ビジネスマナー

ビジネスマナー/言葉の遣い方を知らない人は損をする

投稿日:2017年3月27日 更新日:

Sponsored Links

言葉遣いから多くのものが伝わっていきます。

知性や教養のレベル、育った環境まで、なんとなくわかってしまうのです。

ビジネスにおいても、マナーとして覚えておきたいことは多種多様にありますが、まずは言葉の遣い方をマスターすることが大事、と私は思います。

たとえば──

おあいにくさま。

とんでもございません。

めっそうもございません。

申し訳ございません。

↑これらは日常的によく耳にする言葉ですが、実は誤った言葉遣いだということを、あなたはご存じでしょうか。

おあいにくさま

「生憎(あいにく)」という言葉は、

相手の希望に応じられず申し訳がない、

という気持ちを表します。

「あいにく、ただいま品切れでございます」

「あいにくなことですが、社長は出かけております」

というように遣いますね。

「あいにく」という言葉を丁寧に表現しようとすると、

「おあいにく」「おあいにくさま」

となりますが、これは往々にして、皮肉をこめて遣われることが多いようです。↓

「おあいにくさま、そうはいきませんよ」

というように。

「お」や「さま」がついたからといって、なんて丁重な物言いだろうなどと感心していてはいけないのです。

「おあいにくさまでございますが、そのご要望にはお応えしかねます」

と、やんわり断られたら、それは「さっさと帰んな」という意味なのだと思ってください。
知らずにいると損をします。

とんでもございません

こんな私でも、たまに人に誉められたりすることがあります。

そういうとき、私はいつも、「とんでもない」などと謙遜してみせます。

「とんでもない、っていう今の言い方、ちょっとぶっきらぼうだったかな。もっと丁寧に言えばよかったかな」

などと、いじいじ考えてしまうこともあります。
小心者なんですね、私は。

「とんでもない」を丁寧に言うとしたら、「とんでもありません」「とんでもございません」となるのでしょうか。

それは広く遣われている言い方で、『明鏡国語辞典』では「文法的に誤った表現ではない」とされています。

けれども私は、──「とんでもない」という表現こそが正しいのではないか、と思っています。

丁寧に言いたいときは、「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」とするべき

──と、どこかで読んだこともあります。

「とんでもありません」と言って正しいのか、正しくないのか。
──どっちつかずの言葉ですね。

ならば私は、「とんでもない」で通していこうと思うのですが、文法的な正否を確かめる拠り所がないのは心細いことです。

めっそうもございません

「とんでもない」と同じ意味の言葉に、「滅相(めっそう)もない」という語があります。

これを丁寧に言うとしたら、「めっそうもありません」「めっそうもございません」と言い換えればよいのでしょうか。

「それは文法的に誤っている」という見解を持つ人にいわせると、

正しくは、「めっそうもないことです」「めっそうもないことでございます」

となるそうです。

「めっそうもありません」なんていう言葉は、日本語に造詣の深い人の耳には、いかにも調子っぱずれで不快な響きなのでしょうね。

「滅相」という語を辞書で引くと、

「とんでもないさま。程度のはなはだしいさま」

と意味が示されたそのあとに、用例として「滅相もない」という言葉が紹介されています。
ですから、

「滅相もない」と言い切って、決して間違った言葉遣いではないのです。

「滅相もありません」

「滅相もございません」

という言い方は、辞書のどこを探しても出ていません。

ならば、↑その言葉遣いは適切とはいえない、と解釈するのがよさそうです。

Sponsored Links

申し訳ございません


深くお詫びをすべき場面で、

「すみません」

「ごめんなさい」

と言ったのでは、軽々しい感じになってしまい、反省していることが伝わりません。

そこで、

「申し訳ありません」

「申し訳ございません」

となるのですが、この言い方は果たして正しいのでしょうか。

「誤表現ではない」とする人もいれば、

「正しくは、申し訳がありません・申し訳がございません、とするべきだ」

と主張する人もいます。

私は後者の見解に共感を覚えています。

この場合、言葉の基本形は「申し訳がない」です。

「申し訳が」の「が」を抜いて「申し訳ない」とするのは、いってみればまあ、基本形のカジュアル化でしょう。

普段は「申し訳ない」でよいのです。
改まった場で、この言葉を遣うなら、

「申し訳がありません」「申し訳がございません」

「申し訳がないことです」

と、きちんと言えることが望ましいと私は思います。

そのほうが断然カッコいい!!

●まとめの一言

言葉のマナーについて、私たちはよく知っているようで案外知らないものです。

「この言い方でいいのかな」と疑問が頭をもたげたときは、辞書で確認するようにしましょう。

先述のとおり、言葉の専門家の間でもいろいろと意見が分かれているようですが、少なくとも、辞書に記載されている言葉であるならば、自信をもって口にしてよさそうです。

関連記事→ビジネスマナー/言い間違いに気をつけよう

Sponsored Links

-ビジネスマナー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ビジネス&接客マナー、頼りになる店員・ならない店員の見分け方

Sponsored Links きちんと敬語が遣えるかどうかは、その人物の仕事の力量を量るうえで一つの目安となります。 それはもう誰が何と言おうと、揺るがすことのできない事実であると思います。 私がな …

それって意味違うでしょ!!と言いたくなる「語の誤用」or「書き間違い」

Sponsored Links 書き間違いをしやすい語はたくさんあります。 おかげで、私もずいぶんと恥をかいてきました。 ひょっとするとあなたも、知らずに恥をかいているかもしれません。 たとえばの話で …

ビジネスマナー/言い間違いに気をつけよう

Sponsored Links 日常的によく耳にする言葉であっても、実は誤った言葉遣いだということが、よくあります。 たとえば「取り込む」と「立て込む」。 ↑このふたつは、どちらが正しい言葉遣いなので …

社会人・会社人に必須の「マナーをわきまえた表現」75パターン

Sponsored Links 前記事は「好印象を与える定番フレーズ」、つまり社交辞令について、でした。 前記事→日常のさまざまな場面で使える! 憶えておきたい社交辞令200フレーズ 社交辞令を頭の中 …

ビジネスマナー/尊敬語と謙譲語の使い分け

Sponsored Links 敬語をきちんと遣える人は仕事もできる。 と私は思っています。 入社試験の面接においても、どれだけ敬語を的確に遣えるかを試験官は見ているのではないでしょうか。 あなたの敬 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly