暮らし歳時記

5月は皐月(さつき)

投稿日:

Sponsored Links

●5月の別名・異称・愛称

5月のことを別名「皐月(さつき)」といいます。

「皐月」を「皐」と書くこともあり、この一文字をもって5月を指すということが、中国の古典に記されているそうです。

早月(さつき)と書いてもよいそうです。

そのほか──

午月(うまづき)

橘月(たちばなつき)

梅月(うめづき)

雨月(うづき)

授雲月(じゅうんげつ)

月不見月(つきふみづき)

早苗月(さなえづき)

多草月(たそうげつ)

鶉月(うずらづき)

梅夏(ばいか)

仲夏(ちゅうか)

薫風(くんぷう)

啓明(けいめい)

なども5月の異称で、漢字から意味の伝わってくるものがたくさんありますね。

関連記事→6月は水無月(みなづき)

Sponsored Links

-暮らし歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

9月9日重陽の節句/菊のパワーで邪気退散・長寿祈願

Sponsored Links 「十日の菊、六日の菖蒲」 (とおかのきく・むいかのあやめ) という故事ことわざがあります。 この一対の語を二つに分けて、 「十日の菊」(とおかのきく) または、 「六日 …

3月は弥生(やよい)

Sponsored Links ●3月の別名・異称・愛称 3月のことを別名「弥生(やよい)」といいます。「いやおい」を縮めた呼び方で、ますます生長するという意味がこめられています。 禊月(みそぎづき) …

お節・お雑煮・屠蘇湯は、家族そろって食すことに意味がある

Sponsored Links 「正」という文字には「改める」という意味があります。 ですから、お正月は「改まった月」「改まった年」ということなのですね。 改めて迎えた新しい年の元旦は、家族そろってお …

12月は師走(しわす)

Sponsored Links ●12月の別名・異称・愛称 12月の別名は「師走(しわす)」。禅師のような落ち着いた人物も走り出すほど忙しい時季、という意味です。 極月(ごくげつ)と呼ぶこともあり、こ …

7月は文月(ふみづき)

Sponsored Links ●7月の別名・異称・愛称 7月を別名「文月(ふみづき)」と言います。 七夕月(たなばたづき)と呼ぶこともあり、日本では7月7日に七夕祭りが行われるので、そう呼ばれるよう …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly