ビジネスマナー

パソコンもたまに漢字の読み間違いをする

投稿日:2017年4月13日 更新日:

Sponsored Links

我々人間だけでなく、パソコンも、時として漢字の読み間違いをします。

正確にいうと、読み間違えというよりも、変換ミスですね。

賢いはずのコンピュータですらそうなのですから、人がちょっと読み間違えをしただけで笑ったり馬鹿にしたりするのは気の毒です。

寛大な心で許してあげましょう。

笑って許す。

パソコンのとろさを反面教師として、自分は同じ間違いをおかさない。

という心がけが大事だと思います。

●思惑(おもわく)


「おもわく」と読むのが正解。

「しわく」と読むのは間違いだとされていますが、パソコンに「しわく」と入力すると「思惑」と変換されます。

↑パソコンさん、誤読を助長するようなことしちゃだめよ。

●依存心(いそんしん)

「おまえは依存心が強いなあ。そんなことじゃ、大人になって一人でちゃんとやっていけないぞ」

と父はよく私に諭していました。

たしか、「いぞんしん」と言っていたように思います。

↑父上、お言葉を返すようですが、正しくは「いそんしん」と言うそうです。

●代替(だいたい)


環境問題に関心のある人は、「代替エネルギー」という言葉に馴染みが深いでしょう。

「新エネルギー」なんていう言い方もするようですね、日本に限ってのことですが。

現在、政令により指定されている新エネルギーは、バイオマス、太陽熱利用、雪氷熱利用、地熱発電、風力発電、太陽光発電などで、これらはすべて再生可能エネルギーだそうです。

こういう話題に、私も関心があります。

代替エネルギーのことを英語で「alternatine energy」ということも聞きかじって知っていますよ。
「オルタナティブ・エナジー」と言うんですよね。

代替を「だいたい」と読むということも、ちゃんとわかっています。
「だいかえ」などと誤読しません。

●手繰る(たぐる)


「手探り」と「手繰る」はよく似た語感ですが、その意味するところは決定的に異なります。

「手探り」(てさぐり)とは、見えないところにあるものを手先の感触で探り求めること。

「暗闇で電気のスイッチを手探りする」というように、目当てのものがどこにあるか、よくわからない状態のときに遣います。

「手繰る」というのは、両手を代わる代わる引いて、ものを手許へ引き寄せることで、これはもう、目当てのものをしっかりとつかまえている状態。

「手繰る」を「てぐる」と読むのは間違いです。

正しくは「たぐる」と読みます。

●手綱(たづな)


「たづな」と読みます。

「てづな」は間違い。

「結婚したら、亭主の手綱をゆるめちゃだめよ」

なんていうふうに遣います。

●自縄自縛(じじょうじばく)


自分の言動に縛られ、自由に振る舞うことができずに苦しむことを自縄自縛と言います。

これを「じなわじしばり」と読んだ人がいましたが、正しくは「じじょうじばく」と読むんですよ。

●体裁(ていさい)


弟が朝帰りをして、服だけ着替えて会社に向かいました。

「昨日と同じもの着ていくのは体裁(たいさい)が悪いから」

と言っていたようです。

「ていさい」と言うならわかるのです。

「たいさい」なんて言われると、こっちは何の話か理解するまでに時間がかかります。

●悪寒(おかん)

うちのおかんは、風邪をひいて寒気がするとき、

「おかんがする」

と言います。

↑その言い方、正しいと思います。

●解熱(げねつ)


母の熱が39度に上がり、薬局へ薬を買いにやらされました。

子供の時分だったら、「ほい、買って来た、かいねつの薬」なんて言っていたかもしれません。

今はもうすっかり大人なので、「げねつ」と言えばいいのだと承知しています。

●病膏肓に入る

「やまいこうこうにいる」と読み、病状が悪化して快復の見込みがつかなくことを意味します。

しかし、「病こうこう」ではなく「病こうもう」と読む人が多いため、『広辞苑』や『大辞林』はこの読み方を慣用として認めています。

『明鏡国語辞典』では、「病こうもう」という読みを俗用として認めています。

●巣窟(そうくつ)


「悪の巣窟」を「あくのすくつ」なんて言われると、テーマパークか何かと勘違いしてしまいそうです。

巣窟は「そうくつ」と、きちんと読んでもらわないとイメージが狂っちゃいますよ。

●眉を顰める(まゆをひそめる)


眉を「ひそめる」と読むのが正解で、「しかめる」は誤読とされています。

しかし、パソコンでは「ひそめる」も「しかめる」も同じく「顰める」と変換されます。

↑どうなっておるのだ?

と考えているうちに、わかったことがあります。

「ひそめる」のは「眉」。

「しかめる」のは「顔」。

なんですね。

●逆恨み(さかうらみ)

「さかうらみ」と読みますね。

「逆ギレ」なんていう言葉もあるため、「ぎゃくうらみ」と読む人もいるのですが、それは間違い。

●真逆(まさか)

真逆は「まさか」と読むのだそうです。

まさか〜と思うでしょ。

でもそうなんです。

まったく逆であること、正反対という意味で「まぎゃく」という読み方も一般化して、「朝日新聞」や「日本経済新聞」といった一流紙でも遣われるようになりました。

本来の読みは「まさか」ですが、「まぎゃく」と読んでもいいということですね。

このように、漢字の読み方は時代によって変化し、誤用のほうが定着した例は多いそうです。

●まとめの一言


最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

読者の皆様に少しでも笑っていただけたなら、私も頑張って書いた甲斐があります。

そして、少しでも皆様の言葉力アップに役立つことがあるならば、とても嬉しうございます。

引き続き、このブログをお楽しみいただきたいと願っております。

関連記事→社交マナー/高級店での会食やパーティの場で恥をかかないように

Sponsored Links

-ビジネスマナー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ビジネスマナー/「お世話様です」「ご苦労様です」と言ってはいけない相手

Sponsored Links 上司に媚びを売りたい。 おべっかを使いたい。 ゴマをすりたい。 と思っても、安易に口にしてはいけない言葉があります。 どんな言葉かといえば、日頃よく遣われているあのフレ …

日常のさまざまな場面で使える! 憶えておきたい200フレーズ

Sponsored Links 「社交辞令」とは何でしょう。 心にもないことを言うこと? 嘘の褒め言葉? お世辞? いいえ、私が思うに、社交辞令とは「好印象を与える定番フレーズ」のことです。 「特に理 …

ビジネスマナー/尊敬語と謙譲語の使い分け

Sponsored Links 敬語をきちんと遣える人は仕事もできる。 と私は思っています。 入社試験の面接においても、どれだけ敬語を的確に遣えるかを試験官は見ているのではないでしょうか。 あなたの敬 …

思考錯誤?責任転換? 熟語や慣用句の誤用・書き間違いに注意

Sponsored Links 明快でわかりやすい文章を書くことに努めると、周囲の人があなたの意見に耳を傾け、良い反応を示してくれるようになります。 文章力をつけることにより、仕事も人間関係もうまくい …

社会人・会社人に必須の「マナーをわきまえた表現」75パターン

Sponsored Links 前記事は「好印象を与える定番フレーズ」、つまり社交辞令について、でした。 前記事→日常のさまざまな場面で使える! 憶えておきたい社交辞令200フレーズ 社交辞令を頭の中 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly