暮らし歳時記

12月は師走(しわす)

投稿日:

Sponsored Links

●12月の別名・異称・愛称

12月の別名は「師走(しわす)」。
禅師のような落ち着いた人物も走り出すほど忙しい時季、という意味です。

極月(ごくげつ)
と呼ぶこともあり、これは1年の最後の月という意味です。

同じく、1年の最後の月という意味で次のように呼ばれることもあります。

窮月(きゅうげつ)

臘月(ろうげつ)

臈月(ろうげつ)

除月(じょげつ)

そしてさらに──

小歳(しょうさい)

暮歳(ぼさい)

暮節(ぼせつ)

凋年(ちょうねん)

窮紀(きゅうき)

窮稔(きゅうじん)

と呼ぶこともあり、これは「年末」という意味です。

氷月(ひげつ)
というのは、冬の最後の月という意味です。

そのほか──

残冬(ざんとう)

暮冬(ぼとう)

抄冬(しょうとう)

晩冬(ばんとう)

窮冬(きゅうとう)

冬索(とうさく)

梅初月(ばいしょげつ)

春待月(はるまちつき)


なども12月の別名で、やがて訪れる春への期待がこめられています。

ちょっとかわったところで「親子月」(おやこづき)という呼び方もあります。

関連記事→日本の降水量は世界平均の約2倍、雨にまつわる言葉も世界有数の多彩ぶり

Sponsored Links

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2月の寒さ対策、ヒートテック重ね着のコツ

Sponsored Links 2月は一年中で最も寒い時季です。 寒いので更に着物を重ね着することから、 2月を別名「衣更着」(きさらぎ)ともいいます。 「如月」と書いて、同じく「きさらぎ」と読むこと …

9月9日重陽の節句/菊のパワーで邪気退散・長寿祈願

Sponsored Links 「十日の菊、六日の菖蒲」 (とおかのきく・むいかのあやめ) という故事ことわざがあります。 この一対の語を二つに分けて、 「十日の菊」(とおかのきく) または、 「六日 …

三寒四温、身体を内側から温めて乗り切ろう

Sponsored Links 暦の上では、3月いっぱいで春が終わるとされています。 しかし実際の暮らしにおいては、春が終わるどころか、3月も終わりに近づいてようやく、春の訪れが感じられます。 ●寒い …

2月は如月(きさらぎ)

Sponsored Links 2月は1年のうちで最も寒いので、さらに着物を重ね着することから「衣更着」(きさらぎ)と呼ばれていたようです。 「きさらぎ」を「如月」と書くようになったのは一種の宛て字か …

梅雨どきのジメジメ・だるさ解消

Sponsored Links 日本の年間雨量は、世界平均の約2倍だそうです。 ↑世界有数の多雨地帯(アジアモンスーン地帯)に日本列島が位置しているためですね。 同じアジアモンスーン地帯でも、インドや …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly