リテラシー向上

というか、ていうか、といおうか

投稿日:2020年9月8日 更新日:

というか、ていうか

「というか」「ていうか」というのは、くだけた言い方ですね。

きちんと言うなら、「というよりも」となるでしょう。

その変形パターンに、「というよりか」というのもありますね。

「というよりも、〜と言ったほうがいいかな」

「というよりか、〜としたほうがいいかな」

というように、「よりも」「よりか」は、同じ意味を持っていると思います。

といおうか、というべきか

「といおうか」「というべきか」になると、ちょっとニュアンスが変わりますね。

ぴったりくる表現を考えながら言葉を探している、ということが伝わります。

「人がいいといおうか、バカといおうか」

「素朴というべきか、鈍いというべきか」

というように。

まとめの一言

というか

ていうか

というよりも

というよりか

といおうか

というべきか

↑どれを使うのもその人の自由ですが、「ていうか」だけはやめておいたほうがいいでしょう。

特に、人が話している最中に、「ていうか〜」などと言って話を遮ってしまうのは大変に失礼なことです。絶対にするべきではありませんね。

そんなふうにされて好印象を持つ人はいない、と私は思っています。

関連記事→〜する、〜させる

-リテラシー向上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読解力と記述力アップを目指すなら、悪文こそは最高の教師

私は「神戸まとめの達人運動」に興味をもち、実際に使用されている課題文を拝読しました。 そして、あることに気づいたのです。 まず一つは、 読解力をつける方法、そして、伝えたいことを適切に伝える力を育成す …

「理想」の対義語は□□、「流行」の対義語は□□。

赤字の反対は黒字。 安全の反対は危険。 というように、多くの語に反対の意味を持つ語(対義語)があります。 ある言葉とその対義語をふたつセットにして覚えると、倍の速度でボキャブラリーを増やせるので、日常 …

大和言葉(やまとことば)を使えば、やわらかくやさしい印象に

日本語は、話し言葉においても書き言葉においても、漢字・ひらがな・カタカナの3種が入り交じっています。 漢字が多くなると、どうしても硬くギスギスした印象になってしまいます。 ビジネスメールや文書の場合は …

「うすっぺらい」ではなく「うすっぺらだ」

形容詞なのか、形容動詞なのか 形容詞の末尾は「い」、形容動詞の末尾は「な・だ」 というのが原則です。 ですから、「キモい」「エロい」「グロい」という新語(珍語?)は、語尾が「い」なので、一応は形容詞な …

主語がなくても通じる、日本語の不思議

「誰がそれをしたのか」をはっきり言わなくても、ちゃんと意味が通じてしまうことがあります。 主語を省略しても通じる場合が多いのです。 それが日本語の特徴です。 しかし厳密にいうと、一文に主語が2つあり、 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly