リテラシー向上

主語がなくても通じる、日本語の不思議

投稿日:2020年9月7日 更新日:

Sponsored Links

「誰がそれをしたのか」をはっきり言わなくても、ちゃんと意味が通じてしまうことがあります。

主語を省略しても通じる場合が多いのです。

それが日本語の特徴です。

しかし厳密にいうと、一文に主語が2つあり、主語と述語の結びつきがねじれているために意味が伝わりにくい、という悪しき例も多いのです。

何度言えばわかるの

この場合は、(私が)(あなたは) という2つの主語が省略されています。

本来は、

(私が)何度言えば(あなたは)わかるの

ということなんですね。

「私」を主語として貫くなら、

「何度言えばわかってもらえるの」

となるでしょう。

「あなた」を主語として貫くなら、

「何度言われればわかるの」

「何度言わせればわかるの」

となるでしょう。

同じような例を挙げてみます。

「どう謝れば許せるの」

この場合も、(私が)(あなたは) という2つの主語が省略されています。

本来は、

(私が)どう謝れば(あなたは)許せるの

ということなんですね。

「私」を主語として貫くなら、

「どう謝れば許されるの」

「どう謝れば許してもらえるの」

となるでしょう。

「あなた」を主語として貫くなら、

「どう謝られたら許せるの」

「どう謝らせたら許せるの」

となるでしょう。

まとめの一言

上記の内容は、やや厳密すぎるかもしれません。

あまり深く考えずに、日本語として自然な響きならば、それでいいと思います。

ただ、たまには少しこだわって、「この場合の主語は何かな」と追究してみるのも悪くないでしょう。

関連記事→というか、ていうか、といおうか

Sponsored Links

-リテラシー向上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「理想」の反対語は□□、「流行」の反対語は□□。

Sponsored Links 赤字の反対は黒字。 安全の反対は危険。 というように、多くの語に反対語(対義語)があります。 ある言葉とその反対の意味を持つ言葉をふたつセットにして覚えると、ボキャブラ …

〜する、〜させる

Sponsored Links 〜する・〜させる 加速する 確立する 拡大する 実現する ↑これらはいずれも「〜する」でよいのであって、「〜させる」とする必要はないでしょう。 それでもあえて「加速させ …

Yohoo! 知恵袋 質問に回答してみました

Sponsored Links 「Yohoo! 知恵袋」というサイトは便利ですね。 わからないことがあるとき、このサイトに質問投稿をすると、有志の方々が答えてくれます。 私も時々利用させてもらっていま …

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

Sponsored Links 「馬から落馬する」「顔を洗顔する」というように、同じ意味のことを重ねて言うのは、ちょっと変だと思いませんか。 しかしこのような「重ね言葉」は案外、頻繁に使われています。 …

「うすっぺらい」ではなく「うすっぺらだ」

Sponsored Links 形容詞なのか、形容動詞なのか 形容詞の末尾は「い」、形容動詞の末尾は「な・だ」 というのが原則です。 ですから、「キモい」「エロい」「グロい」という新語(珍語?)は、語 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly