文体模写(パスティーシュ)

水野敬也氏の文体模写「1年に5つの節句があるって、自分知っとるか〜」

投稿日:2018年1月31日 更新日:

Sponsored Links

この記事のひとつ手前の記事は、

「お雛様をいつまでも飾っておくと婚期を逃すって本当?」

という内容でした。
前記事→ひな祭り、お雛様をいつまでも飾っておくと婚期を逃すって本当?

私の手によるこの前記事を、もしも有名作家の誰かが読んで手を加えるとしたらどんなふうにするのかな〜〜

という前提で、遊び心の文体模写をしてみたのが本記事です。

前記事と本記事、併せてご笑覧いただけますなら幸いです。

さて、まずは文体模写について少しお話ししたいと思います。

文体模写、つまり他人の文章スタイルを真似て書くことは、筆力向上におおいに役立ちます。

ですからこれは、暮らしに役立つ情報を確認しながら、ついでに言葉力アップグレードをはかるという、一粒で二度おいしい企画なんですね。

年間シリーズ企画としてお届けする予定で、今回はその第16回目、水野敬也氏バージョンをお届けします。

暮らしに役立つパスティーシュ(文体模写)
第16回・水野敬也氏バージョン

●『夢をかなえるゾウ』の水野敬也氏だったら、きっとこう書くに違いない・・・


「1年に5つの節句があるって、自分知っとるか〜」

ある日、家に帰ったらガネーシャがいた。

ガネーシャはヒンドゥー教の神様で、象の顔かたちをしている。
障害を取り去り、また財産をもたらすことから、事業開始と商業の神様、また学問の神として崇められている。

ガネーシャっていうのはインドの神様だと思っていたが、どうして日本にいるのだろう。

昨日、神社にお参りしたから、さっそくご利益が授けられたのだろうか。
でも、日本の神様じゃないはずだけどなあ。

などと、ぶつくさつぶやいていると、ガネーシャが突然、大きな声でこう叫んだ。

「自分、成功したいんやろ。にしては、世の中のことなーんも知らへんな。教えたるから、ええか、よく覚えとけよ」

そしてガネーシャは、声を少し落として、こう続けた。

まず第一に、人にも自然にも節目というもんがある。
節目とは節句のことや。
1月7日は人日(じんじつ)の節句。
七草粥を食べて1年の豊作と無病息災を願うわけやな。
3月3日は上巳(じょうし)の節句。
桃の花が咲く時季だから「桃の節句」とも言いよる。
桃の花や菜の花、自然の生命力をもらって厄災を祓う。
自分、ハマグリのお吸いもん好きか。
あれ、うまいでえ。
自分もつくって食べてみい。
アサリは湯がたってから、ハマグリは水から、やで。
ハマグリ、うまやろ?
それに、いろいろ使い途のある貝なんやで。
ぴったりと合う貝は一組しかないさかい、貝合せっちゅう遊びにも使われるんや。
おめでたいしるしとして婚礼の汁物にも最高やで。
5月5日は端午(たんご)の節句やな。
強い香気を放つ菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を軒に吊すとええで。
それから菖蒲湯に入って無病息災を願うんや。
菖蒲はえらい。
だから端午の節句は「菖蒲の節句」とも言うんやで。
7月7日は七夕(しちせき)の節句だっちゅうのは、知っとるやろ。

中国に古くから伝わる「牽牛・織女星の伝説」をもとに、乞巧奠(きこうでん)っちゅう行事があったんやな。
そこに、日本古来の「棚機津女(たなばたなつめ)の信仰」が混ざり合って、今の七夕行事が完成したっちゅうわけや。

ま、詳しいことは7月になったらまた教えたる。

9月9日は重陽(ちょうよう)の節句。
菊を観賞する宴をひらいて、菊に長寿を祈る日や。
これも9月近くなったら、詳しく教えたるでえ。
ともかく、この5つの節句をちゃんと実行すれば、思いもよらんかった色んな経験をさせてもらえる。
つまり、自分が成長できるっちゅうことやねん。

(つづく)

関連記事→東海林さだお氏の文体模写「梅雨などつゆ知らず、毎日楽しいぼく」

Sponsored Links

-文体模写(パスティーシュ)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

林真理子がもしも「ハロウィーンの功罪」について書いたら・・

Sponsored Links この記事のひとつ手前の記事は、 「ハロウィーンと万聖節」 について、でした。 前記事→10月31日ハロウィーンには、幸せを呼ぶ魔法の呪文を唱えたい 私の手によるこの前記 …

町田康氏の文体模写「牡蠣シャブリvs.牡蠣ギネス黒ビール」

Sponsored Links この記事のひとつ手前の記事は、 「牡蠣(カキ)」 に関する美容・健康情報でした。 前記事→牡蠣(カキ)は完全栄養食、貧血気味の女性には何よりの食べ物 私の手によるこの前 …

浅田次郎氏の文体模写「新年おめでとうございやす」

Sponsored Links この記事のひとつ手前の記事は、 「家族そろってお正月」 という内容でした。 前記事→お節、お雑煮、屠蘇湯──家族そろって食すことに意味がある 私の手によるこの前記事を、 …

林真理子氏なら「秋の衣替え」をこう書くだろう。

Sponsored Links この記事のひとつ手前の記事は、 「秋渇き・秋乾き」 に関する内容でした。 前記事→秋渇き+秋乾き。それは衣替えと洗濯、魚の干物づくりに絶好の時季。 私の手によるこの前記 …

椎名誠氏の文体模写「銭湯でゆず湯につかってアヂヂヂヂ」

Sponsored Links この記事のひとつ手前の記事は、 「冬至のカボチャとゆず」 にまつわる話でした。 前記事→12月22日は「冬至」、12月上旬から翌1月初めにかけては「冬至日」 私の手によ …

言葉をたくさん知っていると、話すのも書くのも自由自在。頭を整理しながら自分の思いや考えを的確に伝えられるので、いつも気分よく過ごせます。仕事や人間関係にきっと良い影響があるでしょう!!

当サイト「言葉力アップグレード」は言葉の世界を豊かにし、話し方・書き方をレベルアップする技術を紹介しています。どうぞご活用ください。

follow us in feedly