文章力アップ

文章力/助詞を完璧に使いこなす女子「伊豆の踊子」

投稿日:2017年5月19日 更新日:

Sponsored Links
「日本語を正確に使いこなせるかどうかは、助詞をどれだけ使いこなせるかにかかっている」

という説があります。

まさしくそのとおりだと思います。

今回は、助詞を使いこなす方法を探ってみましょう。

───────────────

助詞の中でも殊に「が」の出番は多く、しかも、「が」を「は」に置き換えて意味がそう変わらない場合が多々あります。

そのいっぽうで、「が」を「は」にすると、意味がまるで違ってしまう場合もあります。

「が」と「は」の使い分けはむずかしいのです。

それを神業ともいえる高度なテクニックで使いこなしている好例をご紹介します。
川端康成『伊豆の踊子』の一節です。

●伊豆の踊子

【引用】

踊子やはり唇をきっと閉じたまま一方を見つめていた。

縄梯子(なわばしご)に捉(つか)まろうとして振り返った時、さよならを言おうとしたが、それも止(よ)して、もう一ぺんただうなずいて見せた。

<質問>

・さよならを言おうとして止したのは誰ですか?

1.「私」
2.「踊子」
3.この文中には示されていない人

(正解はおそらく、2)

<質問>

・もう一ぺんただうなずいて見せたのは誰ですか?

1.「私」
2.「踊子」
3.この文中には示されていない人

(正解はおそらく、2)

<解説>


・作者川端康成は「私は」ではなく私がと書いています。

・「私は」ではなく「私が」としたことにより、その後の文の意味が決定づけられています。

「踊子やはり唇をきっと閉じたまま一方を見つめていた。

(そして踊子は)、私縄梯子に捉まろうとして振り返った時、さよならを言おうとしたが、それも止して、もう一ぺんただうなずいて見せた」

と読むのが適切だと思われます。

もしもこれが、「私は」だったなら、さよならを言おうとして止したのも、もう一ぺんただうなずいて見せたのも、「私」がしたことと解釈するのが妥当でしょう。

(私縄梯子に捉まろうとして振り返った時、さよならを言おうとしたが、それも止して、もう一ぺんただうなずいて見せた。)

↑このようになります。

<補足>

・例文の冒頭部分は、「踊子はやはり」となっていますから、踊子がどのような状態だったか、すでに前の文で説明されているのでしょう。

・相手がすでに知っていると思われる情報を示すときには「」を用い、相手がまだ知らないであろう情報を示すときには「」を用いる、というのは、あくまでも目安です。

・読者にとって未知の情報であっても、「〜は」という表現こそ適切だという場合は多々あります。
(例/アップル社のみなさん、こんにちは。私創業者のスティーブ・ジョブズと申します。)
(↑「私スティーブ・ジョブズと申します」という表現は適切ではありません)

●まとめ


『伊豆の踊子』は、「が」と「は」の使い分けが絶妙でした。

助詞を的確に使いこなす女子は素敵です。
助詞を的確に使いこなす男子も素敵です。

関連記事→「てにをは」の使い方を間違えると意味不明の文になる

Sponsored Links

-文章力アップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章力/形容詞は「い」、形容動詞は「な・だ」

Sponsored Links 「自分はこんなふうに感じた」と、リアルな実感を伝えたい。 ──この欲求をかなえるために、私たちは無意識のうちに、あるものを使っています。 そのあるものとは、形容詞と形容 …

文章力/「で」という助詞

Sponsored Links 助詞「で」の正しい使い方をご存じですか? 知っているといないとでは、会話力にも文章力にも大きな差がつきます。 今回は徹底的に「で」にこだわってみましょう。 聞いてよし読 …

テープ起こしをすると文章力が高まる!!

Sponsored Links 私の職業はライターです。 仕事は主に、書籍や雑誌の原稿を書くことですが、書くにあたってはまず、人に会ってお話を伺い、録音させてもらった内容を文字起こしすることから始めま …

文章力/読みにくい文を読みやすくするコツ

Sponsored Links 書けば書くほど、うまくなる。 人の書いた文章を修正させてもらうと、さらにうまくなる。 ↑これは私がライター生活の中で掴んだ実感です。 ライター歴たかだか20年の者が文章 …

文章力/「〜が」「〜ですが」の「が」について

Sponsored Links 「誰々が、何々だが、何々が、何々したが」というように「が」を繰り返し使うと、会話であれ文章であれ、相手はきっと、聞きづらい(読みづらい)と感じるでしょう。 「が」は助詞 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly