文章エステ

文章エステ/礼儀正しい文は人に好かれます

投稿日:2017年5月26日 更新日:

日本語の文章は、最後まで読まないと、文全体の意味を捉えにくい構造になっています。
文の最後に述部が配置されている場合が多いからです。

です
ます

である
ではありません
ではない
でしょう
だろう
かもしれません
かもしれない
しましょう
しよう
してください
してくれ
しないでください
するな

など、文末にきてやっと、書き手の意図(メッセージ)が伝わります。

ですから、文末はとても重要な役割を担っています。

また、文末をどう書くかによって、文のスタイル(文体)が決定づけられます。

●文のスタイルを決定するのは「文末」

日本語の文章には、大きく分けて次の2種類の文体があります。

敬体/です・ます文体

常体/だ・である文体

文の終りを「です・ます」で締めくくると、礼儀正しく丁寧な印象になります。
だから、敬体というのですね。

そのいっぽうで、敬体は情緒に流されやすい傾向があるため、論理的な文章を書くにはふさわしくないと、一般に考えられています。

そのため、論理的な文章にふさわしいのは常体であるとされています。

↑文末が「だ・である・のである」と断定的であるため、述べていることの原因・理由・根拠などを力説する効果が望めるのです。

実際に、批評や評論、論文などは、その大多数が「だ・である」文体で書かれています。
情緒よりも理性や論理を重んじるからでしょう。

●「です・ます」文体で論理的な文を書くことは可能

しかし、「です・ます」は情緒的、「だ・である」は論理的、と決めつけることはできません。

「です・ます」文体を用いて論理的な文を書くことは可能です。

敬体(です・ます文体)、常体(だ・である文体)のいずれであっても、情緒豊かでかつ理性的な文章にすることはできるはずです。
それは文体の問題ではないのです。
きちんと考えを組み立て、筋道を立てて論を展開しているか否かの問題です。

ただ、「です・ます文体は文章法としての歴史が浅く、まだ完成されていない」とされている点が、弱点といえば弱点です。

たとえば、「あなたは美しい」という文を、「あなたは美しいです」と、です・ます文にすると、どことなく違和感があるのです。

●「です・ます」「だ・である」の使い分け

一連の文章の中で、敬体と常体を混合して使うことが可能です。

たとえば、基本は「です・ます」文体とし、時に「だ・である」を使って、その部分を強調することができます。

【例文】

小学校時代は、作文、読書感想文、夏休みの絵日記にも苦労させられました。

書きたいことなど何も思い浮かばないので、親や先生が喜びそうなフレーズをちりばめ、適当に仕上げていたように思います。

そのように、書くことは苦手な私でしたが、子供の頃から本好きで、いつも手許に本がありました。

本がありさえすれば、テレビなどなくていい。

面白いものなら一晩中読んで飽きない。

本は一番の友達である。

というのが私の実感です。

↑<解説>

・「です・ます」文体に、「だ・である」文体を織り交ぜるのは良いのですが、これを頻繁に行なうと、高飛車な印象になってしまうので、控えめにしておくのが良いでしょう。

【例文】

小学校時代は、作文、読書感想文、夏休みの絵日記にも苦労させられたものである。

書きたいことなど何も思い浮かばないので、親や先生が喜びそうなフレーズをちりばめ、適当に仕上げていたように思うのである。

そのように、書くことは苦手な私であったが、子供の頃から本好きであり、いつも手許に本があったのである。

本がありさえすれば、テレビなどなくていいのである。

面白いものなら一晩中読んで飽きないのである。

本は一番の友達である。

というのが私の実感である。

↑<ここが残念!>

・「だ・である」文体の文に「である」を多用すると、とんでもなく高圧的な筆致になり、文全体ががなりたてているような印象を与えてしまいます。

【改善例】

小学校時代は、作文、読書感想文、夏休みの絵日記にも苦労させられた。

書きたいことなど何も思い浮かばないので、親や先生が喜びそうなフレーズをちりばめ、適当に仕上げていたように思う。

そのように、書くことは苦手な私だったが、子供の頃から本好きで、いつも手許に本があった。

本がありさえすれば、テレビなどなくていい。

面白いものなら一晩中読んで飽きない。

本は一番の友達である。

というのが私の実感だ。

↑<解説>

・特に強調したい箇所に、「である」を使うと効果的です。
(この改善例では、「本は一番の友達である」という1箇所にのみ、「である」を用いました。)

<補足>

・「のだ・のです・のである」を用いる第一の理由は、前の文を受けて説明を加えるためです。
それには、前の文と内容が密接につながっている必要があります。
つまり、「なぜならば」から始める文章であっておかしくない場合に、その文末を「のだ・のです・のである」とすると良い、ということですね。

●まとめの一言


言葉のマナーとして覚えておきたいことを、いくつかご紹介しました。

・文のスタイルを決定するのは「文末」

・文の終りを「です・ます」で締めくくると、礼儀正しく丁寧な印象になる

・ただし、何にでも「です」をつければ丁寧表現になるというわけではなく、むしろ荒っぽい印象になってしまう

この3点はとても重要だと思います。
この機会にぜひ頭にインプットしてください。

関連記事→文章エステ・「美しいです」ではなく「きれいです」が正しい

-文章エステ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章エステ/「美しいです」ではなく「きれいです」が正しい

「〜だ」という言い方は、なんとなく乱暴で男っぽい。 「〜です」と言えば、なんとなく女性的でやさしく、きちんとした印象。 と感じる人は少なくないようです。 たしかに、「〜です」「〜でございます」は丁寧な …

文章エステ/頭の中で情報を整理しながら書く

私たちは通常、言葉を使って考えを組み立てています。 そして、考えを組み立てながら文を書いています。 考えることと書くことを同時進行しているわけですね。 書く前に考え、考えがまとまってから書き出すという …

文章エステ/マナー違反の失礼な文を矯正して、ワンランク格上げ(その1)

「堅苦しいのは嫌だ。肩の凝らない気楽な文にしたい」 という場合は、文法など無視して、自分の思いどおりに書いて良いと思います。 ただ、その場合も、相手に対する配慮を忘れると、気楽な雰囲気を通り越し、ぶし …

文章エステ/文のダイエット&シェイプアップ

伝えたいことがいろいろあると、つい長い文章になりがちです。 しかし、1つの文でいくつものことを語るには、それなりのテクニックが求められます。 やってやれないことはないのですが、慣れないうちは、なかなか …

だらだら書くと、確実に太ります!

「〜は〜ですが、それで〜したいと思うのですが、私は〜だったのですが、やはり〜で、でも〜で」 というように、言いたいことをいくつも並べると、だらだらした長文になってしまいがちです。 読む側、聞く側として …

2023/06/29

「を抜き」「は抜き」を改善しよう

2023/06/23

「か抜き」言葉を改善しよう

2022/12/01

「お申し付けください」よりも「仰せ付けください」のほうが良いなあ

2022/08/15

男と女の日常茶飯劇

2022/04/01

ライターが習得した速読法

2022/03/30

「十分」と「充分」に違いはある?

2021/12/26

Kindleペーパーバック出版、私もやってみました。

2021/01/19

「XX時からXX時に行きます」という言い方は、変じゃない?

2020/09/07

主語がなくても通じる、日本語の不思議

2020/08/27

チーママ・オーママ/小ママ・大ママ

2020/02/27

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

2020/02/26

「語尾上げ」しゃべりが癖になっていない?

2020/02/06

TOKYO MXテレビ『5時に夢中!』に出演しました。

2019/11/29

ものの数え方・73選

2019/11/28

馬から落馬・顔を洗顔←重ね言葉はやめよう

2019/11/27

カタカナ語の乱用防止に、この日本語を!!

2019/11/16

「理想」の対義語は□□、「流行」の対義語は□□。

2018/10/18

頭から離れる?離れない? 正しい言い方はどっち!?

2018/09/18

横浜に代々伝わる「ハマ言葉」

2018/09/03

文章構成術/基本フォーマット12種類

2018/03/10

なぞなぞ傑作選・必笑78題

2018/03/09

テープ起こしをすると文章力が高まる!!

2018/03/02

ネガティブなことをポジティブに言い換えるレッスン

2018/02/16

「い抜き言葉」はカジュアルな場面でのみOK

2017/10/03

月の呼称/睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走

2017/06/02

読点の打ち方を完全マスター!! ①

2017/05/20

文章力/接続詞の乱用禁止!! 大事な場面で効果的に使おう

2017/05/16

文章力/説明がうまい人は「修飾語」(形容詞・形容動詞・副詞の3点セット)に強い

2017/05/05

悪文リライトにチャレンジしてみませんか

2017/05/04

文章力を高める10の行動。すべて試してみる価値あり!

2017/04/30

混じる?交じる? 漢字の書き分けは、頭をやわらかくする知的なゲーム

2017/04/23

先入感?異和感?それって漢字変換ミス? 同音異義語・同訓異字の落とし穴

2017/04/22

「れ足す言葉」は、くどい、しつこい

2017/04/21

「さ入れ言葉」は上品か下品か?

2017/04/20

「ら抜き言葉」はOKかNGか?

2017/04/16

アブない隠語も、正しく覚えれば失敗しない

2017/04/04

ビジネスマナー/尊敬語と謙譲語の使い分け

2017/03/24

日本語の乱れ/あざーす・やばくね? 変な言葉や言い間違いが増えていますね?

2024/04/17

「値上がる」という表現は不適切。名詞を動詞のように使うときは、できるだけ助詞を付けてほしい。

2024/04/15

主語と述語のつながりが微妙にねじれているように感じられる文って、気持ち悪いよ

2024/04/12

「見せる」と「見させる」の違い・「見せて」と「見させて」の違い

2024/04/10

「ご覧になって」の「なって」は省略可

2024/04/09

「万一○○の時は、いつでも力になるよ」、この文はどこか変だと思いませんか?

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly