暮らし歳時記

7月は文月(ふみづき)

投稿日:

Sponsored Links

●7月の別名・異称・愛称

7月を別名「文月(ふみづき)」と言います。

七夕月(たなばたづき)と呼ぶこともあり、日本では7月7日に七夕祭りが行われるので、そう呼ばれるようになったのでしょうね。

七夕の夜に織り姫と彦星が年に一度の逢瀬をすることから、愛逢月(あいぞめづき)とも言うようになりました。

そのほか──


七夜月(ななやづき)

親月(しんげつ)

相月(そうげつ)

蘭月(らんげつ)

涼月(りょうげつ)

冷月(れいげつ)

桐月(とうげつ)

否月(ひげつ)

秋初月(しゅうしょげつ)

初秋(しょしゅう)

孟秋(もうしゅう)

新秋(しんしゅう)

首秋(しゅしゅう)

上秋(じょうしゅう)

早秋(そうしゅう)

肇秋(ちょうしゅう)

桐秋(とうしゅう)

女郎花月(おみなえしづき)

なども7月の別名・異称・愛称で、ロマンチックな命名が多いようです。

ところで、7月のことを女郎花月(おみなえしづき)とも言うのは何故だろう、と思いませんか。
「女郎」というのは春をひさぐ遊女のことですから、不愉快だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

私なども、女郎という文字から遊女を連想してしまうのですが、女郎花は遊女の花という意味ではないようです。
女郎花は秋の七草の一つで、古くは万葉集や源氏物語にも詠まれています。

現代仮名遣いでは「おみなえし」と書きますが、旧仮名遣いでは「おみなへし」です。
「へし」は(圧し)であり、美女を圧倒する美しさから「おみなへし」と名づけられたとの説があるそうです。

関連記事→8月は葉月(はづき)

Sponsored Links

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ひな祭り、お雛様をいつまでも飾っておくと婚期を逃すって本当?

Sponsored Links 3月3日は桃の節句、女の子のお祭りの日ですね。 男子の祭りである端午の節句よりも、桃の節句のほうが、世の中全般が盛り上がるように感じますが、気のせいでしょうか? いえ、 …

梅雨どきのジメジメ・だるさ解消

Sponsored Links 日本の年間雨量は、世界平均の約2倍だそうです。 ↑世界有数の多雨地帯(アジアモンスーン地帯)に日本列島が位置しているためですね。 同じアジアモンスーン地帯でも、インドや …

四季折々の季語の世界

Sponsored Links 世界で一番短い文学。 それは俳句です。 俳句(はいく)とは、五・七・五の十七音でつくられる定型詩で、 十七文字(じゅうしちもじ) 十七音(じゅうしちおん) 十七語(じゅ …

夏バテ予防のカギは自律神経・睡眠・汗・水・ビタミンB1

Sponsored Links 日本の夏は高温多湿。 そのため、 体がだるい 食欲がない よく眠れない といった不快な症状に悩まされることがあります。 しかし、暑さで体がだるくなるのは、 「あまり動き …

貧血気味の女性にオススメの完全栄養食・牡蠣(カキ)

Sponsored Links 日本人女性の約半数が貧血、もしくは貧血予備軍であるといわれています。 女性に貧血が多い理由として、 (1)月経による出血があること (2)無理なダイエットや偏食による栄 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly