リテラシー向上

「うすっぺらい」ではなく「うすっぺらだ」

投稿日:2020年9月10日 更新日:

Sponsored Links

形容詞なのか、形容動詞なのか

形容詞の末尾は「い」、形容動詞の末尾は「な・だ」

というのが原則です。

ですから、「キモい」「エロい」「グロい」という新語(珍語?)は、語尾が「い」なので、一応は形容詞なのだなと解釈されます。

では「うすっぺらい」は? これも語尾が「い」だから、やっぱり形容詞?

いいえ、違います。

「うすっぺら」は形容動詞です。

ですから、それは本来、「うすっぺらだ」「うすっぺらな」と変形活用されるものです。

「〜はうすっぺらい」「うすっぺらい〜だ」

ではなく、

「〜はうすっぺらだ」「うすっぺらな〜だ」

という言い方を覚えてほしいと思います。

名詞の動詞化

「巣ごもりします」という言い方はいいと思うのです。

でも、「巣ごもります」と言われると、何か変だなと感じます。

本来の言い方は「巣ごもりをします」ですが、「を」を省略して、「巣ごもりします」となっているわけですね。

「を」を省略したついでに、「します」の「し」まで省いてしまうのは、適切ではありません。

だって、「帰省します」を「帰省ます」なんて言われたら、「いやだな、日本語がなってないな」と思うでしょう?

「伝言をしました」の「を」を省いて、「伝言しました」というのはよいのです。

同じように、「大笑いをしました」の「を」を省いて、「大笑いしました」というのもよいのです。

でも、「伝言ました」「大笑いました」なんて言い方はしませんよね。

「伝言」「大笑い」「巣ごもり」「帰省」といった名詞を動詞化する場合は、「〜をする・〜をした・〜をします・〜をしました」とすることが基本です。

前述のとおり、「を」を省いて「〜する・〜した・〜します・〜しました」とすることがあってよいでしょう。

ただ、「します・しました」の「し」を省いてしまうと、とたんに変な日本語になりますから注意しましょう。

関連記事→文章力の勝利!! 国語が「できる」ようになった子は他の科目も成績が伸びる

Sponsored Links

-リテラシー向上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読解力を高める「神戸まとめの達人」

Sponsored Links 「神戸まとめの達人運動」というものがあることをご存じでしょうか。 「まとめの達人」とは、文章を要約する力をつけるための先駆的な取り組みで、神戸市の全市立小中学校(250 …

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

Sponsored Links 「馬から落馬する」「顔を洗顔する」というように、同じ意味のことを重ねて言うのは、ちょっと変だと思いませんか。 しかしこのような「重ね言葉」は案外、頻繁に使われています。 …

主語がなくても通じる、日本語の不思議

Sponsored Links 「誰がそれをしたのか」をはっきり言わなくても、ちゃんと意味が通じてしまうことがあります。 主語を省略しても通じる場合が多いのです。 それが日本語の特徴です。 しかし厳密 …

文章力の勝利!! 国語が「できる」ようになった子は他科目も成績向上

Sponsored Links 2016年12月6日の新聞に掲載されたニュース、「15歳の国際学力調査『読解力』の育成に課題」──と題する記事をお読みになった方は多いでしょう。 以下、各紙記事を基に、 …

私の速読法

Sponsored Links 【私の速読法】 私は速読よりも精読、味読のほうが好きですが、素早くササッと読了したいときは、以下の要領で読んでいます。無意識のうちに身につけた速読法です。 (1)概略を …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly