落を設けて、5文以内でひとつのことを語り切る。
というようにしていくといいのですね。

●段落をいくつ設けるのが適切か


文全体に段落をいくつ設けると適切かは、ケースバイケースです。

「序破急」の展開で書く短文ならば、3つの段落でよいでしょう。

「起承転結」の展開で書くならば、少なくとも4つの段落が必要です。

序破急

導入部

展開や転換が起きる

結末

起承転結

これから述べることの総意を簡潔に伝える

具体例を挙げるなどして、「起」を補足する

話題や視点を変える

「転」で述べたことを踏まえて、結論を述べる

序論→本論→結論

という流れにすると読みやすくわかりやすい文になる、ということですね。

「序破急」も「起承転結」も基本構造は同じです。

「序破急だから3つの文、起承転結だから4つの文」というわけではなく、複数の文を連ねることがほとんどです。

3文(または5文)を超え、その話題に関することはすべて語りきったなら、段落を改めて次の話題に進む。

というようにするとよいですね。

「Aグループの中でも1に関することは1の段落で」「2に関することは2の段落で」というように、情報をできるだけ細かく仕分けして、ひとかたまりずつ書いていくことをおすすめします。
そうすれば、読み手にとって読みやすく、伝わりやすい文になります。

Sponsored Links

●段落と段落をうまくつなぐには


段落と段落のつながりを意識することも大事です。

・話が行ったり来たりすることなく、流れがスムーズ

・内容に矛盾がなく、首尾一貫している

↑この2点をクリアして、理路整然とした文にしていきましょう。

具体的にどうすればよいかというと──

1.マクロ視点から全体を俯瞰しながら書く。

2.文全体の中で最も強調したい部分(中核部)を決める。

3.中核部を中心として、論拠を示す文を配置し、中核部を補強していく。

↑中核部を補強するには──

・例示/中核部を詳しく説明しうる具体例や類似例、または数字データを挙げる

・比較・対照/視点を転じて、反対例を挙げる

・念押し/中核部で訴えたかったことのエッセンスを、最後にもう一度繰り返す

などの方法があります。

↑このときに注意してほしいのは──

・段落ごとに論点をひとつに絞る

・論点と関係のないことは一切書かない

・話題や視点が変わるときは新しい段落を立てる

ということです。

●まとめ


「情報を整理し、段落ごとに話をまとめる」ということを意識して書いていきましょう。

最初からうまくいくことはほとんどなく、とっ散らかった文になってしまう場合もあるでしょうが、あまり気にすることはありません。
少し時間をおいて読み返し、手直しすればよいのです。

パソコンのコピー&ペースト機能を使えば、文の並べ替えが簡単にできます。
段落ごとズボッと入れ替えることも可能です。

・話が行ったり来たりすることなく、流れがスムーズ

・内容に矛盾がなく、首尾一貫している

そんな素敵な文にしていくことができます。

蛇足ながら、新たに段落を作るときは、「改行」をして、次の行の冒頭を「一文字下げる」というのがお約束です。

ただ、ネット上の文では頻繁に「改行」がなされることが多いので、必ずしも「次の行の冒頭を一文字下げる」必要はないようです。

関連記事→基本フォーマット12種類

Sponsored Links

-文章構成術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロジカルライティング/論理的な文章の書き方

Sponsored Links ビジネスメール、企画書、報告書などを書くなら、相手に伝えたいことが的確に伝わる文にしたいと思いませんか? それができる人は仕事がはかどり、高い評価を得られるでしょう。 …

文章構成術/雑誌記事の場合、書籍原稿の場合

Sponsored Links 前項では、「どのような流れで論を展開するとよいか」についてお話ししました。 文章構成術/論の組み立て→ 一筆箋 メール 作文 読書感想文 エッセイ 小説 会社や学校に提 …

文章構成術/書く前に考えたい、基本フォーマット12種類

Sponsored Links 文章を作成するうえで欠かせないのが「構成術」です。 どのような流れで話を展開するか、を考えることが必要なんですね。 関連記事→論の組み立て 関連記事→雑誌記事の原稿、書 …

文章構成術/論の組み立て

Sponsored Links ●一筆箋の書き方 贈り物をするとき、または仕事上の書類を送るときなど、ちょっとしたメッセージを添えておくとよいですね。 そんなときに重宝するのが、一筆箋です。 一筆箋の …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly