文章力アップ

必要な「てにをは」を省いてはいけない

投稿日:2018年10月6日 更新日:

Sponsored Links

わずか一文字の助詞「て・に・を・は」が、文章全体を支配することがあります。

それほど重要な存在であるにもかかわらず、しかもたった一文字か二文字であるにもかかわらず、「より簡単にしよう」という意識が働くのか、助詞を省略してしまうことがよくあります。

助詞を省略すると、カジュアルで親しみやすい文になりますね。

でも、きちんとした印象を残したいなら、助詞を省略しないほうがよい場合もあるのです。

【例文】

「もう恋なんかしない。男に懲りた」など心にもないことを言っているうち、年とって、誰にも相手にされない女になっちゃいそう。

できればもっと自分に素直になりたいよ。

本当は、若いイケメン新入社員の彼とすれ違うたび、胸がドキドキするんだもん。

【改善例】

「もう恋なんかしない。男に懲りた」など心にもないことを言っているうち、年とって、誰にも相手にされない女になっちゃいそう。

できればもっと自分に素直になりたいよ。

本当は、若いイケメン新入社員の彼とすれ違うたび、胸がドキドキするんだもん。

●できれば助詞を省略しないほうが良い、という例

【例 文】私はあなたのように大胆になれない。

【改善例】私はあなたのように大胆になれない。

【例 文】パーティを開こうと突然言われても、急に支度できません。

【改善例】パーティを開こうと突然言われても、急に支度できません。

【例 文】来たことない、豪華なホテルだわ。

【改善例】来たことない、豪華なホテルだわ。

【例 文】あいつは酒癖も女癖も悪くて、周囲からつまはじきされていた。

【改善例】あいつは酒癖も女癖も悪くて、周囲からつまはじきされていた。

【例 文】ふたりの愛だけで一生やっていけない。

【改善例】ふたりの愛だけで一生やっていけない。

【例 文】お金だけでも一生やっていけない。

【改善例】お金だけでも、一生やっていけない。

●助詞や接続詞を適切に使おうね、という例

【例 文】そんな人だって思わなかった。

【改善例】そんな人だとは思わなかった。

【例 文】今月分の家賃は、来月末までに待ってもらおう。

【改善例】今月分の家賃は、来月末まで待ってもらおう。

【例 文】今月分の家賃は、来月15日まで持っていきます。

【改善例】今月分の家賃は、来月15日まで持っていきます。

【例 文】15日まで、利息は1,000円です。

【改善例】15日まで、利息は1,000円です。

【例 文】すぐ持って行ったところ、利息を1,500円とられた。

【改善例】すぐに持って行った。ところが、利息を1,500円とられた。

【例 文】うちの母は、いまだにパソコンをいじったことがない。

【改善例】うちの母は、いまだパソコンをいじったことがない。

【例 文】うちは、いまだ電子レンジを持っていません。

【改善例】うちは、いまだに電子レンジを持っていません。

●では、ここでクイズです。


【例文】

私は、平日にジョギングをしません。

<質問>

・平日でなければ、ジョギングをするのでしょうか?

1.する
2.しない
3.どちらともいえない

(正解はおそらく、3)

【例文】

私は、平日はジョギングはしません。

<質問>

・平日も、ジョギング以外の運動ならするのでしょうか?

1.する
2.しない
3.どちらともいえない

(正解はおそらく、3)

【例文】

私は、平日にはジョギングもしません。

<質問>

・平日にはジョギングをはじめとして運動は一切しない、ということでしょうか?

1.そのとおり
2.そうではない
3.どちらともいえない

(正解はおそらく、1)

休日は別として、平日はまったく運動をしないということならば──

【改善例1】

私は、平日にはジョギングや運動の類いはしません。

【改善例2】

私は、平日の運動は一切いたしません。

↑というようにすれば、言わんとしていることが確実に伝わります。

関連記事→文章力/接続詞の乱用禁止!! ここぞという場面で効果的に使おう

Sponsored Links

-文章力アップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章力/「主語」と「述語」の取り扱い

Sponsored Links 主語と述語を明確に示す。 主語と述語を適切に対応させる。 ↑この2つは、文章を書く上でとても大事です。 しかし、主語を省略しても意味が通じる文にすることができます。 た …

文章を書いた後は必ず「推敲」を

Sponsored Links 私はじっくりと考えをまとめてから書くのではなく、考えながら書き、書きながら考えています。 今この場でも、考えることと書くことを同時進行しています。 手指を使って文字盤キ …

文章力/主語と述語の「ねじれ」に注意

Sponsored Links 「メールではうまく伝わらない」 「SNS投稿したら、思わぬ誤解をされた」 という経験をしたことはありませんか。 ちょっとした行き違いからトラブルが生じることもあるので、 …

文章力/「の」という言葉

Sponsored Links 会話でも文章でも、「の」を連発されると、理解しづらいものです。 「の」と「の」の間が短ければ、まだいいのです。↓ 「私の前の彼氏の近所のコンビニの1番目の棚の上の缶コー …

テープ起こしをすると文章力が高まる!!

Sponsored Links 私の職業は、ライターです。 仕事は主に、書籍や雑誌の原稿を書くことですが、書くにあたってはまず、人に会ってお話を伺い、録音させてもらった内容を文字にすることから始めます …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly