恋愛かくれんぼ

恋愛かくれんぼ2005①

投稿日:2021年6月12日 更新日:

Sponsored Links

彼女はT子、彼はK君。

ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。

T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。

それから2年後、K君が一足先に卒業した。

大学浪人生となったK君は、前ほどT子に構わなくなった。

ひとりでいるのがつらかったT子は、K君以外の男の子ともずいぶん仲良くした。

K君もまた、T子以外の女の子と仲良くすることがよくあった。

そんなふうにして45年の月日があった。

K君が61歳で病死するまで、ふたりの仲は途切れ途切れに続いた。

その45年のうち、最後の12年間に、ふたりはメールのやりとりをした。

それが膨大な交信記録となって、T子の手元に残っている。

交信のはじまりは2004年。

T子の名刺にメルアドが記載されており、それを捨てずに持っていたK君がアクセスしたのだった。

ふたりが言葉を交わすのは、数年ぶりだった。

そして1年がたち、今は2005年──。

【2005 January】

●K君──あけましておめでとうございます。

ラフ原稿最終章のみ、越年。

5日終了。

本日、著者の教授と打合せ。

企画の肝の<実用書>の部分が、うまくいかない。

どうすれば、「こうすれば、『やる気』がでる!」んだろう?

でもまあ、筋は通ったことだし、とりあえずオレ的に納得。

これからが、たいへんです。

編集者が見放さないでくれることを祈る、のです。

今年も、諸処、お世話頂けるようお願い申し上げます。

  ………………………………

●T子──あけましておめでとうございます。

昨日、京都より戻りました。

やる気を出す一番の方法は、

未来のビジョンをビッグに描きつつ、足下の階段は低めに設定して昇ること。

こきざみに達成感を味わえるといいみたい。

あまたある自己啓発本が実用書部分の参考になるでしょ。

このあいだ差し上げた西田氏のものとか。

  ………………………………

●K君──美味しい湯葉を召し上がられたことでしょう。

羨ましく思います。

誰と食べたのか、すこし妬けます。

もっとも、「T子さんと、湯葉を食う」場面など想像できるものではありません。

☆☆

本日、著者含めて打合せ。

著者が、納得していたのはヨカッタ。

このあと、編集者の納得に向けて、ちょっと頑張る、ということです。

編集者として、○○氏は誠実です。

たった一回の経験と比して。

サンキュー。

頑張れるよ。

  ………………………………

●T子──○○書房での1作目、終了した?

2作目は決まった?

  ………………………………

●K君──昨夜、岩手山中より帰京。

今週中に、改稿あげる予定です。

●K君──金曜日、加筆含め、原稿送った。

(約束の日だったので)

☆☆

月曜日までに、もう一度、校正、文意・文脈の直しの時間を貰った。

結構、「リキ」入った。

読み応えありだと思う。

教授、外人という立場がヨカッタ。

客観的な視点に立てるのは、よかった気がする。

結構、自己的には満足。

すこし、いい気分。 

だから、今日は、矢作俊彦の『ロング・グッドバイ』を、やっと開くことができた。

<Jim Beam>を飲りながら、読んでいる。

やっぱり、<原点>かと思う。

☆☆

『暴走族本』の話、編プロから来て、「おじさんでもいいか?」と返信した。

いいとなりゃ、やるかな。

これも<原点>か?

☆☆

松沢呉一って、知ってる?

最初の『映画』、一緒にやってた早稲田の子。伊藤チャン。

エッチ系サブカルでは、大御所的存在なのかなあ。

近況です。

  ………………………………

●T子──<祝・脱稿>

いい仕事ができたようで、こちらも安心。

本、送ってくださいね。

たくさん売れますよう、心の中で応援。

印税、次の仕事をもらう件ほか、○○書房に遠慮なく申し出るのよ。

いずれ、力をあわせて協同作業もいたしましょう。

☆☆

そういえば、○○さんところの本は増刷はまだ?

3刷くらい、いくと思ったのに。

☆☆

「暴走族本」もいいと思う。

どんどん手を広げるべし。

松沢呉一氏は何か関連あり?

☆☆

当方の近況も聞いて。

ごく自然のなりゆきで、私にとってのベスト編集者(女)が決まりました。

その女性と組むと必ずヒットが出せる。

まるで子どものように食いついてくるから、私もとことん書いちゃうわけよ。

ほかの編集者では、ここまで来られなかったかも。

そんな彼女は将来独立する見込みだし、私が著者デビューすると確信してる。

エライでしょう?

☆☆

あとは、3月末に引越しがあります。

4月は新居しつらえのため、仕事オフ。

5月はルーマニアとパリにステイ。

立続けに3億円ヒット飛ばしたので、著者と出版社からのご褒美旅行なの。

ヨンジュンの写真を携えて行ってきます。

私が日本を離れている間も、新作が爆発的に売れて記録更新の予定。

  ………………………………

●K君──T子さん

昼前に、直しの原稿送った。

そのあと、飲み始めた。

「達成感」と一縷の反省。

ところで、ルーマニアはいいな。

ドラキュラの夢でも見ながら、もう寝よう。

Sponsored Links

-恋愛かくれんぼ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

恋愛かくれんぼ・デートノート2011⑨

Sponsored Links 【2011 September】 ●K君──受賞の時は、着物がいい。 絶対的に美人だし、付加価値あり。 冬、夏、君の着物姿をみたい。 その着物「プレゼントしてあげる」こ …

恋愛かくれんぼ・デートノート2011①

Sponsored Links 彼女はT子、彼はK君。 ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。 T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。 それから2年後、K君が一足 …

恋愛かくれんぼ2006

Sponsored Links 彼女はT子、彼はK君。ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。 それから2年後、K君が一足先に …

恋愛かくれんぼ2004①

Sponsored Links 彼女はT子、彼はK君。 ふたりは同じ高校の1学年違いで、15歳と16歳の出会いだった。 T子新入学の春が終わる前に、お互い好きになっていた。 それから2年後、K君が一足 …

恋愛かくれんぼ・デートノート2011⑭

Sponsored Links 【2011 September】 2011.9.20 ●K君──家には、すえむすめがいた。 金は置いた。 立ち飲み屋に、やっぱり、避難。 新宿泊は、タクシーに乗ることで …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly