ビジネスマナー

「お世辞」と「社交辞令」はどう違う?

投稿日:2018年2月21日 更新日:

Sponsored Links

いきなりですが、あなたは「お世辞」と「社交辞令」の違いを意識したことがおありでしょうか。

どっちも同じじゃん。

お世辞も社交辞令も、心にもないことを言って相手のご機嫌をとること、でしょ。

おだてる、媚びる、へつらう、おべっかを使い、ゴマをすって、相手に取り入ろうとすることでしょ。

と思っていらっしゃる方は多いようですが、それではちょっと見方が浅いようです。

●偽りの褒め言葉ほど熱がこもる


お世辞というのは、相手のご機嫌を窺いながら、偽りの褒め言葉を口にすることです。

「すごいですねえ」

「きれいですねえ」

「さすがですねえ」

というように、心と裏腹であっても、さも本当にそう思っているかのように熱をこめて人を褒めることって、よくありますよね。

偽りの褒め言葉ほど熱がこもる。

と私は感じています。

しかし、言われたほうはたいてい、

嘘だ、おおげさだ、どうせお世辞だ。

とわかっていても、悪い気はしないようです。

私自身の経験からいっても、褒め言葉の効果は抜群です。

ちょっとでも褒められると、

うふふ、あなたもそう思う? 見る目あるわね。

と自分に都合よく解釈し、褒めてくれた人に好感を抱くようになります。

その反対に、ちょっとでもけなされると気分が落ち込み、けなした人のことがだんだん嫌いになっていきます。

私など、お世辞を真に受けてしまうことがたまにあるどころか、しょっちゅうですが、放っておいてもらって特に問題はないでしょう。

「あいつ、すっかりその気になってるよ」

と蔭で笑われていたとしても、暗い気分になって人を呪ったりするよりも、よほど健全なことだと思います。

Sponsored Links

●お世辞を言うのは相手のためではなく、自分を守るため


お世辞を真に受けて問題の生じることがあるとすれば、相手の方が自分本位にというか、とにかく自分が悪く思われないようにするために事実をねじ曲げていることに、こちらが気づかない場合です。

たとえば、明らかに私の側に非があるのに、

「あなたは間違っていないと思う」

「だって、そういうのってしょうがないことだもん」

「だから気にしちゃダメよ」

と言ってくれる人があったとして、その思いやりあふれるやさしい言葉を私はどう受け止めたらよいのでしょう?

「自分はやはり正しかったのだ。ざまあみろ」

などと、いい気になっていると、あとでとんだしっぺ返しを食うに違いありません。

相手は言いたいことがあっても我慢をしているのだ。

ということに気づかないといけませんね。

心にもないことを言って人のご機嫌をとろうとするのは、相手のためではなく、自分を守るため、なのです。

お世辞というのは、自分本位なものです。
「こんなことを言うと相手のためにならない」

とわかっていても、とりあえずこの場を丸くおさめるため、そしてまた、自分さえよければそれでいいという利己心から、人は安易に嘘をつくことが往々にしてあるのです。

●お互いの存在を認め合うと気分がよくなる


対して「社交辞令」は、心にもないお世辞を言って自分の利益をはかるというのとは異なる点がいくつかあります。

社交辞令は、いってみれば挨拶のようなものですね。
「おはようございます」

「こんにちは」

「こんばんは」

というのも社交辞令のひとつです。

そうやって声を掛け合うことで、お互いの存在を認め合い、特に理由はなくても気分がよくなっていく、という効果があります。

その一言を口にするだけで場の空気がなごみ、お互い気分よくつきあっていけるようになるんですね。

社交辞令というのは自分本位でも相手本意でもなく、

「自他ともに気分よく」という共生の精神が息づいている点が素晴らしいと思います。

●さらりと交わす褒め言葉こそ最高

「いいお天気ですね」

「お元気そうですね」

というように、さりげなく何かを褒めるのも社交辞令の一種です。

そこに深い意味はないのだということをお互いの了解事項とする、

というのが社交辞令におけるマナーです。

ですから、

「お元気そうですねと言われたけれど、あれはお世辞なのか?」

などと、いちいち考えなくてもいいのです。

「心にもないことを言ってご機嫌をとろうとしているな」

「おだてやがって」

「媚びるな。へつらうな。おべっかを使うな。ゴマをするな。取り入ろうとするな」

と腹を立てる必要もなければ、腹を立てられる心配をする必要もないわけです。

●まとめの一言


「特に理由はなくてもお互い気分がよくなる」──そんな素晴らしい効果が期待できる社交辞令を頭の中にたくさんストックしておくと、実り多いコミュニケーションをはかる手助けとなります。

ストックが増えるにしたがい、どんな場面でも慌てず騒がず、時と場合と相手に応じて的確なフレーズを口にすることができるようになっていくはずです。

ご参考までに、私がストックしている社交辞令を紹介してまいりますので、ご興味のある方はぜひ関連記事をご覧ください。

関連記事→日常のさまざまな場面で使える! 憶えておきたい社交辞令200フレーズ

Sponsored Links

-ビジネスマナー

執筆者:


  1. 本橋 より:

    お世辞という言葉をググっていて、たまたま拝見させて頂きました。
    少し前の記事に対して批判的なコメントを失礼します。
    [お世辞というのは、相手のご機嫌を窺いながら、偽りの褒め言葉を口にすることです]
    と断定されていますが相手への思いやりなどが含まれている場合も多数あると思います。
    悪口は言った本人は気付いていなかったり忘れたりすることが多いと思いますが、言われた側の頭にはこびりつく事すらあります。
    その点からも辛口の言葉よりは遥かに建設的な距離のつめ方かと思います。
    辛口なコメントと思われましたら失礼致しました。

    • writersskill より:

      本橋さん、コメントをありがとうございます。
      本橋さんが「お世辞には、相手への思いやりなどが含まれている場合も多数ある」とおっしゃるのは、たしかにそのとおりだと思います。
      私がお世辞を「偽りの褒め言葉」としたのは、ちょっときつい表現だったかもしれません。

      辞書によると、お世辞とは「相手のご機嫌をとろうとして言う、口先だけの褒め言葉」となっています。
      相手のご機嫌をとろうとする=相手への思いやり、と解釈することもできますね。

      私が当該ブログで訴えたかったのは、「下心があるのではと疑われるくらいなら、下手にお世辞を口にするよりも、会話のひとつの定型として普及している社交辞令を述べるほうがいい」という点でした。
      社交辞令というものは、年月をかけて磨かれ、洗練されています。
      それを言った人も言われた人も気分がよくなり、人間関係の潤滑剤となり得ます。

      悪口はそれとは逆で、言ったほうも言われたほうも気分が悪くなり、人間関係を歪ませます。
      悪口を言うと気分がスカッとする、という人もいらっしゃいますが、実は本人も気づかないところで、言葉の毒にやられて傷ついているのではないかと思うのです。
      悪口など言うくらいなら、心にもないお世辞を並べまくるほうが断然マシ、とも思っています。

      一番いいのは、相手の長所や魅力に素早く気づき、心のこもった褒め言葉を口にできるようになることですね。
      そして、必要に応じて社交辞令をさらりと口にできるようになることでしょう。

      言葉を大切にしたいものですね。
      今後も「言葉力アップグレード」ご愛読を、よろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ネガティブなことをポジティブに言い換えるレッスン

Sponsored Links 人に嫌な思いをさせないように、できるだけ口を慎む。 というのは大事なことだと思います。 でも── 「いつも人の顔色を窺って萎縮している」 「同調圧力におしつぶされそうだ …

新年度・人事異動期のビジネスマナー、要注意の漢字(その2)

Sponsored Links 仕事のできる上司や先輩であっても、漢字の読み間違いをすることはザラにあります。 間違った読み方を受け継がないようにしましょう。 ●間違って覚えてしまった言葉はないか要チ …

ビジネスマナー/言い間違いに気をつけよう

Sponsored Links 日常よく耳にする言葉であっても、実は誤った言葉遣いだということが、よくあります。 たとえば「取り込む」と「立て込む」。 ↑このふたつは、どちらが正しい言葉遣いなのでしょ …

ビジネスパーソン必見!!  間違えやすい、こんな言葉に要注意

Sponsored Links 仕事上おつきあいのある方の前では、遠慮が先立ち、言いたいことが言えない。緊張しているせいもあって、うまい言葉を思いつかない。 ──というのは、よくあることですね。 私に …

パソコンもたまに漢字の読み間違いをする

Sponsored Links 我々人間だけでなく、パソコンも、時として漢字の読み間違いをします。 正確にいうと、読み間違えというよりも、変換ミスですね。 賢いはずのコンピュータですらそうなのですから …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly