読書感想文

読書感想文/読むように味わう写真集&脳内スクリーンに映し出すように読む書籍

投稿日:2018年2月13日 更新日:

Sponsored Links
「この本を読んで、こんなことを考えた」

と思いつくまま書き出していくと、それも読書習慣の一部となります。

どんな本を読み、どこに感動したのか。それを記録に残すことにより、貴重な思い出のストックができます。

わずか数行のメモであっても、あるとないとでは大きく違います。

私の経験からいって、それは写真アルバムにも匹敵する「幸せの思い出貯蔵庫」です。

そんな貯蔵庫の中から、いくつかご紹介したいと思います。
ご笑覧いただけますなら幸いです。

●『ひとりじゃなかよ』西本喜美子著


およそ15年前、当時72歳の西本喜美子さんは初めてカメラを手にし、息子さんが主宰する写真講座で学びはじめたそうです。

それから10年、喜美子さん82歳のときに熊本県立美術館分館にて初個展を開催。
熊本のテレビ各社に特集されるなど多方面の注目を集めました。

そして昨年(2016年)、飛鳥新社より本書を刊行。

喜美子さんは今、87歳です。
足腰が弱いため、室内での物撮りが多いとのことです。

室内で撮った作品も素敵ですが、なんといっても超素敵ですごいのは、ご自宅の居間やお庭で撮影したセルフポートレイトです。
とても87歳とは思えない、ぶっ飛んだ写真、ぶっとんだ発想!
ぜひ皆様にご覧になっていただきたいと思います。

喜美子さん、あるテレビ番組のインタビューでは、「写真が撮れなくなったらどうしよう」と涙ぐむ場面もあったそうです。
喜美子さん、素敵!!

●『たまゆら』神蔵美子著


いろんな男性著名人(というか文化人?)の女装コスプレ写真集です。

赤塚不二夫さん、安部譲二さん、蛭子能収さんの女装も見られます。

みんな、びっくりするほど綺麗になっちゃって〜すごいの。

ヘアメイクと衣装、カメラの力はすごい!と感動しました。

ご本人の演技力というか、その気モードの威力もあるのでしょうね。

よく見ると、ほとんどの方が付けまつげ+カラーコンタクトを使っていますね。
あと、付け爪、付けホクロもありです。

そして、女らしく見せるには手の表情も大事なんですね。
指をピンと伸ばし、少し内側に丸めるといいみたい。

本書タイトルの「たまゆら」は、タマが揺らぐ、いえ変な意味ではなく、魂が揺らぐということかしら。

男の中にある女性性、女の中にある男性性、その境界線が揺らぐということに私はそそられます。

●『官能論 祝福としてのセックス』宮迫千鶴著


宮迫千鶴さんの著作はいろいろ読んできました。

『イエロー感覚』『超少女へ』、そのほか上野千鶴子教授との対談や共著も興味深く読みました。

しかし残念ながら、千鶴さんはガンで亡くなったのですね。
最期はホリスティック医療で有名な帯津病院だったと伺い、なんとなくですが、それならよかったと思いました。

本作もなかなか興味深い内容です。
旧弊な性意識に縛られることなく、根源的なエロスのパワーを受容して美しく幸せになることについて書かれています。

「21世紀に入ってから世界中で女性たちがどんどん開放的かつポジティブに変わってきている」

とレポートされているのも面白い!

作家の坂東眞砂子さんに関する話にも興味津々です。

「彼女は与えることのできない人で、きわめて日本人的な不感症だ」

とフランス人の恋人に言われちゃっているんです。

↑んまあ!じゃ私たち日本の女性はどうすればいいの?
と頭をかきむしっていたら、次のページに一案としての答えが提示されていました、そのフランス人男性の言葉で。
それを読んで私は、なるほど~!とうなずきましたよ。

要するに、安心して相手に身をゆだね、身も心もオープンにして開いていくことが大事なんですね。

身をゆだねるときは心なごやかで受動的。
身を投げ出すときはちょっとワイルドで能動的。
かなと思います。

●『楽聖少女』(がくせいしょうじょ)杉井光著

高校2年の夏休み、「僕」は女悪魔メフィストフェレスによって、19世紀の楽都ウィーンへ連れ去られ、大作家ゲーテになりかわって執筆させられることになってしまった!

しかもそこは、200年前にはあり得なかった文明の利器に彩られ、なおかつ魔物が飛び交うという、とんでもない世界。

「僕」はゲーテの友人らしき作家シラーと共に各地の温泉巡りをするうちに、とある少女と出会う。

その少女こそ、稀代の天才音楽家ベートーヴェンだった。

ベートーヴェン少女がこれから生み出す音楽のすべてを見届けるために、「僕」はこの異世界に留まる決心をする。

そして後に書き上げたのが、「時よ止まれ!今の最高!」の極め台詞で知られる世紀の傑作だった。

というお話です。

本作はいわゆるライトノベルだと思いますが、かなりのハイレベルで読み応えがあります。

●まとめ

今回は、以下の4冊をご紹介しました。

『ひとりじゃなかよ』西本喜美子著

『たまゆら』神蔵美子著

『官能論 祝福としてのセックス』宮迫千鶴著

『楽聖少女』(がくせいしょうじょ)杉井光著

関連記事→読書感想文/暗くても明るい、ディープな本たち

Sponsored Links

-読書感想文

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読書感想文/前から読んでも後ろから読んでも面白い本

Sponsored Links 「この本を読んで、こんなことを考えた」 と思いつくまま書き出していくと、それも読書習慣の一部となります。 わずか数行のメモであっても、あるとないとでは大きく違います。 …

読書感想文/素敵なおじさまたちのステキな言説

Sponsored Links 「この本を読んで、こんなことを考えた」 と思いつくまま書き出していくと、それも読書習慣の一部となります。 どんな本を読み、どこに感動したのか。それを記録に残すことにより …

読書感想文/横浜にまつわる素敵な本をご紹介します

Sponsored Links 横浜という街が好きです。 横浜を描いた本も大好きです。 横浜で出会った本をご紹介します。 ●西洋の見える港町横浜 『西洋の見える港町横浜』中野孝次著 著者の中野孝次氏と …

読書感想文/文は人なり。自分らしく自由自在に!!

Sponsored Links 「この本を読んで、こんなことを考えた」 と思いつくまま書き出していくと、それも読書習慣の一部となります。 どんな本を読み、どこに感動したのか。それを記録に残すことにより …

読書感想文/暗くても明るい、ディープな本たち

Sponsored Links 「この本を読んで、こんなことを考えた」 と、思いつくまま書き出していくと、それも読書習慣の一部となります。 どんな本を読み、どこに感動したのか。それを記録に残すことによ …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly