暮らし歳時記

10月は神無月(かんなづき)

投稿日:

Sponsored Links

●10月の別名・異称・愛称

10月の別名は「神無月(かんなづき)」または「神去月(かみさりづき)」です。

全国各地にいらっしゃる八百萬の神が、年に一度、出雲の地で開催される大集会へお出かけになり、お留守になるから、とされています。


神々が集まる出雲の地においては、「神在月」(かみありづき)となります。

そのほかにも、10月は神様に縁のある異称がいろいろとあります。

雷無月(かむなしづき)

鎮祭月(ちんさいげつ)

鏡祭月(きょうさいげつ)

さらに──

陽月(ようげつ)

良月(りょうげつ)

大月(たいげつ)

吉月(きちげつ)

など、縁起の良い呼び名が多数あります。

そしてさらに──

上冬(じょうとう)

開冬(かいとう)

立冬(りっとう)

小春(しょうしゅん)

というのもあります。

旧暦では、10月から冬が始まるとされていますが、冬が始まったばかりなのに、もう春の字を用いるところが面白いですね。
日本人って案外、気が短くてせっかちな性分なのかもしれません。

関連記事→11月は霜月(しもつき)

Sponsored Links

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

9月は長月(ながつき)

Sponsored Links ●9月の別名・異称・愛称 「長月(ながつき)」。9月の異称として、最もポピュラーなのはこれでしょう。秋の夜長をあらわしているのですね。 そのほか─ 玄月(くろづき) 祝 …

7月は文月(ふみづき)

Sponsored Links ●7月の別名・異称・愛称 7月を別名「文月(ふみづき)」と言います。 七夕月(たなばたづき)と呼ぶこともあり、日本では7月7日に七夕祭りが行われるので、そう呼ばれるよう …

「冬至」と「冬至日」はどう違う?

Sponsored Links 「冬至」と「冬至日」は、似ているけれど別物です。 その違いをご存じでしょうか。 冬至とは、1年で最も昼が短く、最も夜が長くなる日のこと。 冬至日とは、冬至の日の前後約1 …

海風・陸風・季節風。風はどうして吹くの?

Sponsored Links 吹く風の種類をあらわす言葉は豊富です。 台風・暴風・烈風・強風・微風・南風・涼風・寒風・春風・薫風・防風・爆風・疾風・旋風・季節風 私たちが日常使う言葉の中にも、風に関 …

梅雨どきのジメジメ・だるさ解消

Sponsored Links 日本の年間雨量は、世界平均の約2倍だそうです。 ↑世界有数の多雨地帯(アジアモンスーン地帯)に日本列島が位置しているためですね。 同じアジアモンスーン地帯でも、インドや …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly