文章構成術

文章構成術/書籍原稿の場合

投稿日:

Sponsored Links

本を書くときの文章構成術

書籍原稿を執筆するにあたっては、まず全体の構成(骨組み)をきちんと組み立てることが大切です。

ビジネス書など、ノンフィクションものの書籍原稿はたいてい、 次のようになっています。

●単行本1冊あたり、4〜10の章を設けるのが適量

●各章のはじめに「扉ページ」を設け、そこにリード文を書く

●各章とも、「章」→「節」→「項」という3段構えで構成する

●本文ひとかたまりごとに「見出し」をつけて、読みやすくする

本の目次を「分析」してみよう

書籍の目次を見ると、「章→節→項」の構造がよくわかります。

一例として、拙著『言いたいことが伝わる上手な文章の書き方』の第1章の構造を見てみましょう。

【章タイトル】

第1章 この文章は、どこがおかしい?

【章扉のリード文】

理解に苦しむ「悪文」を書き換えてみよう

私たちがふだん目にするブログやSNS、雑誌、新聞、書籍、新聞にも、意味がよくわからない「難解な文」がいくつも見つかります。
むずかしい内容だから理解できないのではなく、言葉の使い方が適切でないために、理解に苦しむ文になっているのです。
そういう「悪文」こそ、筆力向上をはかる良い教材となります。

【第1章・第1節の見出し】

「誰が何をしたのか」が、わかりにくい文章例

【第1章・第2節の見出し】

読めば読むほど理解に苦しむ悪文例

【第1章・第3節の見出し】

書かれていなければ、読者にはわからない

【第1章・第4節の見出し】

誤解を誘う、まぎらわしい表現

【第1章・第5節の見出し】

読者の推理によって、意味が変わる文章

↑第1節〜第5節のそれぞれに、いくつか「項」(本文)が設けてあり、

●例文

●ここが残念!!

●改善例

●解説

●補足

といった小見出しがついています。

(ご興味のある方はぜひご購読を!!)

関連記事→段落(パラグラフ)の作り方

Sponsored Links

-文章構成術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章構成術/論の組み立て

Sponsored Links ●一筆箋の書き方 贈り物をするとき、または仕事上の書類を送るときなど、ちょっとしたメッセージを添えておくとよいですね。 そんなときに重宝するのが、一筆箋です。 一筆箋の …

文章構成術/雑誌記事の場合

Sponsored Links 前項では、「どのような流れで論を展開するとよいか」についてお話ししました。 文章構成術/論の組み立て→ 一筆箋 メール 作文 読書感想文 エッセイ 小説 会社や学校に提 …

文章構成術/基本フォーマット12種類

Sponsored Links 文章を作成するうえで欠かせないのが「構成術」です。 どのような流れで話を展開するか、を考えることが必要なんですね。 もちろん、思いつくままに書いていってよいのですが、基 …

文章構成術/パラグラフ(段落)の作り方

Sponsored Links パラグラフ(段落)とは、「あるひとつの話題に絞って述べた文の集まり」のことです。 文章に段落がないと、話の流れを読みづらく、また、内容を把握しづらいので、読者に負担がか …

「序論→本論→結論」という流れ

Sponsored Links ある程度まとまった量の文章を書く場合には、「序論→本論→結論」という3部構成を意識しながら書くと、まとまりがつきます。 学校や会社に提出するレポートの場合も、「序論→本 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly