「 暮らし歳時記 」 一覧

まずいお米をおいしく炊く方法

2018/01/17   -暮らし歳時記

Sponsored Links 前年の秋には採れたてだった新米も、年を越し、4〜5月ともなると、だいぶ古くなって味が落ちるようです。 精米後20日間くらいは鮮度を保てるとされていますが、それ以上経てば …

エイプリルフール、上手な嘘のつき方

2018/01/14   -暮らし歳時記

エイプリルフール(英語: April Fools’ Day)とは、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のことである。 4月1日の正午までに限るとも言い伝えられている。 英語の &#8 …

ひな祭り、お雛様をいつまでも飾っておくと婚期を逃すって本当?

2018/01/03   -暮らし歳時記

みなさんよくご存じのように、3月3日は桃の節句、女の子のお祭りの日ですね。 男子の祭りである端午の節句よりも、桃の節句のほうが盛り上がっているように感じますが、気のせいでしょうか? いえ、実際に、そう …

「三寒四温」を乗り切るために、身体を内側から温めよう

2017/12/31   -暮らし歳時記

暦の上では、3月いっぱいで春が終わるとされています。 しかし、日々の暮らしの中でようやく春の訪れが感じられるようになるのは、3月も半ばを過ぎてからです。 ●寒い日が3日続いた後に、暖かい日が4日続く …

節分は日本のハロウィーン。翌日の立春にそなえて除災招福!!

2017/12/27   -暮らし歳時記

2月4日は節分。 この日を境に年が改まる、とされています。 そして、2月5日は立春です。 ここから新しい年が始まるわけですね。 そこで2月4日の節分には、災いを取り除いて福を招く伝統行事が行われます。 …

2月の寒さ対策、ヒートテック重ね着のコツ

2017/12/26   -暮らし歳時記

2月は一年中で最も寒い時季です。 寒いので更に着物を重ね着することから、 2月を別名「衣更着」(きさらぎ)ともいいます。 「如月」と書いて、同じく「きさらぎ」と読むこともあります。 ●「きさらぎ」なの …

お節・お雑煮・屠蘇湯は、家族そろって食すことに意味がある

2017/12/23   -暮らし歳時記

「正」という文字には「改める」という意味があります。 お正月は「改まった月」「改まった年」ということなのですね。 改めて迎えた新しい年の元旦は、家族そろってお節やお雑煮を食べ、そこから小正月(1月15 …

四季折々の季語の世界

2017/12/18   -暮らし歳時記

世界で一番短い文学。 それは俳句です。 俳句(はいく)とは、五・七・五の十七音でつくられる定型詩で、 十七文字(じゅうしちもじ) 十七音(じゅうしちおん) 十七語(じゅうしちもご) とも呼ばれます。 …

雪の呼称いろいろ

2017/12/17   -暮らし歳時記

日本は雪の多い国です。 沖縄やその周辺の島々は別として、日本中、雪が積もったことなどないという所は、まったくといっていいほどないでしょう。 1年の半分を雪にとざされる地方もあり、屋根に雪が降り積もれば …

風はどうして吹くの?

2017/12/14   -暮らし歳時記

吹く風の種類をあらわす言葉は豊富です。 台風・暴風・烈風・強風・微風・南風・涼風・寒風・春風・薫風・防風・爆風・疾風・旋風・季節風 私たちが日常使う言葉の中にも、風に関する語はいろいろあります。 風雨 …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly