リテラシー向上

主語がなくても通じる、日本語の不思議

投稿日:2020年9月7日 更新日:

Sponsored Links

「誰がそれをしたのか」をはっきり言わなくても、ちゃんと意味が通じてしまうことがあります。

主語を省略しても通じる場合が多いのです。

それが日本語の特徴です。

しかし厳密にいうと、一文に主語が2つあり、主語と述語の結びつきがねじれているために意味が伝わりにくい、という悪しき例も多いのです。

何度言えばわかるの

この場合は、(私が)(あなたは) という2つの主語が省略されています。

本来は、

(私が)何度言えば(あなたは)わかるの

ということなんですね。

「私」を主語として貫くなら、

「何度言えばわかってもらえるの」

となるでしょう。

「あなた」を主語として貫くなら、

「何度言われればわかるの」

「何度言わせればわかるの」

となるでしょう。

同じような例を挙げてみます。

「どう謝れば許せるの」

この場合も、(私が)(あなたは) という2つの主語が省略されています。

本来は、

(私が)どう謝れば(あなたは)許せるの

ということなんですね。

「私」を主語として貫くなら、

「どう謝れば許されるの」

「どう謝れば許してもらえるの」

となるでしょう。

「あなた」を主語として貫くなら、

「どう謝られたら許せるの」

「どう謝らせたら許せるの」

となるでしょう。

まとめの一言

上記の内容は、やや厳密すぎるかもしれません。

あまり深く考えずに、日本語として自然な響きならば、それでいいと思います。

ただ、たまには少しこだわって、「この場合の主語は何かな」と追究してみるのも悪くないでしょう。

関連記事→というか、ていうか、といおうか

Sponsored Links

-リテラシー向上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読解力と記述力アップを目指すなら、悪文こそは最高の教師

Sponsored Links 私は「神戸まとめの達人運動」に興味をもち、実際に使用されている課題文を拝読しました。 そして、あることに気づいたのです。 まず一つは、 読解力をつける方法、そして、伝え …

大和言葉(やまとことば)を使えば、やわらかくやさしい印象に

Sponsored Links 日本語は、話し言葉においても書き言葉においても、漢字・ひらがな・カタカナの3種が入り交じっています。 漢字が多くなると、どうしても硬くギスギスした印象になってしまいます …

Yohoo! 知恵袋 質問に回答してみました

Sponsored Links 「Yohoo! 知恵袋」というサイトは便利ですね。 わからないことがあるとき、このサイトに質問投稿をすると、有志の方々が答えてくれます。 私も時々利用させてもらっていま …

読解力を高める「神戸まとめの達人」

Sponsored Links 「神戸まとめの達人運動」というものがあることをご存じでしょうか。 「まとめの達人」とは、文章を要約する力をつけるための先駆的な取り組みで、神戸市の全市立小中学校(250 …

私の速読法

Sponsored Links 【私の速読法】 私は速読よりも精読、味読のほうが好きですが、素早くササッと読了したいときは、以下の要領で読んでいます。無意識のうちに身につけた速読法です。 (1)概略を …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly